オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

サイン

 

銀行の記事を書いた時に、思い出したことがある。

 

海外で生活するときは、まず銀行口座を開くのが一般的だ。

ハンコというものが存在しない海外では、何をするにもサインが必要だ。

銀行窓口で引き出しとか両替をする場合は、確認や承諾の書類にサインしなければならない。

 

銀行で使用するサインは、パスポートと同じサインをすることが求められる。

なので、パスポートを漢字でサインしている人は、銀行でのサインも漢字で書いている。

私も最初はパスポートのサインを英語で書いていた。

しかし漢字の方がカッコいいかな?(カッコいいか分かりませんが)と思い、最近は漢字にしている。

 

漢字でサインをする理由は、「外国人に真似されにくいから」という人もいるようだ。

私はカッコいい、という理由でパスポートの署名を漢字にしてしまったが、漢字だってマネできる犯罪者はいますよね。

 

コートジボアールにいたとき、日本人の知り合いと銀行へお金をおろしに行った。

彼女の名字と名前は画数の多い漢字が多く、サインが大変そうだった。

 

彼女は窓口でお金をおろした後、フランスフランに両替した。

なので、お金をおろすときの書類、両替のレート確認、換金金額の確認など、サインをする書類が何枚もあった。

 

それらの書類を前に、彼女はすごいスピードでサインを始めた。

すさまじい勢いで書いていたので、隣の窓口にいたコートジボアール人客がその様子を目を丸くして見ていた。

複雑な漢字が書けるだけでもすごいのに、それを猛スピードで書いているのに度肝を抜かれたようだ。

ぽかんと口を開けて見守っている。

 

じっと見ていると、お兄さんは私の視線に気づいた。

そして、照れ隠しなのか、彼女を指さして言った。

 

「すげえんだよ、この彼女!!そんな複雑な文字を、よくそんなスピードで書けるもんだ!」

 

そのお兄さんはよっぽど感心したのか、自分の後ろに立っていた別の客にも声をかけた。

「見ろよ、この日本人!すごいぞ、漢字をどえらいスピードで書いてるよ!」

 

それを聞きつけ、彼女の周りに4,5人のコートジボアール人の人だかりができた。

彼女が一枚サインを終えるたびに、

「おお~!!」

「わお!」

「めっちゃ早い!すごすぎる!!」

見守る全員がどよめく。

 

現地人に取り囲まれながら、彼女は全部の書類に漢字のサインを終えた。

息をのんで見守っていた観客たち?は、サインが終わるのを見届けるや、

「おお~!!終わった!」

「日本人は漢字を書くのが早い!」

と、なぜか拍手になった。

 

見るだけで複雑な漢字を、猛スピードで書ける日本人が、彼らには魔法使いのように見えるのだろう。

中には、彼女がサインした書類を見比べて、

「全部同じ文字だ(そうでないと困るが…)、すごい!」と感動している客もいた。

 

 

あいにく、私の名前はそんなに複雑ではない。

一度でいいから、名前の漢字を書いて、

「おお~そんな複雑な字が書けるなんて、すごい!」

と場を沸かせたいと思うが、名前も短いし画数も少ない。

 

英語で書いても漢字で書いても、同じくらいの時間で終わってしまうのが悲しい。

でも、カンタンな名前なので、どの国へ行っても覚えてもらえます。

どっちがいいのやら。