オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

クリスマスプレゼント

 

クリスマスにドイツのマルちゃんから小包が届いた。

彼女は毎年、我が家にクリスマスプレゼントを贈ってくれる。

今年はクリスマスの数日前に届いた。

 

中身を開けてみた。

毎年送ってくれる恒例の?カレンダーは無く、代わりにいろいろな物が入っていた。

チョコレート、クリスマスのクッキー(しょうが味のヤツだ)、ハンドクリーム、ネックレス等等…。

 

その中で、よく分からないものが一つあった。

食べ物のようにも見えるし、ボディソープとかシャンプーとかそんなものにも見える。

 

すでにこのブログで何度か書いたが、私はドイツ語が分かりません。

ドイツ語が分からないのに、どうしてドイツ人と付き合っているんだ、と聞かれても困る。

ドイツ人と友達になろう!と思ったわけではなく、たまたま気が合って長いお付き合いをしているのがドイツ人だ、というだけの話で。

多分、先方も「たまたま気が合ったのが日本人だ」くらいの感じなんだと思います。

 

で、何を送ってくれたのかマルちゃんに聞いてみた。

マルちゃんは「小包の裏に内容物を書いたでしょ」と言うので、小包の裏をひっくり返して見た。

う!

書いてはあるが、全部ドイツ語じゃねえか!!(当然だが)

これじゃ何を書いているのか分からん。

 

頼むよ。

英語かスペイン語かフランス語で書いてほしいんだが…(←自分がこれしか分からんもんで)。

ま、ドイツの郵便局から小包を発送するのに、内容品をスペイン語で記載するわけ、無いですよね…。

 

もう一度、小包から出てきた内容物を一つずつ確かめた。

チョコレートはLindtと書いてある。

これはメーカー名なので、さすがにポンコツの私でも読める。

 

このリンツのチョコレートを家人が目ざとく発見した。

本当か分からないが、「ミーティングで出すお菓子にする」と言われ、持っていかれてしまった。

私の口には一つも入っていない。くそお。

 

食べ物は家族に食べられないうちに、胃袋にしまっておかねば。

慌てながら、ジンジャークッキーを家族に隠れて口に押し込んだ。

口いっぱいに広がるしょうが味。

これぞ、クリスマスの味だなあ~。

って、アメリカでジンジャークッキーをクリスマスに食べていたからなんだが。

ジンジャークッキーを食べると、いやがおうでもクリスマス気分が盛り上がる。

 

びん詰めのはちみつも入っていた。

実は、これも「はちみつ」とすぐに分からなかった。(ドイツ語ハードルのせい)

しかし、ビンの蓋に六角形の蜂の巣のイラストが描いてあったので、はちみつだと分かった。

やはりマンガ(イラスト)は世界を救う。

ここまでドイツ語が分からず苦労するなら、少しはドイツ語を勉強しろよ…。

f:id:kayumanis:20211230084812j:plain

もしやhonigがhoneyなんですかね…

 

で、例のよくわからない品物の裏をひっくり返してみた。

私の経験によれば、シャンプーならshampooという英語つづりでなくても、似たようなスペルで記載される言語が多い。

なので、シャンプーなら推察できるかなと思ったのだ。

しかし、似た単語は見当たらなかった。

 

困った。

食べ物だと思って食べて、実はアロマオイルとか?だったらマズイし。

お風呂で使うものだろうと体に塗ったら、実は食べ物だった、なんてことは避けたいし。

翻訳アプリにお世話になるしかない。

 

去年も、よく分からないものが2つほど入っていた。

そこで、家に遊びに来た弟にあげた。

弟はポルトガル語なら分かるのだが、ドイツ語は知らない。

「くれるの?ありがとう」ともらってくれたが、それが何か分からず困っただろうな。

まったく、家族の誰かがドイツ語を勉強してくれると助かるのだが…。(←他力本願)

 

私の方からも、毎年マルちゃん一家へクリスマスプレゼントを送っている。

例年、日本からドイツへ小包を送ると、4日間で到着する。

さすが優秀な日本の郵便局だ。

 

今年も、「今から発送すれば、クリスマスにギリ間に合うな」と思って、郵便局へ「ゆうパック(小)」を持参した。

すると、郵便局員から言われた。

 

「コロナで日本とドイツ間のフライトが減便されているので、クリスマスにはたぶん間に合いませんよ。」

そ、そうか…って、そうだよね。

コロナだった…忘れてた。

 

その後、マルちゃんに「プレゼント届いた?」と聞いたが、まだ届いていないらしい。

もうクリスマスは終わった。無念。

すまん。怠け者の友人で本当にすまん。

お正月のプレゼントと思ってもらうしかないなあ。