オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

筋トレ

 

このブログのもう一つのテーマ(あるいはメインテーマ?)であったはずの?温活。

読者の皆様はすでにご賢察済みかと思うが、全然はかどっていないんである。

だから温活の記事もあまり書けていない…。

 

体を温めることが温活。

ショウガを取る、腹巻や湯たんぽを使用する、靴下やレッグウォーマーを利用する、なんてのは毎日やっている。

靴下も短い物じゃなく、くるぶしが隠れるくらいの長さに心掛けている。

6月になっても、ちゃんと湯船に入って体を温めている。

なのに、私の体温は低いままだった。

 

「だった」と書いた。

これは、なんと、最近体温が少し上がりつつあるからである!

イエーイ!!

 

もしかすると、我が家の体温計が狂っている可能性もあるが?、今のところ体温が着実に上がっているように思われる。

どうやったのかと言いますと、もちろん、新しいことを始めてみたのです。

 

体温上昇に至った(と思われる)生活習慣変更のきっかけは、意外にも親のコロナワクチン接種だった。

どの自治体も多かれ少なかれ似たような状況だと思うが、高齢者を優先してワクチン接種を実施する、ということで、日本全国ですったもんだが発生した。

 

ワクチン接種日を予約するにあたり、電話もしくはネット予約が必須となった。

電話が市役所などに殺到し、つながらない事態が発生した。

ネットからなら、スムーズに予約できたのである。

しかし、スマホやパソコンのない高齢者、もしくはパソコンの使えない高齢者は、子どもや孫にやってもらうしかない。

他の多くの家族と同様に、我が家でも私が親のワクチン接種日を予約することになった。

 

そして接種日。

前日から親は、やれ体温計がないだの、具合が悪くなったらどうするんだだの、ドタバタしていた。

母は接種前の数日間もの間、「保険証がない」と家じゅうを探し回っていたようである。

結局、私が手伝うはめになった。

 

問診票に必要情報を記載することになった。

父はともかく、母はこの何十年か、歯医者以外へ行っていない。

「最後に医者に行ったのはいつ?」

と尋ねたところ、

「〇〇(私の弟)を出産したときが、(歯医者以外の)病院にかかった最後かなあ」

という。

出産は病気ではない。

おまけに、弟出産以降、まったく病院にお世話になっていないことになる。

一体どういうわけか?

 

ここで、私は母の体温を知った。

彼女は、36度何分だかが平熱だという。

それ以上も以下にも、この何十年もなっていないのだそうだ。

この時、私は母の健康の正体が少し分かったような気がした。

 

彼女が何十年も元気な理由。

それは、この体温を維持しているからなのではないか?

私の平熱はかなり低い。(だから体を温めているんだが)

「体温が1度上がれば、免疫力がかなりアップする」と聞いてから、こうやって温活にいそしんでいるというのに。

 

少しぐらい靴下を履いたからと言って、体温が急に上がるものでもない。

このしばらく、前述の方法でいろいろやってきたが、あまり劇的な効果が見られていない。

そうか…。何かもっと別の方法を考えなければ!と急に眼からうろこが落ちたように感じた。

 

運動は体温を上げるのに、非常に有効な方法の一つだ。

しかし、「毎日30分歩く」なんてのは、すでに一年以上やっている。

自宅から最寄り駅まで15分くらい歩くので、往復すればもう30分だ。

なので、これだけでは足りない。

もっと効果的な方法はないものか。

 

「体温を内側から上げる方法」をネットで探したり書店で健康本を立ち読みしたりして、しばらく過ぎた。

たいていの本に書いてあることは、もう大体やっている。

自分がまだやっていないことはないだろうか?

 

すると、ある一文が目に入った。

「体の筋肉を鍛えると、体温が上がる。筋肉の70%は下半身に集中しているので、筋トレをしたらよい」

 

あ!

実は、「体を温める方法」を調べまくり、ノートにメモしていたのだが、筋トレもそれに含まれていた。

なぜ、これだけやっていなかったのだろう?(理由は分かりません。怠け者?)

散歩しているから、体を動かしたつもりになっていたのかもしれない。

 

しかしいきなり「筋トレ」と言われても。

あんなこんな、すごい肉体改造みたいなのは遠慮したい…。

いや、肉体改造すべきなんだろうか?(←だんだん違う方向へ行き始めた)

 

悩んだ末、ジムに入らずとも自宅で簡単にできる筋トレから、まずやってみようと思った。

普段、筋トレなぞやっていない自分が、プロインストラクターの厳しい指導が受けられるようなすごいジムに入っても(もはや妄想)、どうせ長続きしないだろうし、腰が痛くなって終わりだろう、と思ったからだ。

そしたらただのお金の無駄だ。(結局そこに尽きる)

 

じゃあ、どんな筋トレが下半身を鍛えるのにいいかと、また調べてみた。

あれこれネット検索をした結果、自分に出来そうでしかも長続き出来そうな筋トレがあった。

それが、「スクワットを朝晩15回ずつ」というものだった。

 

15回とは、やってみるとちょうどいい回数だ。

朝に15回。夜寝る前に15回。一日30回だけ。

これが「スクワット5,000回×一日3回」だったら、とっくに投げ出していただろう。

やはり、初心者には飽きずに続けられる、適切な回数というものがあるんだなあ。

 

時折、夜にやるのを忘れて布団に入ってしまうこともあるが、

「あ、スクワット忘れた」

と起き出してやっている。15回だけなので、気楽にできてしまう。

 

こんな感じで、一日30回だけなんだが、スクワットを始めてから体温が少し上がったのである!!

普段、足の筋肉を鍛えていなかったので、少しの筋トレでも効果が大きいんだろうなあ。

なーんだ。

もっと早くやっていれば良かった。

 

もちろん、ほかの方法(腹巻、靴下、30分の散歩、入浴、ショウガ)はまだ続けていますよ。

見ていると、母は夏でも足が冷えないよう靴下を履いている。

こんな身近に、健康のお手本がいたわけです。

 

ちなみに、母はスクワットはやってません。

しかし、子どもの頃に山登りで鍛えた足と、現在もやっている山登りが体にいいみたいです。

体を動かすことに勝る健康法はないのかも、ですね。

 

私のように体温を上げたいと思っている方、だまされたと思ってぜひ下半身の筋トレをやってみてください。

普段、下半身の筋肉を鍛えていない方なら、すぐに効果が出ると思います。

スクワット開始後、私は10日間くらいで少しずつ体温が上昇してきました。

継続は力なりなので、続けてみようと思います。