オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

毎週末 試験です

 

10月、11月は試験が目白押しだ。

 

今年は語学試験をアップデートしようと思い、スペイン語とフランス語の試験を受験することにした。

その上、「せっかくだから、語学試験以外の何か面白い試験を受けようかな?」と思い立った。

 

とはいえ、資格試験は星の数ほどある。

どうやって絞るか考えた。

そして、

「専門学校へ通ったり、講座を受講したりしなくても受験資格が得られるもので、自分でも出来そうなもの。

しかも興味が持てるもの」

のうちで、受験料がそんなに高くないものに絞ることにした。

 

まずは適当に、「受験資格不要の試験」を洗い出し、そこから興味が持てそうな試験をピックアップしてみた。

「情報セキュリティマネジメント」なんて資格は役に立ちそうだが、試験問題を見たら興味が持てなさそう…。

 

受験の明確な目的が無いのに、「語学以外の何か」を受験してみよう!

くらいの軽い気持ちでは、興味のない科目を勉強しても頭に入るわけがないですよね。
(好きな語学でさえ、もはや頭に入らなくなってきているんですから)

 

書店で、試験問題集をパラパラめくってみて、自分が面白いと思えるものを探す。

なかなか無いですね。(って、勉強が好きじゃないだけか…)

 

そして、危険物取扱者のテキスト&問題集を見たら、おお!

高校時代に得意科目だった化学があるではないか!

うーむ。

今の仕事に一切役に立たないと思うが…。

読むとわくわくする化学のページ。(物理は得意じゃなかったが…)

 

悩んだ末に、買ってしまった「乙種第4類」の試験問題。

「乙種」の試験範囲は、もちろん化学以外にも危険物の法令や消火の方法なども含まれる。

しかし、化学の分野は、ほぼ自分の趣味の世界。

 

たぶん、多くの社会人が「自分が本当に好きなものは何だろう」と一度は悩むんじゃないかな。

これから新しいことを始めるなら、今から全く知らない分野の勉強を始めるより、得意もしくは好きな分野を掘り起こした方が近道だろう、と思う。

 

じゃあ、どうやって自分の得意分野や夢中になれることを見つけるのか。

こんな方法を聞いたことがある。

 

まず1番めのやり方。

子どもの頃、好きだったことは自分の得意なものだ。

と聞いたことがある。

 

私は高校時代は地学、生物、化学が得意だった。

じゃあ、それが自分の得意なものか?というと、そこまでは自信が無いなあ。

中学の頃、あまり得意じゃなかった英語を使って仕事をしているのだから、人生とは分からんものだ。

 

得意なものを見つける第2の方法。

人に褒められたことを極める。

というもの。

 

これがねえ。

自慢じゃないが、無いんですよ。

「活動的だ」とか、性格や行動に関するほめ言葉はいただいたことがあるが、それ以外がねえ。

こんな感じで、「次にやる新しいこと」のとっかかりが無い状態です…。

 

そして、今月。

フランス語とスペイン語、乙種の試験及び他の試験も受験料を支払ってしまった。

10月と11月はほぼ毎週末、試験を受けなければならない。

よくもまあ、パズルのようにうまく試験日程をはめこんだものだ、と自分でも感心する。

 

でも、乙種のテキストを読むとつくづく思うのは、やっぱり好きな分野の勉強は楽しい。

仕事につながるかも、お金になるかも、というよこしまな?考えだと、なかなかやりたいことが無い。

何の役にも立たないが興味が持てることの方が、楽しく勉強できるものですね。

 

友人も、最近になってピアノの練習を再開したとか。

学生時代にブラバンでトランペットをやっていた友人も、市民オーケストラに入って演奏している。

子どもの頃にやって楽しかったものに、結局またたどり着くものなんですかね。

 

とにかく、今月と来月はほぼ毎週末、試験を受けまくる。

ここまで来たら、試験内容が頭に入るかどうかはさておき、本番で風邪を引かないようにするだけです!