オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ラーメン

 

今やラーメンは日本食の代表的存在だ。

最近は、海外でも都会なら和食レストランを見かけることが出来る。

しかし、やはり日本食は日本が一番おいしい。

 

コートジボアールから帰国する前。

「日本へ帰ったら何が食べたい?」

と友人と話していたが、私はなんてったってラーメンが食べたかった。

 

友人たちは、お寿司だのトンカツだの数十種類の日本食を挙げていたが、私は「帰国したらラーメン」と決めていた。

日本にいたときは特別ラーメンが好きというわけではなかったのに、不思議なものです。

なぜか、シンプルにラーメンが食べたかった。

 

帰国して、すぐ目についたラーメン店(というか中華料理店だったな)に入店。

東京でも、地価がめっちゃ高いエリアの店なので、ラーメンのお値段も結構する。

一応、通りに面したショーケースでサンプルを吟味。

 

五目ラーメンだのタンタンメンだの野菜タンメンだの、どれもおいしそうで目移りがする。

あ~でも、やっぱり普通のラーメンがいいかな。

迷った挙句、サンプルがおいしそうだったラーメンにした。そして入店。

 

注文してほどなく、私の前にラーメンが運ばれてきた。

夢にまで見た(そんな大げさな)ラーメンだ。

アフリカ生活の直後なら、何を食べてもおいしいはず。

いただきます!!

 

スープを味見して、ん?

気のせいかな。

麺をすする。

麺の上に乗っている具材を食べ、麺をすすり、スープを味わう。

 

そして、しばらく食べてようやく気付いた。

この麺、あまりおいしくない。

 

スープは特別おいしいわけではなく、まあまあの味。

しかし麺がおいしくないので、全体的に微妙な仕上がり。

 

知らない店に飛び込みで入ってしまったので、仕方ない。

最後までラーメンを食べきることにする。

 

食べ終え、会計を済ませて店を出る。

歩き始めて、再度ラーメンの味を思い返す。

麺がおいしくなくても、スープさえおいしければ大丈夫だろう、と思っていたが、そんなに甘くなかった。

ラーメンはスープも麺もおいしくないと、全体のハーモニーが崩れるものなのですね。

 

ラーメンを甘く見ていた。

アフリカ生活の後だから、何でもおいしく食べられるものと思っていた。

 

いや、アフリカ生活の後で和食に飢えていたにも関わらず、「この麺おいしくない」と思ったくらいだ。

全然グルメじゃないしラーメンにこだわりもない自分が「おいしくない」と思ったということは、相当おいしくないんだろう。

 

その後、ラーメンを食べに行くときは、周りの人のお勧め店を聞いてから行くようにしている。

そうするとハズレがほとんどない。(好みはありますが)

ラーメンのようなシンプルな食べ物にハズレなんてあるわけない、と思っていましたが、奥深い食べ物だということが、この一件でようやく分かった。