オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

梅サワー

 

先日の京都の記事を書いていて、思い出した人がいる。

それは劉さんだ。

彼は日本へ1年間研修に来た、天津出身の中国人だった。

忖度なしにはっきり物を言うところは中国人らしかったが、日本文化が好きで勉強家だった。

 

彼が3月末に来日してすぐに、連休があった。

同僚たちもみんな思い思いに連休を過ごしたのだが、劉さんは花見に行ったという。

 

「どこでお花見をしたの?」

と尋ねると、上野公園まで行ったという。

そこまで行かなくても、その辺の公園とか並木道とかでも桜は見られるんだが…。

 

と思ったが、劉さんに言わせると、上野公園の桜は中国で有名なので、一度は見て見たかったという。

「どうだった?きれいだった?」

と聞くと、劉さんは首を振った。

「中国人だらけだったよ~日本に来てまで中国人が一杯で、うんざりした」

 

劉さんによれば、桜自体はきれいだったが、どこを歩いても聞こえるのは中国語。

これじゃあ中国にいるのと変わらない、と思ったという。

中国人でさえ、そう思うのか…。

 

中国で放送されているNHKの日本文化紹介番組を見て感動し、人生の進路を変えた劉さん。

和を乱したくない日本人の国民性を良く承知していて、日本人といるときは穏やかで落ち着いていた。

しかし、怠けている同国人には厳しかった。

 

いい加減な中国人に対し、劉さんが中国語で厳しく叱咤しているのを見かけることがあった。

やはり中国人同士だとはっきり物を言う文化なんだなあ~、と私は思っていた。

 

劉さんは日本での1年間の研修を終え、天津へ帰った。

その後、しばらくして彼から「日本に遊びに来た」と連絡があった。

喜ぶ同僚たちと一緒に、私たちは劉さんの歓迎会を開いた。

(真面目できちんとしている劉さんは、日本人に大人気だったのだ)。

 

ある同僚の発案で、なぜかインド料理の店に行くことになった。

その同僚が以前から行きたかった店だという。

 

そのインド料理店は、シェフもウェイターも全員インド人だった。

インド人店員が注文を取りに来た。

 

「みんな、何を飲みますかー?」

同僚がメニューを見ながら皆に尋ねる。

劉さんにメニューを見せると、劉さんは日本らしい飲み物がいい、と言いはじめ、「梅サワー」を希望した。

 

「じゃあ私も梅サワーにしようかな?」

同じものを頼めば早く来ると思い、私も梅サワーにした。

注文を取りに来たインド人店員に、劉さんの分と私の分と2つ頼んだ。

「梅サワー2つね」

 

しかし、インド人店員はメモを取りながら、

「は?レモンサワーか?」と何度も尋ねる。

だから、梅サワーだって。

「梅サワー。梅。分かった?」

 

そう言っても、インド人店員は繰り返す。

「レモンか?レモンか?」

梅、梅だよ!う・め!!

全然違うだろう、発音が。

 

何度言っても、インド人店員がレモンレモンと繰り返す。

しまいには、いつもは温厚な劉さんもややキレ気味に、私と一緒に繰り返し始めた。

「梅!梅!梅サワー!梅!!」

 

日本人と中国人に繰り返し言われて、ようやくインド人店員が答えた。

「梅サワー?」

そうそう。

やっと分かったらしく、インド人店員が引っ込む。

やれやれ。

 

そのあと、劉さんを囲んで和やかに歓談が始まった。

劉さんの家族は元気かとか、仕事はどうだとか、色々な話に花が咲いた。

 

話が盛り上がっていると、インド人店員が飲み物を持ってきた。

「お待たせしました。レモンサワーです。」

「レモンサワー?」

全員、キレ気味に声を張り上げた。

インド人店員は、何食わぬ顔でレモンサワーを卓上に並べ始めた。

 

「梅サワーを頼んだんだけど…」

と私が言うと、劉さんも(さっきからこのインド人店員に腹が立っていた様子で)、

「梅サワーって言った!!」

 

劉さんの日本語はカタコトなのでちょっと高圧的に聞こえる。

それにも負けず、インド人店員はしれっとして、こちらもカタコトの日本語で答える。

「これはレモンサワーです。」

それは分かってるよ!!

 

私はあきらめた。

「もういいよ、私はレモンサワーで」

そう言って、レモンサワーを自分の前に引き寄せた。

私があきらめたので、劉さんもあきらめてレモンサワーを手に取った。

 

この時の劉さんの表情を思い出すと、本当に申し訳なくなる。

せっかく日本に来たからには、梅サワーが飲みたかったのだろう。

私はこれ以上インド人店員に「梅サワー」を注文しても、無駄だと思ったのだ。

 

それにしても、梅サワーが無いなら無いと、最初から言え。

耳が遠いふりをしたのか、日本語が分からないふりをしたのか、レモンサワーを我々に押し付けたインド人店員、おそるべし。

 

しかし、あそこで私が「レモンサワーでいいよ」と言わなければ、劉さんも忖度なしの?中国文化が大爆発し、インド人とケンカになっていただろう。

インドVS中国。恐ろしいですね。

次回、劉さんが来日した際は、日本の居酒屋に連れて行った方がいいかもしれない。