オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

人と食事をする

 

私はよく友人を自宅に呼んで、ご飯を食べる。

いや、食べていた、というべきか。

昨年からこのような社会状況になって、人と集まることがなかなか出来なくなった。

 

自宅に友人を招くこともあるが、逆に呼んでもらうこともある。

友人の得意料理や秘密の?レシピを知ることが出来て、それも楽しい。

 

ある友人宅へ遊びに行った。

昼食にはカレーが準備されていた。

彼女の旦那さんはカレー好きが高じて、ケララ州(インド南部)にカレーの勉強に行ったのだという。

ぜひケララカレーを披露したい!ということで、出勤前に作ってくれたらしい。

 

市販のルーを使ったカレーと違い、お腹に優しい味だった。

次回インドへ行くなら、ケララ州に決まりだな。

 

過去に、フランス人の友人宅に夕食に呼ばれたことがある。

フランス料理が食べられるかも!と勢い込んで行ったが、まったく想像と違っていた。

 

食卓に出てきた料理は、ニンジンの輪切りをゆでたもの(多分、冷凍ニンジンをレンジでチンしただけ…)と、牛肉の塊をオーブンで焼いたもの。

その2つだけだった。

ある意味、衝撃的だった。

ニンジンのゆでたのと、牛肉塊だけで夕飯になるんだ…。

 

日本人はもしかして張り切り過ぎなのかもしれない。

私は友人を自宅に呼ぶとなると、前日から仕込みを始めたり、ああでもないこうでもないとメニューを考えたりするタイプ。

もっと気楽に料理を作って、人を呼んだらいいのかも。

 

大学院の学生寮に住んでいたとき、台湾人学生が友人の学生を食事に呼んだのを見たことがあった。

ご飯はあらかじめ炊飯器で炊いておいたらしいが、おかずは2つだった。

空心菜を炒めた物(友人が来てから炒め始めていた)と、冷凍の辛子明太子。

それで十分だよ…。

料理が豪華かどうかではなく、友達と食べるのが楽しいんだからさ。

 

台湾人学生の中には、料理がとっても上手な子もいた。

ルーロー飯を作ってくれた子もいた。

とってもおいしかった。

やはり台湾料理はいいですね。

 

スペイン人はちゃんと毎日料理をするので、「ヨーロッパ人は料理をしない」とは言えないだろう。

スパニッシュオムレツ、コシードマドリレーニョ、パエリア、魚料理、あさり料理、豆料理、オレンジのサラダ。

スペイン料理は何でもおいしかった記憶がある。

 

パエリヤは「日曜日の料理」とか、「男性が作る料理」とか、私の下宿先家族は言っていた。

日帰りキャンプというか、家族でよく野原?に出かけてパエリアを作っていた。

野外で食べるパエリアはとてもおいしかった記憶がある。

まあ、パエリアじゃなくても、野外で食べると何でもおいしいのかな。

 

コートジボアールインドネシアは、手間暇かけて料理をする国。

さすがにどちらの国も料理はおいしい。

どの料理も、いまだに懐かしく思い出されます。

 

ところで、料理をふだん作っている人とめったに作らない人では、ハードルの高さが違うようだ。

「大勢と食事をしたいが、安く済ませたい」という同僚から、先般アドバイスを求められた。

 

「じゃあ、焼きそばとかカレーライスとか作ればいいんじゃない?」

と私は言った。

焼きそばとかカレーならたくさんの量が作れるし、誰が作ってもたいてい?同じような味になる。

 

すると、彼女は反論した。

「焼きそば?そんな大変な料理作るんですか?」

 

私は驚いたが、彼女から次の言葉を聞いてさらに驚いた。

「だって、野菜を洗わなければいけないんですよ?

野菜も切らなくちゃいけないし。そんな手間暇、かけるんですか?」

 

なるほど。

ふだん料理をしない人からすると、野菜を洗うのも切るのも、大変な作業なわけだ。

うーむ。想定外の答えだなあ。

 

まあ、台湾人学生方式で、空心菜の炒め物と辛子明太子でも十分じゃないですか?

でも、空心菜を洗うのも切るのも、面倒くさいんだろうなあ。

 

となるとやはり外食か、お惣菜を買ってくるとか。

昨今は冷凍食品の進化がめざましいので、色々な冷凍食品を買ってくる手もある。

あるいは参加者の持ち寄りにすると、様々な料理が楽しめますよね。

 

先ほど、スペイン人はよく料理するとか書いてしまったが、本当は国籍とか関係ないんだろうな。

「ふだん料理をするかどうか」が分かれ目なんだろうなあ。

 

私のドイツ人の友人マルちゃんは、キュウリを切るのも大仕事、みたいな感じだ。

しかし、彼女の夫ゾンケは料理好きだけあって、皮むきだろうが煮物だろうが、作業がとても速い。

 

ドイツへ遊びに行った時、マルちゃん宅でカレーライスを作った。

私の調理を見ていたマルちゃんは「うわ、私には複雑すぎて無理」とすぐに音を上げた。

妻から私のアシスタントに任命されたゾンケは、すぐにカレーの作り方をマスターした。

(だって、そんな難しい料理じゃないですもんね)

 

私が日本へ帰った後も、カレーの作り方を覚えたゾンケが似たような料理(ってどんな料理だ)を作ってくれた、とマルちゃんが言っていた。

 

私に似た人がドイツにもいるわけだ。

友人宅で食べておいしかった料理や、レストランで気に入った料理は、私は自宅で再現してみる。

ゾンケもそういう人種らしい。

 

最近、私が気になっているのはフライドグリーントマトだ。

アメリカ南部でよく食べられているらしい。

 

まだ赤く熟していない青いトマトを薄切りにし、塩コショウして小麦粉をまぶし、油で焼くだけ。

ハンバーガーに肉と一緒にはさんでもいいし、料理の付け合わせにしてもいいらしい。

 

これを作ってみたいのだが、日本でもアメリカでもインドネシアでも、青いトマトを見たことが無い。

青いトマトなんて買う人がいないから、売っていないんでしょうね。

 

トマト農家に行って、青いトマトを売ってもらうしかないのかも。

あ~一度でいいからフライドグリーントマトを食べてみたい。

 

この料理を見たテレビ番組は、ジャカルタで放送されていたAFC(Asian Food Channel)だ。

アジアと名前がついているが、アメリカやオーストラリアの料理番組もこのチャンネルで放送している。

(番組制作会社はシンガポールにあるらしい)

幸いなことに?放送は英語であって、インドネシア語ではない。

 

番組は、なんと24時間放送だ。

料理好き、あるいはおいしそうな料理を見ているだけでも好き、という人には楽しい番組だ。

内容は国も食材も内容も様々だ。

シンガポールのシェフによる料理教室、韓国で流行っている料理方法、京都の市場で売られている食材の紹介、ベトナムでオープンしたレストランの名物料理、オーストラリアの家庭料理などなど。

 

ジャカルタの自宅にいるとき、ヒマさえあれば私はこのチャンネルを見ていた。

このチャンネルで、アメリカ南部のカフェが取り上げられた。

このカフェの名物が「フライドグリーントマト」だった。

サンドイッチの具や、鶏肉のランチセットの付け合わせとして使われていた。

これが本当においしそうだったのだ。

 

日本で青いトマトが手に入れば作ってみたい。

もし、これからアメリカへ旅行することがあるなら、アメリカ南部へ行って食べるしかない。

 

結局、私が「旅行へ行きたい」と思う原動力は食べ物なんだな~と思うと情けない気もする。

でも、おいしい物を友人たちとおしゃべりしながら食べたい、というモチベーションにもなっているので、食い気が張っているのも悪くないのかも。

ということにしておこう。