オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ポーランド

 

東京オリンピックが開催中である。

ベラルーシの選手がオーストリアへ亡命を希望し、ポーランドが受け入れを表明したという。

 

どうしてポーランドが当該選手の受け入れを表明したのかは、不明。

そんな記事を見て、こんなことを思い出した。

 

結構前の新聞で読んだ、イラク戦争に関する記事によれば、こんなことがあったらしい。

イラクへ米国が宣戦布告し、イラク在住の外国人は先を争って出国した。

イラクからは、外国人が誰もいなくなった。

そりゃ、これから米軍に攻撃されると分かれば、誰だって逃げますよね。

 

はずだったのだが、CIA職員2名が逃げ遅れたという。

最後までいろいろ仕事があった?のだろうが、バグダッド発の最終飛行機に乗ることが出来なかった。

空路で逃げられないとなると、陸路で脱出するしかない。

 

ここで私の好きな世界地図の登場。

イラクは南をクウェートサウジアラビア、西をヨルダン、シリア、東をイランと国境を接していることが分かる。

イラク北部はトルコと地続きだ。

 

米国はCIA職員をどうにか陸路で脱出させようとして、トルコに相談した。

どうしてトルコかというと、トルコは米国と同じNATO北大西洋条約機構)加盟国だからだ。

前述のイラク周辺国のメンツから考えれば、一番米国に好意的な選択肢だろう。

まあ、普通に考えたら、米国を忌み嫌っているイランには脱出できないですよね…。

 

サウジアラビアはわりかし?米国と仲がいいじゃない?と思う人もいるだろう(私もそう思った)。

しかし、地図を見ると分かるが、イラクとサウジの間にはシリア砂漠、ハジャラ砂漠という不毛地帯がある。

こんなところで車がエンコした日にゃあ、干物ですよ。

 

で、バグダッドにトルコから将校が潜入した。

潜伏中のCIA職員2人と会ったが、彼らをトルコ人と偽って出国させるのは難しそうだ。

顔が全然トルコ人ぽくない。

しかし米国パスポートでイラクから出国しようとしたら、つまり米国人とバレたら、その場で殺されてしまう。

 

米国は困った。

一計を案じ、彼らをポーランド人と偽って出国させることにした。

なぜなら、当時のイラクにはたくさんのポーランド人が住んでいたからだ。

私も知らなかったのだが、当時、イラクポーランドは人的交流が盛んで、多くのイラク人がポーランドへ出稼ぎに行き、ポーランド人もイラクへ来て仕事をしていたそうです。

アメリカ人をトルコ人に見せかけるのは難しいが、ポーランド人としてなら、なんとかごまかせそうですね。

 

そこで、米国政府はポーランド政府に相談。

ポーランド政府が作成した偽造パスポートを持って、再度トルコ人将校がバグダッドへ潜入。

2人をポーランド人らしく見せかけるべく、ポーランド語の猛特訓が始まった。

しかし、優秀なはずのCIA職員でさえ音を上げるくらい、ポーランド語の習得は難しいそうです。

 

結局、脱出までの2週間ほどでポーランド語をマスターするのは、不可能だった。

脱出の日。

トルコ将校とCIA職員は車に乗って、イラク-トルコ国境を目指した。

途中に検問が数か所あったが、その都度トルコ将校が「彼らはポーランド人だ」とポーランドのパスポートを見せ、検問を通過した。

 

そして、最後の検問。

ここを通過すれば、向こう側は米国に友好的な?トルコだ。

ここまで来れば、ほとんど逃げ切ったも同然。

と思ったら、検問所に1人のイラク兵がいた。

 

「彼らはポーランド人なんだ」

そう言って、トルコ将校は彼らのポーランドパスポートを見せ、そそくさと通過しようとした。

すると、突然イラク兵は笑顔になった。

「そうか、実は俺は昔、ポーランドに出稼ぎに行っててねえ。いやあ、懐かしいな」

 

突然、流ちょうなポーランド語を話し始めるイラク兵。

イラク兵のポーランド語がさっぱり分からないCIA職員。

慌てるトルコ将校。

あわわ…。

 

彼らは疲れているから、とか何とか、うそをついて、トルコ将校は何とかその場をやり過ごした。

状況が分からず青ざめるCIA職員たち。

久々に会うポーランド人としゃべりたがるイラク兵を残し、検問所を出発。

 

ようやくトルコ国境に到着。

「ここからは歩いてトルコへ入国してください」

と、トルコ将校はCIA職員の2人を促した。

トルコ領内には、2人の出迎えが来ているはずだ。

 

脱兎のごとく国境の向こう側へ走り去るアメリカ人2人。

こうして、米国は2人をイラク脱出させることに成功した。

 

という記事だった。

つまりは、イラク戦争の裏にはこういうエピソードがあったのだ。

 

この記事を読む前から知っていたのは、ポーランド語が半端なく難しいということ。

しかし、イラクポーランドが友好的関係にある?とは知りませんでした。

いつかポーランドに行くことがあったら、イラクと友好関係にある理由をポーランド人に聞いてみたい。

 

今回、なぜベラルーシ選手がポーランドに受け入れてもらえることになったのかは分からない。

チェコもビザ発給の用意をしていたそうですし。

でもベラルーシポーランドは隣国同士だし、遠いオーストリアよりもむしろ良かったのかも。

 

イラク戦争でのエピソードと、今回の亡命受け入れを聞き、ちょっとポーランドを見直している。

ポーランドは地味(私の勝手な決めつけ)だが、意外にも男気のある国?なのかもしれない。

 

しかし、よりによって最後の検問所に、ポーランド語堪能なイラク人がいるとはねえ (笑)。

本人たちは緊迫していたと思うが、状況を想像すると不謹慎ながら笑えてしまいます。