オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

カレー店のネパール人店員

 

カレーと言えばインドというイメージだ。

でも、ネパール人が経営しているカレー店も多い。

 

都内に住んでいた時、自宅の近くにネパール人の営むカレー店があった。

残業して帰宅が遅くなり、食事を作るのが面倒くさい時。

そのカレー店で夕食を食べてから帰宅していた。

 

その店が客でにぎわっていたのを見たことが無い。

一人、二人くらいのお客さんなら見かけたことがあるが、行くといつも私一人。

まあ、残業後に食事に行くわけだから、常に夕食時間が過ぎていた、というのもある。

 

店舗の可愛らしい外観と裏腹に、行くといつも眉毛の太いネパール人店員がいた。

あまり日本語が上手じゃない彼は、全然愛想が無い。

 

「ナンですかご飯ですか」

くらいの、必要最低限の会話しかしない。

 

異常にフレンドリーな店員が苦手なので、無口なくらいが私にはちょうどいい。

と思っていると、突然「今日のカレー」などを勧めてくるので油断はできない。

 

ある夜、また残業が立て込んですっかり遅くなった。

忙しくて昼もろくに食べていなかったので、ものすごく空腹だった。

脂っぽい物はどうかと思うが、お腹が空いて我慢できない。

カレーでいいや。

 

青いドアを開けると、若い男性店員が出てきた。

「いらっしゃいませ」

あれ?見慣れない顔だなあ。

 

新人か…そう思いながら私は席についた。

メニューを見て、適当にカレーセットを頼む。

 

そのネパール新人店員は、ニコニコと愛想がよかった。

しかしこちらの言った日本語が良く分からないのか、頭はぼんやりしている印象。

まあいいや。

今日は本当に疲れたので、ご飯を食べて早く帰りたい。

 

食事を終え、伝票を持って立ち上がった。

先ほどの新人君は、営業終了時間が間近らしく、早く帰りたそうな顔をしていた。

私がレジに行くと、もうレジの中でスタンバイしていた。

はいはい、帰りますよ。

 

財布の中を見ると千円札がなかった。

仕方なく五千円札を出して、おつりをもらうことにする。

 

「ありがとございましたあ」

新人店員がおつりを私の手に無造作に渡してきた。

 

「ごちそうさまでした」

と言いかけて、ん?

私はおつりを二度見した。

 

五千円札で支払ったのだが、渡されたおつりが6,000円と何百円か。

え??

 

私はもう一度、カレーセットの金額を確かめた。

そして、トレイの上にまだ載っている自分の五千円札を再度確認した。

 

「ちょっと、このおつり間違ってるんじゃない?」

私は声を上げた。

新人店員がぎょっとして私を見た。

 

「だってさ。5,000円支払って、どうしておつりが6,000円なの?」

 

ネパール人店員はおびえたような顔をした。

私が急に口を開いたので、怒っているように思われたのかもしれない。

慌てて私は言い直した。

 

「カレーセットは850円でしょ。私が支払ったのは5,000円だよ?どうしておつりが6,000円になるわけ?」

 

新人君、こんな早口で日本語を話されても分からないらしい。

レジの前で凍り付いている。

あ~、どうすればいいんだ?

4,150円くれ、と言っても、ぽかんとしている。

 

私は紙に書いて説明しようと思ったが、手近に紙が無かった。

困ったな、こっちも疲れてるし、早く帰りたいんだが…。

 

私は一計を案じて、新人君の立っているレジへ回り込んだ。

レジに正しい金額を打ち込んで、正しいおつりをもらおうと思ったのだ。

 

レジに入ってびっくり。

新人君の前にあるレジは、昔のレジスターというヤツだった。

(キーがたくさんついていて、手入力のやつです)

私が子どもの頃は、スーパーなんかでもこういうレジスターを使っていた。

 

しかしねえ。

いまどき、レジスターを使えと言われてもなあ。

さすがに私もこれを使う自信がない。

 

しかし、レジに金額を打ち込まないと、レジの下の引き出し(お金が入っている部分ね)が開かないのだ。

仕方なく、口で説明しながらレジスターを打ち込んでみることにした。

隣で突っ立っているネパール人兄ちゃんに説明しながら。

 

「渡したのは5,000円でしょ?で、カレーセットが850円だよね?いい?」

 

私は、ネパール人店員の目の前で五千円札をひらひらふってみせた。

 

「5,000円ひく850円。わかる?」

 

そう言っていると、視界の片隅に、眉毛の太いネパール人店員が心配そうに奥から出てきたのが見えた。

(お前、いるじゃないか!)

若い店員が雇われたので、眉毛の方はどうやら昇進したらしい。

店の奥で作業をやっていたが、私の声が聞こえたのでトラブルかと思い、出てきたようだった。

 

ここまできたら、最後までやるぞ。

私はレジスターに金額を打ち込んでみせた。

チーン、と小気味よい音がして、「4,150」という数字が表示された。

おつりの入った引き出しが開いた。

 

「ほら、これがおつりだよ。」

 

そう言いながら、私は開いた引き出しの中から千円札を4枚、小銭を150円出した。

そしてトレイの上に乗せ、若いネパール人店員に見せる。

 

「いい?カレーセット850円で5,000円もらったでしょ?だから、4,150円のおつり」

 

ここで勝手にお金を奪っていくと、妙な誤解をされかねない。

ネパール新人店員が理解したのを見てから、私はおつりを自分の手に取った。

後ろで見守っていた眉毛の太い店員も状況が分かり、納得した様子だった。

その後、(どういう心情なのか分からないが)眉毛は感心した目つきで私を眺めた。

 

やれやれ。

私は4,150円を財布にしまって店を後にした。

あとでネパール人同士がどんな話をしたのかは分からない。

疲れてて早く帰りたいのに、レジの使い方をこんな夜遅くにネパール人に指導するはめになった。

 

この区から転居するまで、私は何度かこの店を利用した。

その後は、その店員がおつりを間違えることはなかった。

(あんなずさんな会計をやっていたら、つじつまがあわないだろうなあ~)

 

今は、私は別の自治体に住んでいる。

近くに、やはりネパール人がやっているカレー店がある。

ナンが食べたいので、ついついその店に足を向けてしまう。

 

ネパール人は意外にもアジア人ぽくないと思う。

アジア人といえばシャイで丁寧、可愛らしいイメージがあるが、ネパールはアジアのアメリカ人みたいな印象だ。

ニコニコしているけど雑な感じとか、アメリカ人によく似ている。

 

私も今は反省している

深夜、営業時間終了間際に入ってきた日本人客。

日本語がよく分からないのに怒られて、おまけにレジに入られたら、強盗か?と思いますよね。

あの店員は恐怖でしかなかっただろう。

もうしません。(反省)