オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

アラビア語のコンビニ

 

以前の記事にも何度か書いたが、日本同様、アメリカの大学生は長期休暇になると実家へ帰省する。

留学生だった私は、バイトして生活しているので高額な航空券は買えず、それほど頻繁には日本へ帰れない。

だから日本へ帰れなくても仕方ないや、とあきらめていた。

 

そうなると、周りのアメリカ人の友人たちが「じゃ、うちに来る?」と誘ってくれることがよくあった。

アメリカ人の優しさには本当に感謝している。

 

どういう経緯で仲良くなったか覚えていないが、同じ女子寮に住んでいたとか何とかで、仲良くなったバービーという子がいた。

彼女はロスアンゼルス郊外のグレンデールという町出身だった。

「ロスなんて、うちからすぐよ。だからうちに遊びに来ない?」

と言われ、私はもう一人の日本人留学生に相談してみた。

 

日本人留学生の桜子ちゃん(仮名)は、ロスに行けると聞いて狂喜乱舞した。

「絶対行く!バービー、そんなところ出身だったんだあ~!」

桜子ちゃんが喜ぶので、なんだか私も行く前から楽しみになってきた。

そんな感じで、彼女と私はバービー宅へお世話になることになった。

 

グレンデール、いや、ロスは暑くて都会だった。

あの周辺といえば、カリフォルニア大学の有名どころ(リバーサイド、サン・バーナーディノ、もちろんUCLAもだ)と華やかな大学が集まり、ミーハーな?日本人留学生からするとワクワクする町だ。

私も初めてロスに来たので、桜子ちゃんのウキウキ気分が移っていた。

 

バービー宅は豪邸だった。

お父さんは弁護士で、子どもが4人いた。

お父さんはとても気のいい男性で、私たちを車に乗せ、ロスの市内を走り回ってくれた。

 

「ほら、見てごらん。ヤシの木もいろいろな種類があるだろう?背の高いの、小さくて太ってるの。人間と同じなんだよ。」

などと説明しながら、車窓から見えるヤシの木が植わった通りを指さした。ワオ、いかにもLA!

桜子ちゃんは完全に舞い上がっていた。

ロスに来て良かった!を連発し、買い物をしまくっていた。

 

桜子ちゃんと私は、到着して数日間はバービー付きっ切りで歓待してもらったが、だんだん生活に慣れてくると、むしろ自分たちで行動したくなった。

バービーも、いくら帰省したからといえ、ずっと私たちに構っているわけにはいかない。

彼女には彼女の地元の友達がいて、会いたかった人も多かったようだ。

 

ある日、彼女は私たちに言った。

「ごめんね、悪いけど明日は一緒にいられないの。お父さんは仕事でレセプションが夜まであって、お母さんと兄弟は〇〇へ行く用事があるの。私は友達に会う予定なのよね。だから、明日の夜だけ、二人だけで過ごしてくれる?」

 

桜子ちゃんと私はもちろんOKだ。

私たちは、バービー宅の敷地内にある、お客さん用離れの建物に滞在していた。

(そんな離れを持っているほど、大きなお宅だったのです)

母屋から離れているので、24時間好き放題テレビを見たり、うるさくしたりしても全くバービー宅から苦情はない。

庭にプールもあったし、ビリヤード台も部屋にあった。大きなテレビも備え付けだった。

まさに、アメリカの豪邸といった感じだった。

 

バービーは、「あなたたちに念のため説明しておくわ」と言って自宅周辺の店を説明し始めた。

この近くに〇〇というビデオ店があるので、ビデオを借りたかったらそこへ行くと良い。

××というスーパーが歩いて5分くらいの場所にある。

△△というピザ屋が深夜までやっているので、そこでデリバリーを頼むのもよし。

 

彼女の説明は数か所の店に及んだが、それだけ聞いたら、一晩くらい2人で過ごすなんてことない、という気分になった。

(どうせ深夜には、バービー一家は帰宅するんだしね)

私たちがしなければならないのは、夕飯をどこかで買って食べること、それから暇つぶしの何かをやること(DVDを借りるとか)くらいなものだった。

私たちが「大丈夫、2人で何とか過ごせる」と言ったので、バービーは満足した。

 

そして。

昼間は、我々はバービーとロス市内のどこぞへ遊びに行き、楽しく過ごした。

さて、これからだ。

太陽が沈んできたので、桜子ちゃんと私は気合を入れて外出することにした。

「何食べる?何か映画を借りようか?」とワクワクしながらバービー宅を後にした。

 

あっという間に太陽が沈み、道が暗くなってきた。

桜子ちゃんと私は、まず腹ごしらえしようとピザ店を目指したが、いくら歩いても見つからない。

「おかしいね?こっち方面って言ってたような気がするんだけど」

2人で歩き回るが、まったく見つからない。

高いヒールのサンダルを履いてきた桜子ちゃんが、音を上げた。

 

「面倒くさいから、ピザはいいや。どっかコンビニでお菓子でも買って、それを食べながら映画見ようよ。」

あ、そうですか。

じゃ、コンビニを目指そう。

道が暗くなってきて、私たちは、自分たちが今、どこにいるのかだんだん分からなくなってきた。

とりあえず、コンビニがあればそこに入ろう。

 

ぐるぐる近所を歩き回ってみたのだが、コンビニらしきものが見当たらない。

どうやら、完全に道を間違えてしまったようだった。

バービーの話では、歩いて5分くらいとか言っていたような気がしたんだけど…。

 

足の痛い桜子ちゃんは、もう歩けないと言い始めた。

私も、「カリフォルニアのバービー宅へ一緒に行こう」と桜子ちゃんを誘った手前、こうなったのは自分に責任があるように感じ始めた。

なんとかして、手近なコンビニを探さねば…。

私は焦って、周りを見渡した。

あっち方面に電気の付いている店があるけど、あそこはどうなんだろう?

 

桜子ちゃんとその店へ行ってみると、どうやらコンビニらしかった。

やれやれ。

私たちは安堵して、その店のドアを押した。

 

店内には、アメリカに売っているような(アメリカだから当たり前だが)、巨大なスナック菓子が大量に並んでいた。

毒々しい?色のジュースも各種取り揃えていた。ま、一般的な店ですね。

 

疲れている桜子ちゃんは、「もう、何でもいいや」と言いながら、巨大なスナック菓子を無造作にバスケットに突っ込む。

ん?

私はあることに気づいた。

 

このスナック…全部アラビア語で書いてある!

私は巨大スナックの包装に記載された、アラビア語表記にくぎ付けになった。

 

「桜子ちゃん、この店、全部アラビア語だよ!!」

小声でそういうと、桜子ちゃんは、すでにスナックで満杯になったバスケットを見やった。

「どういうこと?」

 

どういうことって、言ってもねえ。

私たちは棚に置いてある商品を確認した。

よく見ると、お菓子もジュースも同様だった。

他の商品も、すべてアラビア語表記だった。

 

なるほど。

この店は、アラブ人(またはアラブ系アメリカ人)の経営しているコンビニなわけだ。

私は、店内の商品を見渡してようやく悟った。

ロス郊外にも、がっつり100%アラビア語のコンビニがあるわけか…。

さすが移民の国、アメリカ。

 

しかし、いつまでも衝撃を受けているわけにはいかない。

スナックの中身が分からんと言っても、なんとなく推測は出来るはず…。

適当に選んでしまったが、よく見て食べられそうなものを買おう。

 

桜子ちゃんと2人で、彼女が大量にバスケットに突っ込んだ商品を選別。

ヤバそうな?食品を避けることにした。(何がヤバそうなのか分かりませんが)

「これはよく見たら怪しくないか?」

「これは超甘そう!」

「これは許容範囲内じゃない?」

 

いかんせん、アラビア語が全く理解できないので、あくまでも推察。

多分、これは何かの塩味チップスだろう。これは、多分甘いヤツ。

中身がさっぱり分からないとなると、かなりチャレンジングだ。

 

そして、時間をかけて選別した商品を持ってレジへ進む。

すると、店の奥から出てきたのは、全く英語の通じないアラブ人男性だった。

Oh my god!

この時間帯、英語の分かる店員はいないのか…。

というか、この近隣、アラブ人住民が多いってことなんだろうか??

 

そのアラブおじさんが何やら話すが、私たちはアラビア語が分からず、まごまごしてしまった。

すると、その男性が気を利かして?奥から英語の分かる店員を呼んでくれた。

最初からそうしてくれよ…。

 

時間はかかったが、桜子ちゃんと私はこうやって、アラビア人ご用達コンビニで、必要な買い物を首尾よく終了した。

我々の任務は果たした。

アラビア語コンビニから歩いてみたら、バービー宅にものすごく近いことが判明した。

バービーは、このコンビニを利用しないのだろうか…?

あるいは、いつも車で出かけているから、もっと違うコンビニへ行ってるのかな?

 

我々はくたくたになってバービー宅へたどり着いた。

もはや、ビデオ店へ行く気持ち的な余裕はなかった。

部屋に入り、とりあえず巨大テレビのスイッチを付け、買ってきたジャンクな巨大スナックを開けた。

そして、2人でコカ・コーラを開け(それなら中身は分かる)、無言でぼりぼりとスナックを食べた。

 

ぼんやりしているうちに、桜子ちゃんが静かになったので見ると、彼女は疲れたのかソファで大爆睡していた。

私もとても疲れたよ。

まさか、ロスにアラビア語のコンビニがあるとはね。

アメリカに行ったからと言って、必ずしも英語でどうにかなるわけじゃないんだ。

 

移民大国アメリカ、を肌で感じた一日でした。

ま、こういうこともあるから、アメリカは面白いのかもしれない。