オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

バンドン列車旅

電車が好きだ。別にオタクではない。でも、海外で駅に行くとわくわくする。

 

線路は道路よりも作るのが大変だ。線路ネットワークが張り巡らされている日本のような国は多くない。だから海外では車移動が多くなる。電車に乗れる機会は貴重だ。そんな電車好きに朗報。インドネシアには電車があるんですよ!

日本で使っていた電車を買い取り、それがそのまんまジャカルタを走っていることもある。内装が日本のままなので、これは〇〇線かな、と思いをはせるのも楽しい。

 

かねてから「一度は電車に乗らにゃあ」と思っていたが、出張でバンドンへ行ったとき、電車で行ってみた。あら、思ったよりいいじゃないの。じゃあ観光でも電車に乗ろうかな。というわけで、ジャカルタから西ジャワ州の州都バンドン市へ電車で旅行した。

 

まずはジャカルタのガンビル駅から出発。ジャカルタ市内には実はたくさん駅がある。

f:id:kayumanis:20210315091814j:plain
f:id:kayumanis:20210315091838j:plain
左はガンビル駅 右はホームで列車を待つ乗客たち

ネットで切符を予約し、駅のタッチパネルで番号を入力。列車にはファジャール号とかなんとかかんとか名前がついている。のぞみとかはやぶさとか名前がついてるのと同じですね。インドネシア語が分からなくても問題なく乗れる。

車両には等級がある。最初は私も不安だったので、一等車に乗った。インドネシア人から「エアコンが効いてなくて暑いかも」と脅されたからだ。しかし2回目に乗った時は二等車に乗ってみた。エアコンが効いていないということはなかった。一等車はトイレが(多少)きれいだけど、二等車もちゃんとトイレはついている。ま、日本の新幹線のような超潔癖な清潔トイレではないが、不潔というほどでもない。

f:id:kayumanis:20210315091901j:plain

電車内

一等車では、ひっきりなしに販売員がやってくる。弁当とか飲み物、お菓子などいろいろだ。無料で配布してくれるものもある。例えばエアコン対策用に毛布を持ってくる、枕を持ってくる(毛布が先で、枕は結構あとに出てきた)。カップラーメンのときは、トレイにカップラーメンがたくさん乗せられないので、何度も販売員がカップラーメンを持ってくる。お湯も入れちゃっているので、麺がのびないんだろうかと心配になる。カートに乗せて持ってくれば楽なんだろうが、人件費の安いインドネシア人海戦術だ。

隣に座ったインドネシア人のおじさんは、最初はぐお~ぐお~といびきをかいていたが、前の席に奥さんや子どもが座っていた。とてもいい人で、「お前、マスクを持っているか?予備のマスク持ってるからあげようか?」だの「カップラーメン食べるか?」「コーヒー頼んであげようか?」「枕いるか?毛布はもらっておいた方がいいぞ」など、販売員が通るたびに私の分までもらってくれる。おかげで、目的地に着くころには大量の物品がおじさんの席に山積み…。面白過ぎました。

私は駅弁を頼んでみました。定番のナシゴレン

f:id:kayumanis:20210315093824j:plain
f:id:kayumanis:20210315093836j:plain
左は開封前の駅弁。開封したら右のような中身でした

炒めたごはん、揚げたチキン、申し訳程度のきゅうり、クルプック、インドネシア人必携のサンバル小袋。チキンの下にはキャベツが敷いてある。味はまずまず。

f:id:kayumanis:20210315094149j:plain

バンドン駅到着

ジャカルタから約4時間。車でも同じくらい(渋滞だともっと時間がかかる)。

バンドンは学生の町。バンドン工科大学という、インドネシアでも一、二を争う超名門大学を筆頭に、大学や学校が多く存在する学園都市だ。西ジャワ州はコーヒーを産出する。最近は若者が起業してコーヒーショップを始めたりして、バンドンはコーヒー文化が花開きつつある。

 

仕事で宿泊するホテルとは趣の異なる場所に宿泊しよう!と思い、ブティックホテルを予約。ネットで見るとバンドン市内にはアーティスティックなブティックホテルがたくさんある。私はサマーバードというブティックホテルにした。行ってみると、きゃ~女子が好きそうな可愛いお部屋!部屋ごとに内装が違うんだが、なぜ私がこんな可愛らしいお部屋??(完全アウェー)

 

気を取り直して観光へ出発!

まずはアジア・アフリカ会議博物館へ行ってみる。

f:id:kayumanis:20210315095059j:plain
f:id:kayumanis:20210315095115j:plain
アジアアフリカ会議博物館

1955年4月に、アジアやアフリカの指導者がバンドンに集結した歴史的な会議。ホーチミンスカルノ周恩来、ナセルなど、世界史に出てくるような指導者たちが一堂に会したとはすごいです。行く前までは、行こうかどうしようか迷ったのですが、行って展示を見ると、やっぱり感動。日本も世界の国と仲良くしなくては…と今更ながら思う。

 

無料だったので、地質学博物館も行く。

床に付けられた順路のマークが、恐竜の足跡になっていて可愛いな。

f:id:kayumanis:20210315095747j:plain

この博物館の鉱物コーナーは充実してました。しかし宝石がこんなにインドネシアの地中に眠っているわけですなあ。もちろん、古代アジアゾウとかアンモナイトとか、地質学の定番も展示されています。

f:id:kayumanis:20210315095719j:plain
f:id:kayumanis:20210315095810j:plain
恐竜の化石の説明(インドネシア語、英語併記)

火山国インドネシア地震も多い。ムラピ山噴火時に噴出した火山灰のすごさを物語る展示もある。

これは、地震体験装置。日本にもあるが、日本の方がより地震の恐怖を伝える工夫がなされていると思う。

f:id:kayumanis:20210315100303j:plain

地震を体験できます

このあと、タクシーを拾って街はずれの美術館も行ってきた。かなり遠かったぞ。高台にある私立美術館で、インドネシア人作家の現代アート作品を展示していた。静かな敷地内を散策する人もいて、のんびり過ごせる。私もバンドン在住なら、こういうところでまったりするのもいいかな。

 

若者の街なので中心街はにぎわっています。西ジャワ州は皮革製品も有名らしく、ハンドバッグやベルトのお店を起業する若者もいるようです。ちょっとジョグジャカルタに似ているけど、ジョグジャは華麗なるジャワ文化の香り高い古都。バンドンはスンダ文化で近代的都市。なので、ちょいと雰囲気が違うかな。

f:id:kayumanis:20210315101240j:plain

こんな感じの通り

ジャカルタへの帰路。

車窓から見えるのは畑畑畑…。

f:id:kayumanis:20210315101512j:plain
f:id:kayumanis:20210315101530j:plain
田んぼや畑が続く車窓

おしゃれな街は点在するものの、こういう田んぼや畑がえんえんと続くのを見ていると、やっぱりインドネシアはお米の国だな。

某関西系の中華料理チェーン店がジャカルタにオープンし、我々日本人は色めき立ったが、チャーハンのことを「ナシゴレン一つ頼む」とオーダーしているインドネシア人を見て、「あ~そのうちこの店も、ナシゴレン風味のチャーハンに変貌していくんだろうな」と思ったことを思い出す。ま、ハンバーガーが日本で照り焼き風味になるようなもんですかね。