オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

チレンブ

 

インドネシアのジャワ島に、おいしいサツマイモがある。

ジャガイモは「ジャカルタのイモ」がなまって日本へ伝わったとか聞く(真偽は定かではない)。

しかし、ジャガイモではない。

サツマイモだ。

 

(余談ですみません。

「ジャガイモ」がジャカルタのイモだとすると、さぞかしインドネシアはジャガイモがおいしいのでは?と思いがちだ。

しかし、インドネシアでは、ジャガイモはなぜか欧州からの輸入品が多かった。

ジャガイモは、意外にもそんなに一般的ではない。

どうしてだろう?)

 

ジャカルタ南部に山脈が2つほどある。

そのあたりに行くと取れるのが、そのおいしいサツマイモ。

さほど品種改良しているようにも見えないのに、これが美味なのだ。

 

名前はチレンブと呼ばれていて、外側の皮は薄い黄土色。

糖度が30度くらいなのだそう。

ジャカルタ近郊と書いてしまったが、実際は西ジャワ州バンドン市あたりが一大産地とか。

 

糖度30度ってどれくらいの甘さなのかと思い、調べてみた。

日本のサツマイモで「糖度30度」を持つイモは、「紅はるか」というサツマイモらしい。

「紅はるか」は改良されてそれくらいの糖度なのだが、チレンブは大した改良品でもない(失礼)のに、おいしい。

 

収穫の季節になると、道路わきにサツマイモを販売する店が立ち並ぶ。

生で販売しているのだが、日本のように焼き芋にして販売している店もある。

 

レンブを真ん中で折ると、濃いめの黄色が現れる。

ねっとりしていて、甘くておいしい。

このままで食べてもおいしいし、スイートポテトにしてもおいしいのだ。

 

インドネシアに赴任した最初の年。

ジャカルタのような都会にいると気持ちが疲れてしまうので、山の方へ遊びに行こう!

インドネシア人たちに誘われた。

 

たまたま、その季節はチレンブの収穫時期だった。

路肩に立ち並ぶサツマイモの店。

生のイモを買ったのだが、店の奥で焼き芋を作っているのを見た。

味見を兼ねて、焼き芋も購入した。

 

南アフリカのサツマイモは、甘みが全くなくて美味しくなかった。

大学イモにしても、蜜をたっぷりかけないと美味しくない。

海外のサツマイモにはがっかりさせられてきたので、チレンブも期待していなかった。

 

しかし、チレンブの焼き芋を口にしてビックリ。

美味いではないか!

キロで買ってジャカルタに持ち帰ったのだが、あまりにおいしくてあっという間になくなった。

 

このサツマイモの季節が再び巡ってきた。

ちょうど、出張でジャカルタ近郊の山道を差しかかることがあった。

日帰りでそちら方面に行ったのだが、私は前年の経験から、このあたりのサツマイモが美味なことを知っていた。

 

ジャカルタでなかなか入手できない美味なサツマイモ。

ここで買わずしてどうする。

しかも一年に一度のサツマイモの季節だ。

 

「帰りにイモを買うから、店に寄ってくれ」

と社用車の運転手に頼んでおいた。

しかし。

 

仕事が終わったら、急に日が暮れてきた。

早く帰らねば、ジャカルタ方面は鬼のように渋滞するのである。

早く早く。

帰路を急いだ。

 

「あ!サツマイモを買うのを忘れた!」

私は車の中で思い出した。

「サツマイモの店があったら寄ってくれ!」

悲鳴のように運ちゃんに頼んだが、時すでに遅し。

 

「この辺りはもうお店は無いよ…。どうしても買いたいなら、道を戻るしかない」

運転手が悲壮な顔で言う。

「でも、道を戻ったら時間がかかって、渋滞に巻き込まれるかもしれないじゃん!」

私がそう言うと運ちゃんは無言になり、ヤギのように悲しそうな眼をした。

 

つまり、『今から道を戻ってサツマイモを買いに行くことは不可能』という意味の悲しい顔らしい。

(あるいは、『早く帰りたいからイモはあきらめろ』という意味なんだろう)。

 

くっそ~!!

サツマイモのことを完全に失念していた。

 

というわけで、この年はこのチレンブを食するチャンスは失われた。

本当に悔しい。

3年目に、確かまたどこかへ出張へ行ったか何かで、一本ほど食べた記憶がある。

しかし、それっきりだ。

悔しいことこの上ない。

 

先日、ネットニュースを読んでいたら、こんな記事があった。

コロナで海外旅行へ行けないため、タイでは日本の焼き芋が販売され、人気を博しているとかいう。

 

いやいや。

ぜひインドネシアの焼き芋も食べてみてくれ!

おいしいものは日本にだけあるのではない。

レンブの焼き芋はおススメですよ!

 

サツマイモの季節になると、「あ~インドネシアの焼き芋が食べたい」と思う。

暑い国で焼き芋なんて食べたくないよ…と皆さん思うでしょうか?

いえいえ、暑い国だろうが、焼き芋はいつ食べてもおいしいのです。

レンブの焼き芋は、バニラアイスクリームを添えてもまた格別です!