オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

フランス2

 

先日の続き。

数人だが、フランス人の友人たちがいる。

フランスという国はあまり好きではないが、彼らは良い友人だ。

 

で、フランスという国。

社会的に寛容な国だと思っていたのだが、そうでもない部分もあるようだ。

 

以前、フランス人の友人の一人、マリオンからメールがあった。

メールの出だしに、妙なことが書いてあった。

 

「あなたに伝えたいことがあるの。

それをあなたに伝えたとしても、私たち、友達だよね?

変わらずにこれからも、ずっと私の友達でいてくれるよね?」

 

何を言っとるんだ?

変わるわけがない。

ずっと友達でいるに決まってる。

変なことを言うなあ…。

私は不審に思いながら、彼女からのメールを読み始めた。

 

結婚でもするのかな?

結婚したくらいで、私たちの友情が終わるわけないんだが。

 

と思いながら読んでいくと、結婚する予定だ、という報告だった。

やっぱりねえ。

と思っていたら、マリオンのお相手は女性だった。

 

私は長年気づかなかったのだが、彼女はそのお相手と知り合ってから、レズビアンになったようだった。

そういうことになっていたとは知らなかったので、私はびっくり。

なんでそういう選択をしたんだろう?とか、ご両親は承認してるのか?とか、一人でうろたえてしまった。

 

でも、色々考えて思った。

それはマリオンの選んだ人生だ。

誰かが彼女に指図するものではない。

私に出来ることは、「変わらず友達でいること」しかない。

彼女が思い切って私に打ち明けてくれた理由は、私が彼女の友人であり続けてくれるだろう、と期待しているからですよね。

じゃあ、その期待に応えよう。

 

私は祝福のメッセージをマリオンに送った。

電話もした。

彼女は大変喜んでくれた。

そして、今までに自分たち2人が受けた差別について語ってくれた。

 

マリオンたち2人がレズビアンカップルと分かると、道で石を投げる人もいた。

借りている家から追い出されたこともあった。

何度も転居を余儀なくされた。

 

「今の家は、近所の人たちも私たちに理解があって優しいの。

ここでずっと暮らそうと思っている。やっと幸せになれそうなの。」

とマリオンは嬉しそうに私に言った。

 

そっか。

LGBTQの人たちに寛容なイメージのフランスでさえ、そういう差別があるわけだ…。

マリオンが今までに直面してきた差別のあれこれを聞き、私は心が痛んだ。

(注:LGBTIとかLGBTXか様々な表現がありますが、とりあえずLGBTQとしておきます)

 

と、ここで話が終わればいいのだが、そうではなかった。

マリオンたちは結婚して幸せな生活が始まった、と私は思っていた。

 

ある日。

知らない差出人から私宛にメールが来た。

メールの件名は『マリオンのことについて』とか、そんな感じだった。

不穏な件名だ。

『マリオンに何か起きたんだろうか?』と私は動揺し、うっかりその不審なメールを読んでしまった。

 

内容は、事故が発生し、不幸にもマリオンが亡くなったという内容だった。

マジか?

私は大きなショックを受けた。

 

しかしよく考えてみると、この差出人、誰だよ?

マリオンの家族なのか同僚なのか友人なのか、誰なんだ?

差出人とマリオンとの人間関係が、明確に書かれていない。

 

メールはフランス語で書かれていた。

しかもちょっと難しいフランス語で、私が知らない言い回しとかがあった。

つまり、フランス語ネイティブからのメールだったのだ。

なんか嫌な予感…。

 

マリオンに電話してみると、当たり前だが元気だった。

やっぱりねえ…。

ウソのメールだったわけだ。

心配させないよう、変なフランス語メールをもらったことは彼女に黙っておいた。

 

何となくマリオンの置かれた状況が理解できたのだが、一応、日本人の友人Mさんに相談してみた。

Mさんは私よりはるかに年上。

長年海外で働いてきた、百戦錬磨の?姐御だ。

話を聞いたMさんは、不快そうに顔をしかめて言った。

 

「そりゃ、嫌がらせのメールでしょうねえ。

フランスにもLGBTQの人が嫌いな人がいるんでしょう。」

なるほど…。

 

メールの内容や、マリオンとの関係が不明な怪しい差出人、フランス語で書かれた文章から推察する限りだが。

レズビアンが嫌いなフランス人が、その友人である私にまで嫌がらせをするために、彼女が亡くなったというメールを寄越したんじゃないか、というのがMさんの推理。

 

メールの不自然さから推測して、嫌がらせかなとは思っていたが、やはりそうなのかもしれない。

あーあ、フランスに幻滅したなあ…。

こんな嫌がらせをするヤツがいる限り、マリオンが普通に幸せになるのは本当に大変なんだろうなあ。

 

私の勝手なイメージだが、フランスは自由恋愛の国と思っていた。

自由恋愛であれば、当然、LGBTQの人にも寛容なんだとずっと信じ込んでいた。

まあ、差別のない国はないので、フランスだけを責めるわけではないんだが。

 

余談だが、南アフリカアパルトヘイト終了後、様々な法律が変わった。

アパルトヘイト時代には認められなかったLGBTQに対しても、新憲法のもとでは同性同士の婚姻は合法である、という人権重視の法律へ変更された。

まるで南アのLGBTQの人たちの人権が守られているかのように見える。

国際的にも南アフリカは、『人権を尊重してまっせ』とアピールできるようになった。

しかし、それをうのみにしてはいけない。

 

私が南アに住んでいた時、ある町で若い黒人女性がコミュニティの人たちに惨殺された。

彼女がレズビアンと知った近所の人たちが、『町の恥』として殺害したのだ。

新聞でそれを知って、私は大きな衝撃を受けた。

憲法でLGBTQの人たちの権利が保障されているからと言って、実際の社会で彼らが保護されているとは限らないのだ。

 

フランスの話から脱線してしまった。

マリオンは家族に恵まれ、今も元気にフランスで生活している。

時折、仕事のことや子どもたちを育てる大変さを愚痴るメールが来る。

 

彼女がそういう普通の幸せな生活を送っていると知ることが、私にとっては一番うれしいし、安心できる瞬間だ。

フランスはいまだに好きになれないのだが、まあ、国は関係ないからいいや。

私はマリオンと親しいだけで、フランスと親しいわけではないからだ。(変な理屈だが…)