オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ジャカランダ

 

毎年10月ごろになると、南アフリカではジャカランダの花が咲く。

ブラジルとか南半球では一般的な花だと聞いた。

 

南アフリカ人がよく言うのは、

ジャカランダの花は、日本人にとっての桜のようなものだ。」

 

春になると、桜は日本全国で咲く。

ジャカランダは、秋になると南アフリカ全国で一斉に咲く。

南アフリカの春を彩る存在なのだ。

(「秋になると…春を彩る」って、秋なのか春なのか、分かりにくい表現ですね)

 

南半球の春は、北半球と季節が逆だ。

9月後半から10月くらいになると、南半球の春。

南半球に春が来た、と感じさせる花なのです。

 

ジャカランダの花は薄い紫色。

こんな感じ。

f:id:kayumanis:20210919083320j:plain

ジャカランダの花

 

うす紫の花が町のあちこちで咲き始めると、春だなあと感じます。

ジャカランダの花におおわれた町は、夕暮れになるとかすみがかかったようになります。

 

f:id:kayumanis:20210919083346j:plain
f:id:kayumanis:20210919083400j:plain
町中に咲くジャカランダの花

 

毎度毎度、南アフリカについて記事を書くとき、たびたび治安の悪さをあげつらって申し訳ない。

しかし、海外勤務や海外旅行でいろいろな国へ行きましたが、「この国に家を買って永住してもいいかも」と私が思った唯一の国は、南アフリカなんですよ。

それくらい、南アフリカ大自然に恵まれた美しい国です。

 

もちろん、他の国も魅力的です。

人が親切で犯罪が少ない?というと、やはりインドネシアに軍配が上がるかも。

アジアは、日本人にとっては住みやすいですよね。

食べ物がおいしい国は結構あります。

どの国も捨てがたい。

 

南アフリカの良さは、生活レベルが高くて自然が美しいことでしょうか。

ヨハネスブルクから香港またはシンガポールまで出れば、日本までそんなに遠くないのも魅力。

「アフリカは遠い」というイメージを覆す近さ?だと思います。

英語が通じるのもありがたい。

 

南アフリカ人の同僚たちは、

「犯罪なんか、どの国だってあるよ」

と言いますが、いやいや。

お宅の国の犯罪率、なかなかどうして群を抜いていますよ…。

 

でも、治安の悪さを補ってあまりある魅力が、南アフリカにはあるんだと思います。

南アフリカ観光局の回し者みたいですが、コロナが収まった後の旅行を検討するなら、ぜひアフリカ大陸はいかがでしょうか?

特に10月は、美しいジャカランダの花を見ることができます。

 

今週末は三連休の方も多いと思います

皆さんの秋の週末が、素晴らしいものでありますように。