オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

魂が抜かれる

 

どの国の人も写真が好き。

カメラを向けるとすぐに「写真写真!」と笑顔になる人が多いように思う。

デリー空港内で写真を撮影していたら、たまたま空港内にいたシーク教徒のおじさんたちが写真に納まってしまった。

「すみません、写してしまって…」と謝罪したのだが、なぜか彼らは我々の写真に納まる気満々。

そのままターバンを直し始め、私たちと一緒に写真を撮影。

いや、あなたたちと写真を撮影する気はなかったんだが…。ま、いっか。

 

アビジャンのきれいなショッピングモールに、変わった髪型のお姉さんがいた。

三つ編みの髪をカラフルなゴムで飾っていて、とても可愛らしかった。

とてもきれいなお姉さんだったので、日本人の友人が彼女と一緒に写真を撮りたがった。

しかし、お姉さんとその連れは写真撮影を拒否。

え?写真、ダメなの?

 

「写真、撮影しちゃだめですか?」

と私たちが尋ねると、お姉さんは残念そうに首を振る。

「ごめんね、ダメよ。だって、魂が抜かれるから。」

ええっ?明治時代じゃあるまいし、写真なんて撮影したって、魂は抜かれませんよ。

 

その後、コートジボアール生活が長くなって分かったこと。

自分が写った写真をもらうことが出来たら、魂が戻ってくるらしい。

「魂が抜かれるから」と言って写真撮影を断る人には、「撮影した写真をあげるから」というと、たいていOKしてくれることも分かった。

どうすれば魂が戻ってくるのか、そのからくりがいまだに分かりません…。

私はまだまだアフリカを理解できていないようです。