オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

鹿島アントラーズファンの夢

 

またタクシーの話で恐縮です。

(多分私は、タクシーには良くも悪くも思い出がたくさんあるのだと思います)。

 

インドネシアにはBluebird、Express、Pusakaなどタクシー会社が乱立している。

このほか、GrabやGo-jekという配車サービスもある。

これは、平日は別の仕事を持っている人が、平日夜や週末だけ小遣い稼ぎに自家用車でタクシー業を営むような形態の配車サービスだ。

もちろん、タクシー業を本業としてGrabに登録する人もいる。

 

ちなみにGo-jekはアプリの中にGo-〇〇という他のサービスが満載。

例えばGo-Food(食品の出前)、Go-Clean(家まで掃除婦が来てくれる)などなど。

 

運転手になるには、Grab登録後に接客や安全に関する研修を受ければ業務がスタートできる。

ブルーバードのような通常のタクシー会社と異なり、Grabはメーター制ではない。

AからBへ行くのにいくら、という距離による料金システムなので、何時間乗ってもメーターが上がるのを気にしなくて良い。

なので渋滞が発生している時はよくGrabを利用していた。

 

ある日、残業を終えて帰宅しようとしたら大雨が降っていた。

むむ…これはタクシーで帰ろう。と思い、タクシー乗り場に行くと長蛇の列。

仕方なく、Grabタクシーを呼んだらすぐに来た。

 

運転手は黒縁眼鏡をかけた若いお兄さん。私が乗り込むと、

「君は日本人か?」

とさっそく聞いてくる。

 

車の予約をするときに私の名前で予約した。

それを見て、「インドネシア人の名前じゃない」と思ったようだ。

日本人だというと、お兄さんは急に饒舌になった。

「そうか日本人か!僕は鹿島アントラーズのファンなんだけどね。」

はあ?

 

私はたぶん、相当まぬけな顔になっていたと思う。

「どうして鹿島アントラーズのファンになったかというとね。あそこのクラブには〇〇という選手がいて」

お兄さんは私の反応も見ずに、鹿島アントラーズのすごさについて語り始めた。

インドネシア鹿島アントラーズのファンがいるのか…。

私の思考はそこで止まって、熱心に弁舌をふるうお兄さんの説明が頭に入らない。

 

「君は日本人か?」の後、唐突にサッカーの話を始められてもなあ。

私はサッカーについては全然詳しくないので、お兄さんが熱を込めて語る話がよく理解できなかった。

よく分からないので、適当に、「へえ」「そうなんだ」と相槌を打つ。

しかし、お兄さんのサッカー愛は止まらない。

 

職場の前の渋滞を抜け、次の渋滞にはまり込んでも、お兄さんの話は続いた。

鹿島アントラーズには長い間着目していて、インドネシアで一番熱狂的な鹿島アントラーズファンを自称している、とかそんな話だ。

 

お兄さんとインドネシア語でサッカーの話を続けられるほど、私はサッカーを知らない。

しかも、お兄さんは時折サッカー用語らしきインドネシア語を交えるので、さらに分からん。

日本人と知り合う機会がめったにないので、このチャンスを逃さじと鹿島アントラーズ愛を披露しているんだろう。

 

何とかサッカーの話題から話をそらそうと試みることにした。

「ねえねえ、見てごらん。外はすごい雨だねえ。」

私がそう言っているのに、お兄さんは「そうだね。そういやあ〇〇選手以外にも好きな選手がいるんだ」

と、鹿島アントラーズの話題からなかなか離れない。

仕方ないので、お兄さんの話題に乗る。

 

「へえ、ほかにも好きな選手がいるの?誰?」

私は頭の中で、自分ですら知っている有名なサッカー選手の名前あれこれを思い浮かべた。

ポルトガルの某選手とか、ブラジルの某選手とか…。

超有名クラブのレアルマドリードとかACミランとか…。

するとお兄さんは、バックミラーに映る私に満面の笑顔を見せた。

サガン鳥栖の××選手だよ!」

サガン鳥栖ぅ??

 

もはや、私の守備範囲を超えている。えらくマニアックになってきた。

「彼の左足はすごいんだよ。知ってる?」

「…」

そしてお兄さんは、サガン鳥栖の××選手の攻撃力と突破力がなんとかかんとかと、情熱をこめて話し始めた。

あー。

私の同僚にもサッカー好きな同僚がいるが、こういうときに限って自分一人だ。

しかし、アントラーズに(と、サガン鳥栖に)これだけ熱心なインドネシア人ファンがいるとはねえ。

 

「なんでそんなに日本のサッカーに詳しいの?」

私はようやく当たり障りのない質問を思いついた。

お兄さんは薄暗くなっていく雨の夕暮れの車中で、輝くばかりの笑顔を見せた。

「いや~ネットで試合をチェックしてるんだけどね。日本のサッカーは憧れなんだ」

やっぱり動画とかで見ているわけだ。

サッカー、本当に好きなんだなあ。

 

「じゃあ、日本へ行ったことあるんだ?」

と私が尋ねると、お兄さんは笑いながら首を振った。

「いやいや~行けるわけないじゃん!旅行するお金があったらタクシー運転手やってないよ!」

お兄さんは渋滞を抜けながら、明るい声で言った。

「日本へ行って鹿島アントラーズの試合が見られたらなあ!そりゃ嬉しいよ!」

 

タクシーの運転手と、こうやって話が弾むことがある。

(今回は私の力不足?で、あまり弾まなかったが)。

タクシーの運転手の人柄やその日の機嫌にもよるが、こんな感じで、わりと個人的な話題が多い。

もっと私にサッカーの知識があれば、楽しく話が弾んだんだろうけど…。すまん!

 

私のアパートが見えてきた。

お兄さんは「あ、あそこで降ろせばいいのかな?」と私に確認しながら、話をつづけた。

「日本でサッカーの試合を見ることは、俺の夢(mimpi)だよ、夢!」

 

ん?

「夢」ってmimpiって言うのか?

 

私のインドネシア語は半分独学なので、間違っている可能性もあるが、確か「夢」という単語には2種類ある。

「僕の夢はサッカー選手」という精神的な「夢」はcita-cita。

「昨夜、変な夢を見た」の物理的な「夢」はmimpi。

と覚えた記憶がある。

「日本へ行くのが夢」の「夢」はチタチタだと思うが、ミンピって言うんだ…。

 

などと考えているうちに、私のアパートへ到着。

気のいいお兄さんに料金を支払う。

お兄さんは上機嫌で、

「いや~今日は日本の人と話が出来て良かったよ!」

という。

確かに普通に生活していたら、日本人と知り合う機会はなかなかないだろう。

「君も、日本へ帰ったらサッカーの試合を見られるんだよね。うらやましいな!」

いや…私は試合に足を運ぶほどのサッカーファンじゃないんだけどね。

 

お兄さんのタクシーは、雨脚の強くなった夕闇に消えていった。

何だかよく分からないが、私が日本人というだけで、お兄さんはテンション高く仕事が出来たらしい。

 

確かにインドネシアのサッカーは、まだまだ伸びしろがある。

ブラジルやポルトガルは自分たちと人種が違うし、同じアジア人なら親近感がわく。

というわけで、アジアでサッカーのレベルが高い国に憧れるんだろうな。

 

この一件以来、私も何となく日本のサッカーが気になってきました。

また以前のように交流試合が出来るようになり、日本のサッカー選手がインドネシアに来たら、あのお兄さん、めっちゃ喜ぶだろうなあ。