オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

コロナワクチン2

 

以前の記事に書いた通り、ようやく接種予約が取れた。

副反応のことを考えて金曜日に接種し、土日は家でゆっくりすることにした。

 

接種日はちょっと緊張した。

診察室に呼ばれ、簡単に問診をした後、腕をまくって先生に出す。

ちくっとしただけで、腫れや痛みは無し。

15分は病院内で様子見のため待機。

何事もなかったので、そのまま帰宅。

その日は、体調不良等は何も発生せず。

 

土曜日。

起床したら、接種した箇所が痛くなっていた。

といっても、接種箇所は異常なし。

それ以外にも、熱とか発疹などの症状は皆無。

普通に過ごしました。

 

日曜日。

この日には、接種箇所の痛みは消えた。

熱などの副反応もゼロ。

こんなもんか。ちょっと気が抜ける。

緊張していたのに、あっさりだなあ。

まあ、まだ1回目だからね。

 

日曜日は疲れていたのか、2時間も昼寝してしまった。

ワクチン接種と関係あるのかないのか…(関係なさそうだが)。

でも、ワクチンを接種するということは、体に入ってきた異物に対して体が戦っているということ。

やはり予定を入れずに自宅でのんびり、と決めておいてよかった。

 

2回目の接種の方がつらいと聞きます。

腕が上がらないとか、副反応が出るとか。

ちょっと不安ですね。

2回目の接種の後こそ、土日ゆっくり家で過ごすのがいいのかも。

 

こういう社会状況になってすでに2年目。

が、過ぎようとしている…。

もう9月ですし、今年もだんだん年末が見えてきました。

 

ワクチン2回接種が終わった人は旅行やイベントへ行けるようにする、とかなんとか、そんな行動緩和が検討されているようです。

緩和されるのはありがたいですが、接種後に感染する「ブレイクスルー感染」とかいうのもあるじゃないらしいですか。

接種しても気は抜けない。

でも、接種しておけば重症化リスクが多少でも減らせると思うので、気持ちはゆるみますね。

 

海外へ行けないならせめて国内旅行をしたいなあ~。

『2回目の接種が終わった人は国内旅行解禁』とすると、うわっと人々が観光地へ集中して、また元のもくあみになるんでしょうか?

昨年は、GOTOトラベルを利用した観光客を報道で見るたびに、『自分は自粛して自宅にいるのになあ』と悔しく思っていました。

 

コロナのおかげで?良いこともありました。

会議やミーティングをオンラインで実施するようになったのは、とっても助かります。

どこからでも参加できるし、会議場所まで行く時間とお金も不要だし。

 

でも、コロナ禍が去ったらまた非効率な社会に戻るのは勘弁してほしい。

コロナがもたらした良い社会変化は残ってほしいし、悪しき習慣は消えてほしいですね。

なんて思いながら、最近のニュースを見ています。