オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

お腹がすいた

最近暖かくなってきたせいなのか、食欲が出てきた。(春に限らないが…)。

日本に帰ってきてから、インドネシア料理が懐かしくて仕方がない。インドネシア各地で、こんなものを食べてきました。

 

f:id:kayumanis:20210223085650j:plain

麺は定番

麺のことをミーという。インドネシアはコメ文化だが、麺もよく食べる。

たとえばミー・ゴレンという料理がある。ゴレンは焼く、揚げる、炒めるといった意味なので、「麺・焼く/炒める」ということで、焼きそば、となる。

f:id:kayumanis:20210223085923j:plain

北スマトラ州メダンで食べた焼きそば

北スマトラ州メダン市は、インドネシアの他の地域と異なり多民族多宗教多文化の町。中華系が多いが、インドネシアでは珍しくインド人街がある。ここで食べたビリヤニも美味しかった。ランチだが日本円で180円くらい?で、お腹いっぱいになった。

 

f:id:kayumanis:20210223090139j:plain

大きな鶏肉、漬物付き。

ジャワ島中央部にあるジョグジャカルタは、日本でいえば京都のような古都。インドネシアを訪問する観光客は、たいていバリかジョグジャへ行く。華麗なジャワ文化が花開いたが、ジョグジャは有名大学がいくつかあり、インドネシア語や文化を学ぶ留学生も多い。ここで食べたストリートフードも美味しかった!

 

f:id:kayumanis:20210223090701j:plain
f:id:kayumanis:20210223090621j:plain
自分で好きなおかずを選ぶ

揚げ物、焼き物等、色々なおかずがあるので、好きなおかずを選び、その分だけお金を払うシステム。白いご飯ももちろん付けられる。私はナスの煮物が好きなので、白ご飯とナスの煮物、そして肉をおかずにした。昔ながらの、木炭を入れたコーヒーを飲むことも出来ます。

 

f:id:kayumanis:20210223090939j:plain

夜店なので暗いですが、お腹いっぱいになって満足!

場所は変わって、スラウェシ島の北部、ゴロンタロ州。ホテルで朝ごはんを食べたのに、なぜかインドネシア人たちが「あの店へ朝食を食べに行こう」と言い始め…市内で有名らしいおっちゃんのやっている店で朝食をいただきました。

 

f:id:kayumanis:20210223091210j:plain

辛くなく、あっさりした味付け。スープも穏やかな味

どうやらこの店は、これしか朝食メニューがなかった。しかし大満足!

 

南スラウェシ州の州都マカッサルで食べた、ゴゴックとかいうもち米のスナック。アヒルの卵(塩味がついている)と一緒にいただく。ジャカルタでは売っておらず、どうやらこの地域の食べ物らしい。もちろん、レストランではなく道端で売っている食べ物。バナナの皮の中に、味が付いた(お肉が少し入っている)蒸したごはんが入っている。スナックと言えど、お昼代わりになるくらいどっしりとした満足感。

f:id:kayumanis:20210223091458j:plain

地方への出張者がいると買ってきてもらいます~

バリ州のホテルで、ツインベッドルームに一人で宿泊したら、朝食が2人分出てきた。朝から二人分のごはんなんて、食べられるわけがないじゃん…と思いながら、頑張って二人分の朝食を食べました。

 

f:id:kayumanis:20210223091701j:plain

ナシゴレンか餅か。いずれにしても多すぎる

ナシとは、ごはんのこと。ナシ・ゴレンとは、「ごはん・炒める」という意味なのでチャーハンとか焼き飯という感じでしょうか。芋などを搗いた餅みたいなもの(ロントン等)も主食として食べます。私はロントンをカレースープに浮かして、卵や肉、野菜や豆腐のおかずと一緒に食べるランチが好きでした。

インドネシア料理は辛い、と思う人が多いと思いますが、地域によってはそうでもありません。前述のジョグジャカルタは甘辛く煮たおかずが多いですが、バリやロンボクはもう少し辛い。辛いのが苦手な人は、レストランで「辛くしないで」と言えばいいのです。

 

滞在中は色々な食べ物にチャレンジしましたが、心残りは北スマトラ州の州都メダンですかね。メダン市は多文化で様々な料理があって、インドネシアのグルメキャピタルとまで呼ばれているそうです。食べることに余念のないインドネシア人が言うのだから、開拓すればいろんな美味しいものがあるんでしょう。

メダンはアボカドが有名なのですが、アボカド100%のジュースも美味でしたし、アボカドをいれたコーヒーもなかなかだった。

昔はインドネシアのコーヒーは上澄み液だけを飲むという伝統的な飲み方だったそうですが、最近は欧米系のコーヒー店の影響で、おしゃれな店が増えてきました。コーヒーはインドネシアの多くの地域で栽培されていますが、メダンやバンドンといった大都市では若者のコーヒー文化が花開き、コーヒー豆もインドネシアのお土産としてお勧めです。

 

でも、やっぱりインドネシア料理は美味しいな~。

 

日本のレストランがたくさんインドネシアにも出店していて、在留邦人は日本料理に困ることはないんだが、インドネシア人も日本料理がお好きなようです。

ジャカルタ丸亀製麺で、私の前に並んでいたふくよかなインドネシア人のカップル。彼らの目の前にあったトレイを見て、むむ?とびっくり。彼女の方はカレーライスを2杯、彼氏の方はカレーうどんを3杯、トレイに乗せていた…それ、一人で食べるんだよね???丸亀製麺の、あのどんぶりじゃ小さすぎるんですかね…それにしてもよく食べる健啖家の人たちです。私の食欲くらいじゃ、足元にも及ばない、か?