オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

高齢化

 

昨日、ネット記事を読んで笑ってしまった。

「インスタグラムは高齢化が進んでいる」という文章があった。

高齢化?と思ってドッキリしてしまった。

よく読むと、こんなことだった。

 

インスタグラムの利用者は若者が多いとされている。

しかし、13歳~15歳の若年層はインスタグラム離れが続いている。

(この年齢層には、他のアプリの方が人気があるそうです)

 

という趣旨だった。

なーんだ、そんなことか。

と思ったが、それにしても16歳以上は「高齢者」なのか~と思い、笑ってしまった。

 

十代半ばですでに人生が終わっているかのように表現されると、ちょっと違和感がある。

まあ、言いたいことは分かるが、流行なんてそんなもの。

それに16歳以上が「高齢」だとしたら、青春時代は何と短く、残る人生とはなんと長いことか!

 

サザエさん」の父・波平は、眼鏡をかけて新聞を読み、どう見てもご隠居さんだ。

しかし、彼がまだ54歳と聞いて私は衝撃を覚えた。

サザエさん」が描かれた時代は、50代と言えばもうおじいちゃんだったんだろうなあ。

 

もう一つ違和感を覚えたことがある。

今年の10月に選挙がありましたよね。

選挙に関する新聞記事を読んでいると「新人の〇〇候補」なんて書いてある。

新人か~と思ってお顔を拝見すると、「ん?そんなに若くないよね。」(失礼ですが)

年齢を見ると50代だったりする!

 

これは、政界の平均年齢が高すぎるからなのだろうか?

50代で「新人」とは、政治経験が無いというだけのことなんだろうけど、社会経験はあるでしょ。

若くないのに新人って言われちゃうんだ…。

限界集落で「60代だが若手」と言われているような感覚に襲われるなあ。

 

もっと言うと、80代で当選する政治家がいる。

歩けるのか?頭は大丈夫か?と私はそっちが気になる。

投票する有権者もどう思って投票してるんだろうか?

色々謎だ。

 

最近はブレーキとアクセルを踏み間違えて人身事故を起こす70代、80代も多い。

それを考えると、うーむ80代の政治家、世代交代は考えないのだろうか?と思ってしまう。

政界は恐ろしく超高齢ワールドなんだなあ。(だから若い人が敬遠するんでしょうね)

彼らが若い人の意見を政治に反映しているのかどうか、もはや怪しい。

 

こんな感じに、「16歳で高齢」なのか「50歳で新人」なのかは、その人が置かれた状況によって違うんだろうな。

そのうちに「100歳だが当選した政治家」なんて人も出てくるんだろうか?

 

本来は、年齢を重ねた人の役目は将来を担う次世代を育てること。

私もあまり得意ではないが、若い人を育てようと頑張っているつもりだ。

 

そういえば、以前こんなことがあった。

アイドルグループを脱退すると「卒業」するとか何とかいいますよね。

某アイドルグループを「卒業」した後、幅広く活躍している女性元アイドル(25歳)がいた。

 

私の元上司の一人は、一度定年退職した後、再雇用されて職場復帰した高齢者だった(といっても60代だが)。

彼はたまたまだが、その元アイドルに会ったことがあるらしかった。

 

「へえ、〇〇さん(その元アイドル)に会ったんですか!いいですねえ」

と周囲の若手に言われ、彼は得意げになって言った。

 

「そうそう!〇〇さんは××(グループ名)を卒業してねえ。

シニアなんだけどね。活躍してるんですよ」

 

シニア…。

 

その言葉を聞いて、我々はしーんとなった。

確かに現役アイドルといえば10代かもしれないが、卒業したアイドルは25歳で「シニア」かい。

60代のおっさんに言われるとはねえ…。

 

他人を判断するのはとても難しい。

もちろん年齢は、「10代なら元気いっぱい、80代なら車の運転が怪しい」くらいの目安にはなり得る。

 

同時に、老化には個人差があるのも事実。

30代なのに体力が無い人もいれば、60代なのにフィットネスインストラクターをやってる人もいる。

食事の質が向上し、医療が進歩したおかげで、「54歳=ご隠居」という時代ではなくなった。

 

だからこそ、ますます面倒くさい。

「80代だけどまだまだ頑張りますよ!」と言う政治家もいるわけで。

 

私なんぞ、投票したい候補者がいない場合は、思い切って若い候補者に投票することにしている。

若い人がこれからの彼らの長い人生を快適に過ごすために、社会を改善していくべきだと思うからだ。

あと100年も生きないだろう80代の高齢者(大変失礼を承知で言いますが…)が、政治を動かすのはいかがなものか、と思ってしまう。

こんな風に思うのは、私だけなんですかね。