オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ガラケー

 

ガラケーから、ついにスマホに換えた。

 

ん?ガラケー持ってたの?と思う方もいるかもしれない。

実はガラケースマホの両方を持っている。

そして、通常の生活ではガラケーを使っていた。

 

どうしてわざわざガラケーを使用していたのか。

それは、ひとえに面倒くさいからに尽きる。

何が面倒くさいって、「やたらと連絡をしたがる人」が面倒くさいのである。

 

「ラインやってる?教えて教えて!仕事の連絡をするから!」

と言われると、冗談じゃないよ、と思う。

プライベートならいいが、「仕事の連絡」ですよ?

 

ガラケーなんですよ」

というと、そこで断ることが出来る。

大体、ラインを使わなくても仕事の連絡は出来る、と思いませんか?

まあ、便利なのは分かるけどさ。

 

なぜ、わざわざオフの時間にまで(退社後とか週末とか休暇中とか)に業務連絡を取りたがるのか、よく理解できない。

そんな大至急の連絡なら、むしろラインじゃなく電話すべきだと思うが…。

 

でも、職場には必ずこういう人が一人はいるんである。

「ライン教えて!業務連絡するから」と言い出す人が。

見ていると、私を含め大多数の人は、業務連絡のために他人のプライベートアカウントを知ろうと思わないようだ。

私もよほどの大至急案件でない限り、誰かの休暇を邪魔してまで業務連絡をしないなあ。

多くの人は、「業務連絡のためにラインを教えて!」と言う人を、「面倒くさいなあ」と思っているんじゃないだろうか?

 

フランスでは、「休暇中にメールをチェックしなくてもいい権利」なるものが2017年に法制化されたらしい。

つまり「オフラインになる権利」。

いいなあ~。

しかし、フランス人労働者諸君の言いたいことは分かる。

 

だってですよ。

多くの人は休暇前に仕事をあらかた片付ける。

そして休暇中は「〇月×日(休暇明け)に対応します」という自動応答メールにしておく。

すぐに対応しなければならない事案については、休暇前に同僚に対応依頼しておく。

と、休暇前に打てる対策を打っておけば、ある程度は回るはずじゃないの?

休暇だってどうせ2,3日くらいなんだからさあ。

 

休暇は休むための時間。

そこにまで仕事が割り込まれてしまうと、休む意味がないじゃないですか?

 

携帯電話というものが普及するようになってから、良くも悪くも24時間その人にリーチできるようになった。

だからこそ、職場の人にはオンとオフの線引きに繊細になってもらいたい。

私は「休暇中は連絡しないでねオーラ」を出しているのだが、全然それに気づかない方もいらっしゃる。

こういう人対策として、わざわざガラケーを死守していたのだ。

 

ガラケーを辞めた理由?

特にありません。

ガラケーが使えなくなるのが2026年?とか聞くし、移行は時間の問題だと思ったのです。

 

で、スマホにしたのだが、ごく親しい友人以外にはスマホへ替えたことを黙っておくつもり。

だって、また「ライン教えて!」という人が寄ってくるかもしれないじゃないですか。

日本でも「休暇中にメールチェック(あるいは業務対応)しない権利」というものが認知されるといいですよね。

 

インドネシアで使用していたラインとかWAを、新しいスマホに復活させた。

なぜか友人の連絡先が消えてしまったりと、トラブルも発生中。

不要なアプリもたくさんインストールされているし、スマホの中身と操作習熟が落ち着くまでに、しばらくかかりそうですね。

 

余談だが、フランスの「オフラインになる権利」を調べていたら、もっとすごい企業があった。

ドイツのダイムラー・ベンツ社は、「休暇中に送付されたメールは削除されることを、送信者に連絡する」ということになっているらしい。

オフラインになる権利以上に、素晴らしい!!

しかも、2014年からの施行ですって。

もう7年前?

 

夢のようで、う、うらやましすぎる…。