オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

文字と記憶  

ナミビア北部のカオコランドはヒンバ族で知られている。

ヒンバ族は、男性は目立たない?が、女性は体を赤く塗ることで知られている。

赤い石を長細いすり鉢で砕き、その細粉を練って体や髪に塗る。

化粧の意味合いもあるが、虫よけの効果もあるらしい。

f:id:kayumanis:20210420084607j:plain

赤石をすりつぶすヒンバ族の女の子


カオコランドへ来る観光客は、たいていヒンバ族を目当てに来るのだ。

しかしカオコランドへ来れば、その辺のスーパーでも買い物中のヒンバ族の女性を見かけることが出来る。

 

ヒンバ族の言葉は分からないので、元ヒンバ族のガイドさんを通して彼らと話をする。

ガイドさんは、もともとはヒンバ族の生まれ。

諸事情あって伝統生活を捨て、現代的な生活をしている。普通の黒人のおばちゃん?になったのだ。

 

ヒンバ族は現代文明を拒否し、昔ながらの伝統的な生活をしている。

村には電気や水道もなく、人は牛糞と蟻塚で作った住居に住んでいる。

ヒンバ族の村の村長さんやガイドさんと話をしていたら、ヒンバ族は現代の西暦カレンダーを使用していないことが分かった。

 

そういうところまで、現代文明を利用していないわけですね。

カレンダーを持っていないということは、自分の生年月日をどうやって把握するのでしょうか?

その点が気になって、ガイドさんに聞いてみた。

すると彼女の答えはこうだった。

 

「親は子どもの生まれた日のことをどうやって覚えているかって?

〇〇族と××族が戦った年の翌年の、4回目の満月になった日から数えてちょうど5日目に生まれた赤ちゃん、という感じで覚えているの。なので、それを西暦に当てはめると赤ちゃんの生年月日が分かるのよ。ちゃんと身分証明書やパスポートも発行してもらっているわよ。」

 

そういう記憶方法があったか。

文字を持たない人たちは、本当に記憶力が良い。

先進国と呼ばれる国の人(日本も含め)は、文字に頼り過ぎて、ちゃんと記憶していない気がする。

特に私は文字に頼りっきりで覚えようとしない…反省。

彼らはカレンダーを持っていなくても、ちゃんと記憶に残しているのです。

 

文字に頼らない記憶力について、もう一つ感心したことがあった。

コートジボアールにいたときのこと。

 

私は市内バスに乗り、どこかへ向かう途中だった。

すると、バスで隣の座席に座ったおじさんが、私に話しかけてきた。

見たところ私は黒人ではないので、珍しいなと思ったんだろう。

 

おじさん「ボンジュール!君は外国人かい。」

私「ええ、日本人です。」

おじさん「そうか!日本か~」

みたいな感じで会話が始まった。

 

気のいいおじさんと車内で会話が弾んだが、私の降りるバス停が迫ってきた。

「じゃ、私は〇〇へ行くんで、ここで。」

と言って失礼させてもらおうとしたら、おじさんが、

「せっかく知り合いになったのに、残念だね。そうだ、そのうち俺の家にご飯を食べに来ないか?」

と誘ってくれた。

なんて親切なおじさんなんだ。

 

「じゃ、連絡先をください。電話番号を教えてもらえますか?」

と尋ねると、おじさんは首を振った。

「俺は貧乏だから電話を持っていない。」

「じゃ、住所を書いてもらっていいですか?必ず遊びに行きますから。」

とカバンからメモを取り出して、私はおじさんに差し出した。

 

おじさんはメモ帳を見ると、困ったようにはにかんだ。

「ごめん…俺は学校へ行っていないから、文字が書けないんだ。」

私は一瞬息をのんだ。

悪いことを頼んでしまったな。

おじさんは電話も持っていないし、文字の読み書きも出来ないのか。

私はメモとペンを持ったまま、固まってしまった。

 

するとおじさんは元気づいて言った。

「でもなあ、俺の家はすぐそこなのさ!」

すぐそこ?

と私が戸惑っていると、おじさんは勢い込んで説明し始めた。

「××のバス停を降りるだろ。そしたら歩いていって5本目の道を左折するんだ。そこから歩いて2本目の道を右折し、まっすぐ歩いていくと川が見える。川沿いに下手へ歩いていくと船着き場がある。川を渡って対岸を歩いて7本目のヤシの木を右に曲がってだな」

ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれ!何ですって??

 

おじさんは得意になって自宅への道順を説明し始めた。が、長すぎるし複雑だ。

覚えられないよ~と言う私に何度も復唱させ、覚え込ませる。

頼むから××通り〇番地、っていう住所はないのかい。

 

おじさんに別れを告げ、目的地のバス停で降りてから、私は速攻メモを取り出した。

おじさんに言われた道順を今書かないと忘れてしまう!

 

その後、日を改めて、自分の怪しい記憶とメモ書きを頼りにおじさん宅を訪ねてみた。

おじさん宅は見つかった!7本目のヤシの木、ありましたよ!

なのにおじさんは不在で、奥さんが「すみませんねえ」と謝ってくれた。

ああ、せっかくランチを楽しみにしてきたのに。

電話を持っていないので、おじさんの在宅を確認しようがなかったのだ。

 

家への道順なんて一回説明すれば覚えるでしょ、とおじさんは思っていたようだが、私は文字中毒と言っても過言ではないくらい、文字に頼っている人間。

アフリカの人たちほどの記憶力はない。

 

イスラム教が伝播するまで文字がなかったので、アフリカの人たちの記憶力は鍛えられたんでしょうか。

なんでも覚えておかないといかんもんね。

 

多分、新社会人は会社で上司に「メモを取れ!」とよく言われると思いますが、アフリカの人たちほど記憶力が良ければ、メモなんて必要ないでしょうね。

 

アフリカに住んでいて、彼らの視力の良さには度肝を抜かれましたが、記憶力もめっちゃ良かった!

私はすぐにメモしますが、すぐにメモをするということは忘れるのも早い。

記憶しよう、と努めることがないですからね。

「自分の脳みその10%も活用していないのでは…」と思ったりします。

ホント、アフリカの人は神が人類に与えたものをフル活用していますね。