オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

小銭

コートジボアールでは、常に小銭が不足していた。理由は不明。

紙幣は紙なので作るのが簡単?だが、硬貨はそうはいかない。

 

コインが国中で不足しているので、ちゃんとおつりをもらえたことがなかった。

450円のものを買い、1,000円支払うとおつりは550円のはずだが、「小銭がない」と言って、おつりが500円だけということがよくあった。

50円のような小銭でさえ無いのだから、1円単位のおつりなどあるわけがない。

 

最初は理解できず、「どうしておつりがないんだ」と、常にレジのおばちゃんとケンカになっていた。

本当に硬貨がないのだ、ということが分かると、買い物で得た釣銭を少しずつ貯めて使うようになった。

小銭は至るところで必要だからだ。

 

例えばバス。

チャージできるカードのような便利なものはない。

いちいち乗車料金として小銭を用意するしかないのだ。

 

地元の市場で買い物をすれば、小銭がゲットできるのでは?

という意見もあるだろう。

私も最初はそう思った。

市場なら少額で品物を売買しているので、小銭ゲットできるはず…と思ったが、甘かった。

 

「トマトケチャップをスプーン1杯分、ちょうだい」

「料理用油、スプーン2杯分、ください」

5円とか2円で買えるような商品を購入して小銭を作ろうとすると、

「おつりがない。」

ここでもか…。

どこへ行ったら、うまく小銭を入手できるんだ?

 

「おつりは要らないや」と言えるほど太っ腹でもないので、日々の釣銭を地道に貯めるしかない。

キャッシュレスだったら楽だったんですけど。

 

ある日のこと。

前日から雨が降っていて、道路は渋滞しバスもぎゅうぎゅう満員だった。

乗降するステップにまで人が立っているくらい、押し合いへし合いの状態だった。

どの停留所でも多くの乗客が乗ってくる。

乗ってくる乗客に押され、次第に私はどんどんバスの奥へ押し込まれていった。

 

こんな大勢の乗客ですし詰め状態になっていたら、どうやって料金を支払って降りるんだろう?

あまりにも多くの人がバスに乗り込んだので、私はだんだん心配になってきた。

このバスの料金は定額だ。

距離によって金額が変わるのではない。

乗ったら定額料金を支払い、チケットを受け取ればいいのだ。

 

私はいつでも料金が支払えるよう、片手にバス料金175CFAフランを握りしめていた。

100CFA玉、50CFA玉、そして25CFA玉だ。

そろそろ私の目的地に近くなってきた。

降りたいが、そもそも料金を支払っていない。

降りる寸前に料金を支払えばいいだろうか?

私は前後左右のコートジボアール人につぶされそうになりながら、降りたいバス停で降りる方法を考えていた。

 

バスには珍しく車掌のおばちゃんが乗っていた。

バスの真ん中あたりに金網で囲われたブースがあり、その中におばちゃんがいた。

あのおばちゃんにバス料金を支払い、チケットを受け取ったら、後はいつでも降りられる。

しかし…あそこまでコートジボアール人をかき分けて行くのは至難の業。

 

窒息しそうになりながら、小銭を持った右手を振り上げ「お金を支払いたい」という意思を示した。

すると、近くにいた若いお兄さんが、私の右手から小銭を取り上げた。

え?ちょっと何すんの?

私は目をむいた。

 

お兄さんは、自分の近くにいたお姉さんに私の小銭を渡した。

そのお姉さんは、自分の近くにいたおじさんに私の小銭を託した。

私は最初、彼らが何をやろうとしているのか分からなかった。

 

あれよあれよという間に、私の小銭はコートジボアール人たちの手から手を渡り、車掌のおばちゃんに到着。

おばちゃんはチケットを切って、私の小銭をおばちゃんに提出したお兄さんに渡した。

 

同じ経路を逆にたどって、あれよあれよという間に乗客の手から手を渡り、私の手元にチケットが来た。

なーるほど…。

こういう方法があったのか。

ぎゅうぎゅうのバス車内で皆が無言だが(私も『支払いを頼む』とはお願いしていないが)、私は車掌のおばちゃんへバス料金を支払い、チケットを受け取ることができた。

 

目的地に到着。

私はコートジボアール人乗客をかき分け、目指す停留所で無事に降りることができた。

 

この一件以来、乗客で一杯のバスの奥に押し込まれても焦らなくなった。

悠然と?乗車料金を近くの乗客に託す。

私に小銭を託されて戸惑う人もおらず、皆、当然のように連携プレーで車掌に料金を手渡してくれる。

日本でこんなことをやっている人を見たことがなかったが、郷に入りては郷に従え。

現地人がやっているようにやるしかない。

 

ちなみに、小銭を持たずにバスに乗った場合。

175CFAフランの料金を支払うのに、うっかり500CFAフラン札しか持っていない場合。

ぴったりのおつりは期待できません。

300CFAフランが戻ってくればいい方で、もっと少ない時もある。

(車掌さんからお決まりのフレーズ『小銭がない』を聞かされるだけです)

それが悔しいので、常日頃から小銭をため込んでおき、バスに乗るときは小銭を持参するのです。

 

というわけで、日常生活にどうしても小銭が必要だが、作れないときはどうするか?

ここに小銭を作る一つの方法がある(おすすめかというと、微妙ですが…)。

 

ある友人の話。

彼女がアビジャンの町を歩いていたら、乞食のおじいさんが寄ってきた。

「何か恵んでくれ」と言われたが、面倒だ。

小銭がないことを理由に断ろうとした。

 

「困ったなあ、小銭が無いんだよねえ~残念だけど、何もあげられないよ。」

と言って乞食のおじいさんから逃げようとした。

しかし、敵もさるもの。

 

「もし小銭があったとして、いくらなら、わしにくれるつもりだったんじゃ?」

と聞かれ、苦し紛れに

「25CFAフラン(25CFAフランは1枚の硬貨です)。でも、コインがないから、恵んであげられない」

と答えた。

しかし、おじいさんは引き下がらない。

 

「お前、今はいくら持っているのじゃ?」

と重ねて尋ねる。

友人が「500CFAフラン(500CFAフランはお札です)」

と答えて、そのお札を財布から出して見せると、乞食のおじいさんはそのお札を友人の手から取った。

 

へっ?じいさん何するんだ、と思ったら、乞食のおじいさんは自分が持っている財布を取り出した。

中を開けるとじゃらじゃら小銭が一杯。

 

「ほら、475CFAフランのおつりじゃ。」

と言って、乞食のおじいさんは475CFAフランをきっちり小銭で支払ってくれたそう。

 

25CFAフラン(約5円)を巻き上げられた?わけですが、友人は、

「あの人たち(乞食のこと)、おつりをたくさん持ってるんだよ!」

と興奮気味でした。

確かに、乞食の方々はふだん恵んでもらうお金は小銭だ。

本当に小銭が不足したときは、こういう両替方法?があるんだなと勉強になった。

 

キャッシュレスが流行り、最近はコロナが追い打ちをかけ、今の社会ではますます現金を使わないようになってきている。

バス料金を人から人へ手渡したり、乞食へ小銭を恵んだり、ということも、現金を使わなくなれば消滅する風景なのかもですね。

 

お金を人間が発明して以来、人間同士のコミュニケーションをお金が取り持ってきたかと思うと、現金の良さもあったんじゃないかな~。

キャッシュレスになると重い小銭を持ち歩かず楽ですが、人と人とのコミュニケーションがなくなるのは少し寂しい気もします。