オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ジャカランダ

毎年10月ごろになると、南アフリカではジャカランダの花が咲く。 ブラジルとか南半球では一般的な花だと聞いた。 南アフリカ人がよく言うのは、 「ジャカランダの花は、日本人にとっての桜のようなものだ。」 春になると、桜は日本全国で咲く。 ジャカランダ…

キンモクセイ

キンモクセイの良い香りが、どこからか漂ってくる季節になりましたね。 私は最近まで知らなかったのですが、キンモクセイの花を使った中国レシピがあるようです。 キンモクセイの花を砂糖と酒につけこんだもの。 杏仁豆腐のソースや白玉など、デザートに使う…

コートジのアジア人

コートジボアールにはアジア人が比較的多く住んでいた。 彼らに(というか、彼らの料理に)私は大変助けられた。 西アフリカ料理はおいしくて大好きなのだが、胃が疲れたときにアジア料理はありがたい。 アビジャン市内には、ベトナム料理の店(レストランと…

ポリこれ

こういう時代になってくると、その言葉が適切かどうか、問題になることがある。 名称自体を変える動きもある。 例えば、以前は看護婦と呼んでいた職業に男性の方も就くようになったので、名称を「看護師」に変えるとか。 女性が働くようになったので、ビジネ…

ナースを呼べ

秋が進み、朝晩だけでなく日中も涼しくなってきましたね。 過ごしやすい季節になりました。 このところ体調が思わしくなく、にっちもさっちもいきません。 記事を書いてもうまくまとめきれず、ボツが増えるばかり。 気持ちも体も疲れが吹っ切れません。 ちょ…

足がかゆい

日本の妖怪の中には、「予知獣」というジャンルの妖怪たちがいて、何かを予言するという。 最近よく聞くアマビエもその一つと聞く。 いずれにしても、予知が出来るとはただならない。 「予知」と言うほど大々的なものではないが、私もそんな話を聞いたことが…

れんこんのひき肉はさみ焼き

か~なり前のこと。 私は、その日の午後イチから始まる会議に出席する部長のお供で、外勤することになった。 (この上司は、東北弁の上司よりもっとご年配でした) 昼食を恵比寿駅周辺でとって、そのあと電車で会議場所へ向かうことになった。 現在、恵比寿…

真面目な国と言えば

真面目な国民性の国と聞いて、皆さんが思い浮かべるのはどこの国だろうか。 よく言われるのは、ドイツである。 本当に真面目なんだろうか…?と思わなくもない。 しかし、ドイツの国民性は真面目なんだな~と思わされる体験が私にはあった。 以前、ある国際会…

世界のゆくえ

アフガニスタンから米軍が撤退した。米軍がアフガンに駐留するようになった原因は、2001年の米国同時多発テロだ。そのテロが発生したのは9月11日。もう20年経つのですね。 2001年9月11日、火曜日。私はニューヨークにいた。いつものように普通の朝を迎えた。…

君は治ったか

語学の習得は紆余曲折、間違いをしながら進んでいくものだ。 コートジボアールに行く前にフランス語を勉強した。 と言っても、本当に基本的な文法、つまり現在形、過去形、現在完了形、過去完了形、未来形を勉強しただけ。 語彙もそれに付随した、基本中の基…

アフリカ在住25年

私はよく、見知らぬ人に道を尋ねられる。 外国人観光客にも、電車の乗り方や〇〇の行き方などを聞かれる。 こんなにたくさん日本人がいるのに、なぜか私をめがけて彼らはやってくる。 なぜなんだ…という記事を以前書いた。 なぜ、このことを思い出したかと言…

コロナワクチン2

以前の記事に書いた通り、ようやく接種予約が取れた。 副反応のことを考えて金曜日に接種し、土日は家でゆっくりすることにした。 接種日はちょっと緊張した。 診察室に呼ばれ、簡単に問診をした後、腕をまくって先生に出す。 ちくっとしただけで、腫れや痛…

フランス2

先日の続き。 数人だが、フランス人の友人たちがいる。 フランスという国はあまり好きではないが、彼らは良い友人だ。 で、フランスという国。 社会的に寛容な国だと思っていたのだが、そうでもない部分もあるようだ。 以前、フランス人の友人の一人、マリオ…

フランス

このブログを読んでいる読者の方は、うすうすお気づきかと思う。 実は、私はあまりフランスが好きではない。(フランス好きの方、申し訳ありません!) 特定の国の悪口を書きたくないので、どの国に対してもニュートラルであるよう心掛けているつもりだ。 で…

コロナワクチン接種

ようやく、私もコロナワクチンが接種できることになった。 本当に長らく待たされたぞ。 結構、遅い方なんじゃないかと思っている。 優先接種対象だった年配者。 日本全国、だいたいどこの自治体も同じような日程で接種している印象があった。 それ以下の年齢…

フランス語か英語か

アビジャンに住んでいた時、香港人の友人ミシェルがいた。 彼女のアメリカ人の旦那さん、サイモンは、アジア大好きの外交官だった。 ある日、サイモンから妙な依頼があった。 彼は仕事で、アビジャン在住の外国人が多く集まる所へ行った。 (つまり、国際機…

レインコート

マリという西アフリカの国がある。 雨がほとんど降らず、内陸国なので海もない。 乾燥した赤茶けた土漠が広がる国だ。 反対にコートジボアールは高温多湿、ジャングルが広がる降雨量の多い国だ。 多分今もそうだと思うが、当時アビジャン在住の日本人は、ボ…

お茶とコーヒー

まだ昼間は暑いものの、朝晩は秋らしくなってきました。 夏は冷たい麦茶がおいしかったですが、秋になってくるとお茶やコーヒーも美味しくなりますね。 以前、職場に京都出身の同僚Mさんがいた。 彼女はお茶を淹れるのが大変上手だった。 職場で買っている安…

有刺鉄線&ガードマン

今日は、南アフリカの泥棒よけ対策について記事を書いてみる。 私が中学生の時。 世界地理の教科書に、 「南アフリカは治安が悪い。 泥棒よけのため、家の塀の上に高圧電流の流れる有刺鉄線をはりめぐらしている」 という記述があった。 バラ線に高圧電流を…

麻雀

ジャカルタにいたとき、タイ航空主催の「タイ料理教室」に参加した。 こんな感じの小さい無料イベントが、ジャカルタではちょいちょい開催されていた。 その料理教室は、とあるフランス系ホテルで週末の朝に開催された。 食べ放題の朝食ビュッフェ付きだった…

スイーツ

私は、スナックはふだんあまり食べないのだが、ケーキは別だ。 特別に甘いものが好き、というわけではないが、たまに生クリームの乗ったケーキが食べたくなる。 ところで、日本でよく売っている生クリーム。 これが入手できる国は、意外にも少なかったりする…

税関申告書

タンザニア人の友人、シェリルのことを思い出した。 彼女と私は、南アフリカのプレトリアで知り合った。 知り合ったきっかけはすでに忘れてしまったが、当時はお互いの家を行き来して仲良くしていた。 ある日、シェリルと私は会う約束をしていた。 しかし、…

「ン」

スペインにいたとき、ある女の子と知り合った。 「私の名前はアホよ」 と言われ、そんな名前は聞いたことないなあ~と思ったら、マリア・ホセの略だった。 マリアのアと、ホセのホをくっつけたわけだが、妙なところで切ったものだ。 アメリカにいたとき、ベ…

アメリカのお化け  

アメリカの大学へ通っていた時に、古びた建物の学生寮に住んだことがある。 入学時は、私は新築の女子寮に住んでいたのだが、希望する寮に毎回入れるわけでもない。 その学生寮は、大学創立直後から存在する建物の一部だった。 建物自体は古いが、内装はきれ…

北アイルランド

今回の東京オリンピックを見ていて、不思議に思ったことがある。 例えば香港だ。 中国に返還されて中国の一部になったことは知っているが、オリンピックでは「香港」として出場している。 中国として出場するんじゃないの?と不思議に思った。 同様に、バー…

13番

またまた飛行機の話で恐縮です。 飛行機の中でも、色々なことを見聞きしますよね。 アメリカの国内線に搭乗したときのこと。 乗り込んでくる乗客がそれぞれ席を見つけて座る間、私はおとなしく自席に座り、機内誌を読んだりカバンから本を出したりしていた。…

ビジネスクラス

誰でもそうだと思うが、私も国内線、国際線問わず、いつもエコノミークラスで移動している。 仕事でもプライベートでも常にエコノミーだ。 しかし、人生でたった一度だけ、ビジネスクラスに搭乗したことがある。 欧州のどの町からでもいいので、日本へ帰国し…

野菜肉炒め定食

南米の人は肉をたくさん消費するという。 自分も肉は好きだよ、という日本人は多いだろうが、日本人の食べる量とは比較にならないようだ。 以前、こんなことがあった。 パナマ人のホセフィナちゃんという女子研修員がいた。 来日して日が経つにつれ、だんだ…

8月17日

8月17日は、インドネシアの独立記念日だった。 私は今まで欧米やアフリカにしか住んだことがなかった。 でもアジアの国に住んでみると、世界はまた違って見える。 1945年8月15日。 日本が敗戦した日は、多くのアジアの国が日本軍から解放された日だ。 そして…

アフガニスタンのジョーク  

よく、国民性の比較のジョークとして、「海に飛び込む話」がある。 たいていはこんな内容だ。 大勢の乗客を乗せた船が大嵐に遭った。 船は沈没しそうになり、乗客は大嵐の海に飛び込まなければならなくなった。 誰しも、そんな海に飛び込むのはこわい。 どう…