オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ニューヨーク

 

先日、「世界ふしぎ発見!」を見た。

コロナ禍で生まれた、ニューヨーク市の様々な取り組みを紹介していた。

日本にはまだ無いものが導入されていて、ニューヨーカーがうらやましい…と思った。

(誰かその番組を見た方はいますか?)

 

余りにうらやましいので、この記事ではうらやましい点をランダムに羅列する。

番組を見なかった方、私と一緒にうらやましがってください。

もし私が忘れている点があったらご容赦くださいませ!

 

1.渡り鳥の保護

ニューヨークには高層ビルが立ち並ぶ。

しかし、渡り鳥がガラスに激突して死ぬことが多いのだとか。(一年間に24万羽だとか!)

そこで、法律が出来た。

「これから建設する高層ビルのガラスの表面には、模様を入れること。」

 

オーデュボン(有名な環境保護団体です)の担当者は、「今後は古い建物のガラスにも模様を入れるよう、働きかけたい」という。

いや、いいアイデアだ。

バードウォッチャーの友人たちの影響で、私も野鳥に興味がある。

ぜひ、こういう野生生物を守る取り組みを日本でもやってほしいものだ。

 

2.街頭冷蔵庫

ニューヨーク市内の街角に、カラフルな冷蔵庫が置いてある。

コロナなどで失業した人への食糧支援のためだという。

 

誰でも自宅に余っている食料(生鮮食品だけではなく、缶詰などもOK)を持ち寄ることが出来る。

そして、誰でも冷蔵庫を開けて好きな食品を持ち帰ることが出来る。

これはフードロスを避けるためにも役立っているのだそう。

 

この方法だと、人目を気にせずに?食品をもらうことが出来ますね。

それに特定の場所へ出向かずとも、どこでも食料品をもらうことが出来るし、与えることも出来る。

さすが社会意識の高いアメリカだな~と感心した。

 

余談だが、街頭冷蔵庫にはカラフルな絵が描いてある。

イラストレーターさんとかアーティストの方が描くんだろうが、美術好きとしてはそれもうらやましい。

 

3.公園の充実

アメリカでは、こんな法案が出来たのだとか。

『2050年までに、すべての市民が自宅から徒歩10分で公園へアクセスできるようにする』

 

とはいえ、マンハッタンって土地がなかなか無いですよね~。

そのため、マンハッタン島の南西側の、なんと海上に新しく公園を設置したそうです。

 

それにも一工夫。

海を埋め立てると、海の生き物の生態系を破壊してしまう。

なので、海中にいくつもの棒を立ててその上に公園を設置。

これなら海の生態系を大きく損なう心配がない。

技術力があれば何でもできるものだ。

 

しかし私に言わせてもらえば、マンハッタンは「公園が少ない」って言ったって、結構ありますよ。

セントラルパークみたいな巨大な空間は無理だけど、小さい公園ならいくらでもある。

私のいたモーニングサイドハイツだって、川に沿った細長~い公園とか、バス停の近くのなんもない公園とか。

 

それでも新たに公園を作るわけか…。

まあ、良いお金の使い方ではある。

コロナで人間には自然が必要だ、とみんなが思うようになったのかな。

 

4.古着ショップ

番組ではブルックリンの古着市場を撮影していたが、古着はロンドンでも東京でも若者は好きですよね。

日本では、一年間に販売される洋服の半分(!)が廃棄されるらしい!

じゃあそんなに作らなきゃいいのだが、「資本主義」は大量生産し続けないといけないシステムですから…。

 

最近ネットで読んだ記憶があるが、フランスでは「新品の服を廃棄してはならない」という法律が出来たとか。

そんな法律が出来るのも無理はない…だって、大量に生産しておいて、売れ残ったら新品でも廃棄。

(服には流行があるからね)

まだ着られるのに、もったいないでしょ。

 

5.男性トイレにもおむつ替えスペース

日本でも女性トイレには、赤ちゃんのおむつ替えスペース(台)がありますよね。

アメリカでも、今までは女性トイレだけに設置されていたらしい。

 

そこで、男性トイレに赤ちゃんのおむつを取り替えるスペースを設けた。

これは、ゲイカップル議員の発案だとか。

 

日本でも、(全部ではないが)おむつ替えスペースのある男性トイレがあるらしい。(入ったことはありませんが)

そうあってほしい。

男性も女性もどちらも親なんだし。

むしろ男性トイレにおむつ替えスペースが無い方がおかしいですよね。

 

6.アートで町おこし

さびれて治安の悪かったブルックリンのある地域を、アートで生まれ変わらせた。

日本でも、「町おこし」でよくあるパターン。

 

スプレーアートというと、日本だと廃墟とかシャッター街に見られる印象がある。

でも、ここは明るい雰囲気にしたことで若い人が集まり、だんだん町が明るくなって治安も良くなったのだとか。

街を明るくするため立ち上がったのは、地域住民!

 

ブルックリンは下町というか、空が広くて私は好きなエリアでした。

家賃が安いので、アーティストはたいていブルックリンに住む。

成功したら橋を渡って対岸のマンハッタンへ行くことを夢見て。

でも私は、次回NYに住むならブルックリンに住んでみたい、と狙っています…。(NYで誰か私を雇ってくれ!)

 

7.植物由来のお肉

アメリカといえば?ハンバーガー。

番組でもおいしそうな巨大バーガーを紹介してました。

でも、そのハンバーガーは大豆由来のもの。

 

日本でも最近は大豆ミートがたくさん売られてますよね。

アメリカも同様みたいです。

 

大豆由来の魚もどき食品を使用した(つまり本物の魚を一切使用していない)寿司を提供する店もあった!

言われてみれば、魚だって同じだ。

乱獲でもう捕れなくなっている魚もいる(私の好きなサンマとか…)。

ベジタリアンの人も安心して食べられる、という点では、良い流れなんでは。

 

でも無理にベジタリアンになる必要はなく、「時々肉を食べ、時々大豆ミート」でいいんじゃないかな。

私は年のせいで(?笑)胃がもたれるようになったので、野菜中心。

魚や肉は少しで十分だ。

植物由来の材料でできたお寿司、食べてみたいなあ。

 

 

おまけですが。

ブルックリンのジャパンビレッジに、日本酒ラボがありました。

日本の酒蔵で修業した醸造学者さんと会社経営者の方が、アメリカのコメを使って日本酒を作ってます。

日本酒を作っている様子をガラス越しに見ることが出来るし、店内でカジュアルに日本酒が飲める(ワイングラスで)。

――

とまあ、番組で取り上げられたことを思い出す限り書いてみたが、盛りだくさんだ!

でも、一つ一つの政策を見ると、さすがリベラルなニューヨーク市

少しでも社会を良くすることなら、スピード重視で取り入れる。

 

拙速?

いや、善は急げ。

問題があったらすぐにやめればいいのだ。

 

SDGsを批判する人も大勢いることは承知している。

私はSDGs以前に、今の大量生産・大量消費社会は「もったいない」「無駄過ぎる」ということが多いと思っていたので、環境に負荷のかからない方法を社会に導入できるなら大賛成。

 

自分がこういう考え方になったのは、モノの無かったコートジボアール生活のおかげかもしれない。

サハラ砂漠で生活している遊牧民の方たちは、本当にモノを持っていない。(家ですらポータブルだし)

それでも幸せに生活できるなら、それでいいじゃん、と思う。

 

それにしても、あれだけの大都会でありながら、次々に新しい政策を社会で実現していくニューヨーク。

あのスピード感、うらやましい…。

それに、「お互い支え合う、助け合う」ために行動している人を見ると、励まされる。