オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ワンオペ

 

食べる話題ばかりで恐縮です。

最近、とある片田舎へ行った。

お昼時分だったので、連れと食堂へ入った。

 

私たちがそのお店へ向かっていると、2,3組のお客さんが店に入るのが見えた。

まあ、お昼だから店は混みますよね。

もしかして、満席かな?と思いながら店に入った。

 

店内は思ったより広く、畳の座席が2卓。

椅子とテーブルの席が4卓あった。

私たちが入った時には、畳の座席が1卓埋まり、テーブルと椅子席は一つだけ空いていた。

そこへ連れと私は座った。

 

ほぼ同時にお客さんが3組ほど入ったので、注文が出てくるのに時間がかかるだろうなと思っていた。

しかしこれが、想像以上に時間がかかる。

20分以上経っても、私たちの前に入ったお客さんの注文すら出てこない。

厨房からは、油で揚げるじゅうじゅうといった音などが聞こえてくるのだが。

 

一体どうしたのだろう?

前のお客さんが手間のかかる料理を注文したんだろうか?

電車に乗る時間もあるので、ちょっと心配になってきた。

 

私たちの前の前に入った3人のおじさんの注文が運ばれてきた。

見ると、カレーライス。

カレーって、作り置きしているからすぐに出てきそうな気がする。

 

あたりを見回しているうちに、最初のお客さんたちが食事を終えて店を出る。

我々の注文はまだ出てこない。

一体どうしたわけだ?

 

そのうちに、ようやく我々の注文が出てきた。

店内に入ってすでに小1時間くらい経っている。

その時になってようやく私は気づいた。

 

このお店は厨房の調理担当と運び担当の、なんと総勢4人もいる!

4人もいるのに、なぜこんなに調理に時間がかかる?(仕込みもしているはずだし)

のんびりし過ぎじゃないかい?

さすが田舎。

 

以前、会社でお昼休憩に出ようとしたら、別の同僚に誘われた。

なんでも、おいしいラーメンの店が近くにあるらしい。

歩いて行ける距離なので、一緒にどう?ということだった。

もちろん、私は合流した。

 

同僚はいろいろな人に声をかけたらしく、総勢7名ほどになった。

大人数でぞろぞろラーメン店へ歩いて行った。

 

「あ、ここじゃないかな?」

誘ってくれた同僚が指さした店は、「これが店?」と思うくらい小さかった。

 

平日の昼間で少し昼食時間に早かったせいか、店内には誰もいなかった。

7人がカウンターに座るといっぱいになってしまった。

カウンターの中に中年のおじさんがいて、どうやら店主らしかった。

我々はそれぞれ「味噌ラーメン」「もやしラーメン」などと注文していった。

 

「では、味噌ラーメンが2つ、もやしラーメンが1つ、醤油ラーメンが2つ、塩ラーメン1つ、野菜ラーメン1つですね?毎度ありい!!」

 

おじさんはニコニコしながら、私たちの注文を繰り返した。

私たちは注文し終わったので、それぞれおしゃべりを始めた。

すると、カウンターの中のおじさんが急に消えたのである。

 

あれ?おじさん、どうしたんだ?

もしや、具合が悪くなったとか?(いや、たった今まで元気そうだったけど?)

 

カウンターの中で倒れていたらどうしよう?

私たちはちょっと不安になって、椅子から立ち上がってカウンターの中を覗き込んだ。

すると、おじさんがカウンターの下にしゃがんでいた。

 

おじさんは耳に携帯電話を押し当てて、必死の形相だった。

誰かに電話をかけているらしい。

相手がなかなか出ないようだ。

 

「あ、〇〇?(相手の名前)」

 

電話をかけた相手が出て、おじさんは悲痛な声を上げた。

カウンターの中にしゃがみ込んだおじさんを見る同僚と私は、一体どうしたのだろうといぶかしく思った。

 

おじさんの声は続いた。

「今ちょっとさ、お客さんがたくさん来ちゃってさ。

そうなんだよ!そうそう!今、俺一人なんだよ!どうしよう!(焦る声)」

 

電話の相手は奥様か家族か、それともお友達らしかった。

 

「困っちゃってさ。俺一人なんだよ!!すぐに来られる?

うん。うん。悪いね。頼むよ。」

 

おじさんは手短に話を終えて電話を切った。

誰かに助けを求めて安心した顔で、おじさんはカウンターの下から立ち上がった。

私と同僚も、おじさんの動きにつられて椅子に座り直す。

 

おじさんはラーメン制作の作業に取り掛かり始めた。

同僚たちと私は顔を見合わせた。

なるほど…ワンオペだから、一度に7人をさばき切れないのか。

 

ほどなくして助っ人の女性がやってきた。(店の近くに自宅があるのかもですね)

さすが2人でやると作業が早い。

あっという間におじさんは奥様の助けを借りながら7人前のラーメンを作り、手早く持ってきてくれた。

おかげで職場の昼食時間内に食事を終えて、会社へ戻ることが出来た。

 

そうか、ふだんは一度に7人も同時にお客さんが来ないから、基本はワンオペなんだな。

東京はやっぱり人件費が高いからねえ。

 

ワンオペの店は東京では多い気がする。

ラーメン店もすごいが、もっと感心するのはワンオペの居酒屋だ。

おつまみから食事からデザートから、一人で何から何までやっている小さな店もある。

あれはすごい。

それぞれのメニューの手順がすべて頭に入っているんですね。

 

スペインにいたとき、バルがたくさんあった。

スペインは学校が無くてもバルと教会はある、と言われているくらいだ。

バルもすごかった。

 

BARというからには飲み屋なのかと思っていたら、そうではない。

朝から開いていて、朝ごはんも出す。

お昼は昼食を出すし、おやつの時間は菓子パンと牛乳、チューロスとココアなんてのも注文できる。

もちろん酒の種類もたくさん取り揃えているし、カウンターにはピンチョスが並んでいる。

パスタも食べられるしサンドイッチもある。

とにかく便利な存在なのだ。

 

で、ワンオペのバルも結構ある。(おじさんばっかり4人もいるバルもあるが…)

たいてい、カウンターに入っているのはおじさんだ。

 

アメリカはそういう文化じゃないのか、店は決まったものしか出さない。

スペインはアラブに征服されたことがあるからなのか?、何でも出しまっせ!みたいな感じ。

ちょっとアジア的な文化が残っているんでしょうかね?

 

早く海外旅行に行けるようになって、スペインのバルをまた楽しみたいものだい。

どうでもいいが、ワンオペの店って見ているだけでも楽しめる。

ついつい手伝ってあげたくなってしまう。

東京の愛すべきワンオペの店も、もう少し開拓したいものだなあ。