オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

唐突な話

 

ある日、お昼ごろに銀行へ行った。

その時間、ATMコーナーはかなり空いており、私が行ったときには2人ほどの客しかいなかった。

そのうち1人は用事が終わったらしく、銀行を去るところだった。

 

私がATMで通帳記入をしていると、慌てて銀行に駆け込んできたおじさんがいた。

走ってきたらしく、息を切らせてきょろきょろとしている。

何事か独り言をつぶやいているのを銀行員が見かけて、声をかけた。

 

「何かご用でしょうか?」

やってきた中年のベテラン男性銀行員は、笑顔で声をかけた。

すると、その男性客はよほど焦っていたのか、何の前置きもなしに口を開いた。

 

「鈴木(仮名)がさあ。やっちゃったわけよ。」

「は?」

戸惑う銀行員。

聞いていた私もびっくり。

鈴木がさあ、と突然言われてもねえ。

誰ですか、鈴木って?

 

銀行員が目をぱちくりさせているので、おじさんは言い直した。

「鈴木がさ。夜逃げしちゃったわけよ、今朝。」

「…」(絶句する銀行員)

 

銀行の入り口にあるATMエリアは、お昼休憩時間だからか、しんと静まり返っている。

夜逃げ、と聞いて私もちょっとビックリしたが、銀行員はもっと戸惑っていたようだ。

しかし一番うろたえているのは、そのおじさんだった。

 

(当然だが)話が呑み込めない銀行員は、おじさんにいくつか確認の質問をする。

そりゃそうですよね。

私だって背後の会話を聞きながら、

「(夜逃げは気の毒だが)一体このおじさんは何をしに来たんだろう」と思ってますよ。

 

銀行員の質問に答えながら、客のおじさんはだんだん気持ちが落ち着いてきたようだった。

どうやら、夜逃げしたお友達が自分にお金を振り込んでくれたらしく、それを確認したいということだった。

慌てる客を冷静に落ち着かせるおっちゃん銀行員も、なかなかの手腕ですなあ。

 

「そ、それならこちらへどうぞ」

事情がようやく理解できた銀行員が、ホッとした声を出した。

聞いていた私もホッとしたぞ。

 

おじさんは動転していたので、友達の夜逃げを早く誰かに伝えて、精神的な荷を下ろしたかったのかもしれない。

しかし、「鈴木がさあ」と切り出されても、事情を知らない人は困るでしょうねえ。

 

私も自分が切羽詰まっている時には、こんな感じに唐突に話を始めてしまうことがある。

人に説明するときは、口を開く前に頭の中で話す順序を整理しなければいかんな、と思った一日でした。

 

あの銀行員のおじさんも唐突に込み入った話が始まって、さぞドギマギしたことだろう。

昨今は夜逃げだけでなくオレオレ詐欺なんかもあるし。

銀行員は、ポーカーフェイスでないと務まらない仕事ですね。

お客さんの話を冷静に聞き、話を整理する手腕にも感心いたしました。