オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ボンズール

 

日本人と中国人の区別がつかない、と海外でよく言われることはないだろうか。

同じなんだよ、とも言い切れないが、まったく違う人種だ、という説明もおかしな気がする。

これは、偏見に基づくものではないかと常々思っている。

 

南アフリカにいたとき、白人の南アフリカ人がよく私に聞いてきた。

アパルトヘイト時代、日本人は”名誉白人“と扱われていた。中国人は”黒人・カラード(色付き)“ってことになってたんだけど、俺には日本人と中国人の区別がつかないんだよ。違いを教えてくれ」

そんなことを言われてもねえ。

名誉白人”なんて、日本人が決めたんじゃないよ。

こんなことを聞かれると、いつも答えに困っていた。

 

ひるがえってコートジボアール

貧しいアフリカの国では、中国政府がじゃんじゃん病院やスタジアムを建設している。

しかし、中国政府は現地人を絶対に雇用しない。

作業員はみんな中国人だ。

そうすると、雇用にありつけない現地人のやっかみが始まる。

 

「おお、お前は日本人か!やっぱり日本人はフランス語が上手だなあ~」

そうでもないよ、というと、コートジボアール人は笑って言う。

「中国人はボンジュールって言えないんだよ!やつら、ボンズール!っていうのさ、ハハハ」

そんなわけないだろ。