オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

人生で一番勇気を出したとき

 

昨日、ネットサーフィンをしていたら「人生で一番勇気を出したとき」というタイトルの動画があった。

5歳から75歳までの男性が、自分の「人生で一番勇気を出した」瞬間について答えるものだ。

適当に視聴するつもりが、思わず見入ってしまった。

(見た人はいますでしょうか?)

 

内容は、若い順から次々に男の子(あるいは男性)が出てきて、いつどんな状況で「人生で一番勇気を出したのか」を答える、というもの。

アメリカ人の回答なのだが、日本人の自分が見ても面白かった。

 

あなたが「人生で一番勇気を出したとき」はいつか?

多くの人の回答はいくつかのパターンに分かれた。

 

「ニューヨークへ思い切って移住した時」と回答した人もいた。

日本だと「思い切って上京した時」って感じでしょうか。

この「〇〇へ移住した時」と回答した人は多かった。

自分の知っている町や居心地の良い環境を飛びだすのは、本当に勇気が要るものだ。

 

「見知らぬ人を助けたとき」という回答も多かった。

おぼれている人を助けようと水に飛び込んだ、とか、そりゃあ勇気がいるよね。

私には出来ないなあ。

 

面白かったのは、年齢が上がるに従い、「勇敢であったことがあったか分からない」と回答する人がいたことだ。

年齢が上がれば人生経験も長い。

「勇気を出して〇〇をした」経験は、一度や二度はあるはずだ。

でも、彼らは「思い切って勇気を出したかどうか」という点については自信が無い、というわけだ。

謙遜でしょ。

と思うが、真面目な人ほどこういう質問には悩むのかもなあ~。

 

「結婚をしたとき」なんて回答もあった(これには激しく同意したい)。

皆さんの人生が垣間見えて面白い。

 

この画像は回答者が男性のみ。

女性はどんな時に「人生でもっとも勇気を出して〇〇をやった」のか、知りたいですね。

 

ちなみに私は、「人生で勇気を出した」瞬間は、結構たくさんある。

たくさんある、ということは、年がら年中勇気を出しているのかも?!。

まあ、気が小さい人間ですから、勇気を奮い立たせないと何も出来んのです。

 

「勇気を出して〇〇をやった」で思い出すのは、国連の面接かなあ。

書類選考で合格し、面接に呼ばれた。

 

書類選考で合格したのは奇跡的でうれしいが、面接に行かなくちゃいけないの?(そりゃそうだ)

と思うと、恐怖?不安?を感じた。

書類選考だけで合格させてくれればいいのに…。

 

あれは、本当に面接に行くのがプレッシャーだった。

じゃあ応募するなよ、と思うでしょうが、どうせ合格するわけないと思ったからこそ、気軽に応募書類を送付できたのだ。

 

意地悪な質問をされたらどうやって返答しよう(←意地悪されると決めつけている)。

「あーあ、やっぱりアホだなこいつ」と思われたらどうしよう(わはは不合格だった、で終わりにすればいいんだが)。

そんな恐怖がぐるぐると頭の中を駆け巡る。

 

あの時は本当に面接へ行きたくなかった。

が、行かなければ合格はしない。

前日まで「行きたくない行きたくない、うわー」と頭をかきむしる感じだった。

 

かといって面接をぶっちぎるわけにも行かないので、勇気を出して国際連合本部へ出向いたのだ。

たぶん、「自分の第一希望の企業で面接」に行った人は、私と同じような状況になった経験があると思う。

 

その「人生で一番勇気を出したとき」に登場した人たちの回答を聞いて思ったこと。

勇気を出して〇〇をやった、という記憶は自信につながるのかもしれないな、ということ。

 

「勇気を出してアメリカへ移住した」という人もいた。

その人が勇気を出して移住しなければ、そんなに英語がペラペラになっていませんよね。

「おぼれた人を助けた」っていう人は、その後もそのエピソードを人生における自分の武勇伝として思い出すだろう。

 

皆さんは「人生で一番勇気を出したとき」はいつですか。

私は「かなり勇気を出した」「ちょっと勇気を出した」は、思い出せば相当数ありそうな気がします。

でもその中で「一番勇気を出したとき」か…。

これからの人生で「一番勇気を出す」瞬間が来るのかもしれないなあ。

 

「人生で一番勇気を出したとき」が、「人を助けたとき」という人は幸せですよね。

「勇気を出して友達を助けた」「会社で疎外されている人を助けるため〇〇をした」なんて答えた人を見たら、ちょっとじーんときた。

私もそういう人生を送れるように頑張ろう!なーんて。