オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

味付け卵

 

お昼にラーメンを食べに行った。

 

以前から気になっていたお店だった。

人気があるのか、いつ行っても行列ができている。

「入りたいなあ~」と思いながら、1年が過ぎた。

 

もちろん私も、そんなに執念深く?その店に入る機会を待っていたわけでもない。

こういう社会情勢もあって、あまり外食をしなかった。

それに「今日はパスタの気分だな」「中華が食べたいな」という時もある。

しかし、ついにその店に行った。

 

お昼時分に行くと、外で待っている人がいた。

店外に置いてあった名簿に名前を書き、自分も待つ。

先に座っていた人が呼ばれ、店内へ入って行った。

 

しばらくすると、再び店員さんが店から出てきて名簿を見、私の名前を呼んだ。

よっしゃ、入れるぞ。

と思ったら、店員さんが申し訳なさそうに言う。

 

「あのー、カウンター席じゃなくても良いですか?テーブル席なら空いてますが…」

 

私は合点した。

テーブル席ってことは、相席しなきゃいけないのかな。

 

でも全く問題ない。

コロナになってからというもの、飲食店には透明のついたてが付いている。

見知らぬ人と相席しても大丈夫だ。

 

「相席ですか?構いませんけど」

 

すると店員さんは笑顔になって言った。

「いえ、お一人です。」

 

私は苦笑した。

なーんだ。それならもっと問題ない。

広いプールを一人で泳ぐようなものだ(ちょっと違う?)。

広々とテーブルが一人で使えるなら申し分ない。

 

私は店内に入り、指示されたテーブルに着いた。

4人~6人くらいが座れそうなテーブルだ。

このテーブル席を一人で使うのだ。

 

コートを脱いでカバンを席に置く。

注文を受けて、店員が去る。

私は水をコップに注いで一息つくと、店内を見渡した。

他のメニューもチェックする。

 

は~。

水をまた飲む。

広いテーブル席で、私はすっかりくつろいでしまった。

厨房の前のカウンター席では、一人客が次々に食事を終え、立ち上がっていく。

 

携帯をいじくったりしていると、店員さんがまた現れた。

「あのー、お願いがあるんですが」

 

なんだい?

 

聞くと、5人連れの客が来店したという。

なので、申し訳ないが空いているカウンター席に移ってもらえまいか。

 

なるほど。

そりゃ、一人客の私がカウンターに移った方がいいでしょうねえ。

 

私は「いいですよ」と即座に答えた。

店員はペコペコ頭を下げながら、私のテーブルを離れた。

 

私はコートとカバンを抱え、立ち上がりかけた。

あ、ちょっと待てよ。

 

テーブルの上には持参したアルコールお手拭きも置いてあるし、デジカメ(ラーメンの写真撮影のため)、スマホ(これも写真撮影用)、それに飲みかけのコップも。

あわわ…。

次の客が来るのに、まだ座っている自分。

 

タコのように(といっても手は2本しかないが)、それらの私物をすべて持ち抱える。

もたもたしつつ、なんとかカウンター席へ移動する。

私が移動したのを見計らって、店員さんが新しい客を誘導してくれた。

助かった。

 

見ると、「5人連れの客」とは2人のお母さんと小さな子どもたちだった。

まあ、あんな小さい子だったら、くつろげるテーブル席がいいよね。

 

私はようやく座ったカウンター席から振り返って、5人連れをもう一度見た。

小さい子どもたちはきゃっきゃっ言いながら、楽しそうにお子様メニューを選んでいる。

やれやれ。

 

すると私の前に、注文したラーメンが運ばれてきた。

「お待たせしました!」

 

おお。

これが、1年も待った?ラーメンか。

早速写真を撮影しようとデジカメを構えて、手が止まった。

 

ん?

メニューの写真とちょっと違うぞ。

私が戸惑っていると、横からすかさず店員さんが言った。

 

「こちらは、席を代わってくださったお礼に、味付け卵のサービスです!」

 

そ、そうか。

改めてよく見ると、トッピングの生卵と、半分に割った味付け卵。

計3つの卵が載っている。

 

なるほど、違和感の正体は3つの卵か。

しかし…ラーメンの上に卵が3個も乗っている図。

メニューの写真をもう一度確認すると、私の注文したラーメンには最初から生卵が載っている。

そこへ、サービスで味付け卵をプラスしてくれたわけか。

 

嬉しいが、なんとなく卵の食べ過ぎな感じがしなくもない。

しかし、お店の厚意で卵をサービスしてくれたのだ。

ありがたくいただくことにする。

 

割り箸を割って、ラーメンに取りかかる。

麺はアルデンテか。

スープは深い味わいの味噌。

トッピングに青ネギと辛味噌

これまた風味が追加されてよしよし。

もやしも多すぎず少なすぎず。

 

食べ始めて、ちょっと思った。

最近、私は全体的に食事量を減らすようにしているのだが、このラーメン、ボリュームあるなあ。

 

がんばって食べ進める。

スープがおいしいので食べ続けられるが、やっぱり女性には量が多い。

 

そして。

生卵を麺と辛味噌&青ネギに絡め、美味しくいただく。

途中で味付け卵の片割れも食べた。

しかし、いずれにせよ麺やトッピングの豚バラの量が多いのよ。

 

お腹がいっぱいになってきた。

いつまでもスープに浮く味付け卵の片割れ。

いや、店側のご厚意なので、卵も全部食べるのだ。

 

苦行のように黙々と完食する。

スープを全部飲み干すと、どんぶりの底に文字が見えた。

「ありがとう」。

 

私も「ありがとう」ですよ。

だって、もう動けない。

今日の夕食は不要だ。

苦しい…。

 

代金を払って店を出た。

お腹いっぱいで、大満足。

 

その後、この店での出来事を家人に話した。

すると、「へえ、卵を増量してくれたんだ。良かったねえ!」と言う。

良かったのだろうか。

 

席を移るくらい、そんなに大したことではない。

それを感謝してくれるなんて、こちらが恐れ入る。

でも、まあ、自分がやった小さなことで誰かが感謝してくれるのは嬉しい。

 

最近、海外でラーメン人気と聞く。

お腹いっぱいになるんだから、そりゃ欧米人には人気が出るだろうな。

 

カツ丼を昼食に食べると、午後の仕事が眠くなったり、夕食が食べられなかったりする。

しかし、大量の豚バラ肉とトッピング卵2つを乗せた濃厚味噌ラーメンも、これだけお腹にどしっと来るわけだ。

その日の夕食が入らなかったことは言うまでもない。

4月からジムにでも通わなければならないかも。