オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

毒蛇

 

昨日の記事を書いて、コートジボアールについてこんなことを思い出した。

私がアビジャンにいたときのこと。

以前の記事にも少し書いたが、ツェツェバエに刺された疑いで、知り合いの日本人がフランスへ搬送されたことがあった。

 

ツェツェバエに刺される?

日本ではあまり聞かないハエの名前だが、実は怖いハエだ。

 

ツェツェバエに刺されると「眠り病」にかかる。

症状はというと、ものすごく眠くなって最後には死に至るのだ。

(私もたまに「ツェツェバエに刺されたか…」と思うが、ただの寝不足だったりする)

 

家畜(牛とか)しかかからない病気と思っていたので、私はとてもビックリした。

コートジボアールの医療事情は十分ではないので、先進国で検査を受けることになったのだ。

 

しかし、彼女はフランスの病院で「至って健康そのもの」と太鼓判を押されてコートジボアールに帰ってきた。

ついでに「便秘」もバレたと言っていた。

 

アフリカの病気で有名なのはマラリアだ。(アジアにもあるが…)

ハマダラ蚊が媒介する病気なので、蚊に刺されないよう注意するしかない。

夕方になったら蚊取り線香を炊き、虫よけスプレーを体に塗布して外出するとか、ね。

 

それ以外にも、アフリカには先進国に知られていない病気があるので、油断はできない。

でも、病気は原因さえわかれば、ある程度は自衛可能だ。

 

ところで、インドネシアにいたときに、セキュリティ会社の方と知り合ったことがある。

その方は、欧米、アジア、アフリカなど世界各国に展開する日本企業の駐在員に、安全セミナーを開講している人だった。

 

その方が、突然こんなことを言い始めた。

「世界各国を回って、どの国が一番びっくりしたか、というと、やはりコートジボアールですね!」

 

え?

私は内心ドキリとした。

自分がコートジボアールに在勤していたことは、まだ一言も言っていないのに、いきなりそこですかい。

自分の恥部、いやさ急所を押えられたような感じがして、私はドギマギした。

 

何食わぬ顔をして、私はその理由を聞いた。

下手に「私はコートジにいたんですよ!」なんて言おうものなら、『コイツ変人かも』とドン引きされかねない。

「初対面の日本人にはドン引きされないよう、相手の出方を見る」というのが私のモットーだ。

 

彼の話はこうだった。

世界各国の日本企業を回り、在留邦人へ最初に尋ねること。

それは、『あなたが在勤している国で、一番不安に思う安全関連のトピックは何ですか?』である。

 

「どの国の駐在員も口々に挙げるのが、治安の悪さ(強盗、泥棒、殺人等)、政情不安(クーデターとか)、感染症等の病気、なんですよ。」

 

そうですねえ、駐在員の安全上の懸念は、大体その3つに集約されるでしょうねえ。

インドネシアも泥棒は多いし、反政府デモも結構ある。

ビッグ3のうち2つはあるのだ。

(今やコロナも含め、3つともコンプリートだが)

 

その方はにこやかに続けた。

「ところがですよ、コートジボアール駐在日本人の関心は、それじゃないんですよ!

彼らが一番不安に思っているのは、毒蛇なんですよ!」

 

ヘビ?

なんじゃそりゃ?

 

私は拍子抜けした。

セキュリティ会社の方は笑顔を保ちつつも、『不思議ですよねえ』という口調で言った。

 

「寝ようとしたらベッドに大蛇がいた、とか、家の中でとぐろを巻いていたとか、日常茶飯事らしいですよ。

だから、コートジ在勤者はヘビの種類や、毒の種類にもやたらと詳しくて驚きましたよ~。」

 

驚くことか?

朝起きたら靴の中にサソリが入ってるとか、そういうのはよくあるでしょ…。

まあ、言われてみれば、ヘビは先ほど出てきた「駐在員の懸念事項ビッグ3」には含まれていないが。

 

私が考えていると、その方はなおも続けた。

 

「コートジではどの日本人も口をそろえて『蛇が怖い』って言うんですよ。

犯罪とかクーデターとか病気なら、ある程度は自分で身を守れるけど、野生動物が相手じゃねえ。」

 

そりゃそうですよね。

人間相手だったら行動の予測がつくから自衛策も打てるし、何とか出来るだろう。

 

ヘビや蚊、ハエが相手なら行動が読めないですよね。

おまけに毒を持っていたら、怖いですねえ。

 

まあ、そう考えるとコートジボアール在勤者の懸念事項が毒蛇、というのも理解できる気がする。

コートジはすでにクーデターを2回もやってるしね。

泥棒や強盗も怖いのだが、毒蛇はどうしようもない。

 

医療と話がずれてしまった。

海外在勤者の安全上の懸案事項とは、これほどまでに国によって変わるものなんだろうなあ。

 

クーデターは、西アフリカの年中行事みたいなものだ。

感染症だって、西アフリカにはコロナだけでなくエボラとかいろいろある。

西アフリカの名物に慣れてしまったら(慣れるのだろうか?)、後は怖いのは毒蛇だけだ、ってことになるのかも。