オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ナースを呼べ

 

秋が進み、朝晩だけでなく日中も涼しくなってきましたね。

過ごしやすい季節になりました。

 

このところ体調が思わしくなく、にっちもさっちもいきません。

記事を書いてもうまくまとめきれず、ボツが増えるばかり。

気持ちも体も疲れが吹っ切れません。

ちょっと生活ペースをスローダウンしようかな、と考え中。

 

入院して緊急手術をしたジャカルタのダナちゃんと、WAでやり取りをしていました。

(病名はコロナではありません)

手術後、何日間かは要安静だったようですが、

「問題が無ければ、今日には退院できると医者に言われた」

と聞いて、私もホッとしていました。

 

本人も、このご時世に家族と離れて病院にいるのも不安だし、早く帰宅したい様子。

(そりゃそうですよね)

なるべく早く退院して、家族と一緒に自宅で過ごす方が安心ですよね。

 

早く退院できるといいねえ~なんて言いながら、先日、どうでもいい話題をチャットしていました。

しばらくして、

「急に高熱が出てきた」

「なんだか気分が悪くなってきた」

とダナちゃんからメッセージの連投が。

 

入院中の友人の容体急変に、日本にいる私も焦りました。

「医者はどうしたの?」

と聞くと、

「医者の回診はあと3時間後」

という。

 

「看護師か誰か、同じ病室内にいないの?」

と尋ねると、たまたまなのか誰もいないらしい…。

よりによって緊急の時には、誰もいないものですね。

 

ダナちゃんはさすがスマホ世代?。

メッセージの入力に手間取る私よりも、はるかに送信が早い。

 

「体温を計ったら熱が〇度になってきた」

「苦しい」

とか、実況中継並み?のスピードでメッセージを送ってくる。

いったい、いつ体温を計ったんだ…。

私なんか、体温計りながらスマホなんて打てませんよ。

 

しかし、本当に具合が悪そうだ。

あわわ…。

日本にいる私が、ジャカルタの病院に入院中の友人を助けられるわけでもないんだが、焦る焦る。

 

「と、とりあえず、看護師を呼べ」

と、彼女にメッセージを送った。

つもりだった。

が、よく見たら痛恨の入力ミス。

 

「Call the nurse」と打ったつもりだったが、「Call the bourse3」になっている。

ナースを呼べ、じゃなくてブスを呼べ。

しかもブスの後にはご丁寧に3まで付いている。

なんで勝手にこんな変換するんだよ…。

って、自分の指が悪いのか。

 

「ご、ごめん、スペルミス」

という説明まで、またスペルミスの連続。

あわわ…慌てるとロクなことがない。

 

日本で入力に四苦八苦している私をしり目に、ダナちゃんからようやくメッセージ。

「今、ナースを呼びました。解熱剤をもらった。」

 

やれやれ。

看護師さんが来てくれて、一安心しましたよ。

結局、その日は彼女は退院できず。

翌日に無事退院できました。

 

日本も涼しくなってきて、ワクチン接種も終わって、急に気持ちがゆるむ人も多いかもしれません。

あまり無理をせず、体調管理に気を付けてゆっくり生活しましょう。