オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

ひまわり

 

イタリア映画「ひまわり」がどこかの映画館で再上映されるらしい。

ずいぶんと古い映画を再上映するものだ。

(1970年作らしいですよ)。

 

私はこの映画をスペインで見たことがある。

スペイン人のお宅に下宿していた時、ヒマを持て余したホストファザーが大量にDVDを借りてきたのだ。

その中の一つが「ひまわり」だった。

 

「ひまわり」のストーリーは、ずばり悲恋だ。

男はイタリアから戦争に出征し、女は彼の帰りを待つ。

周囲の人は「彼のことはもうあきらめたら」と言うのだが、彼女は彼を信じて待ち続ける。

 

あきらめきれない彼女は、帰らぬ夫を探しにソ連へ行く。

夫は現地の女性と結婚していた。

 

主人公を演じたのはソフィア・ローレン

エンディングは画面いっぱいのひまわり畑。

だからこそのタイトル「ひまわり」なのだ。

色々意味があるんだろう。

 

どうして今になって、こんな古い映画を上映するのか。

それは、そのひまわり畑がウクライナで撮影されたからだそうだ。

なるほどねえ…。

知りませんでした。

 

ひまわりの種(スナックとしても食べますよね)は、ウクライナの特産物だそう。

さすが農業国だ。

映画「ひまわり」に出てくるように、ウクライナには広いひまわり畑があるんでしょうね。

 

ニュースで読んだが、ウクライナに侵入した若いロシア兵に、食ってかかった地元のおばちゃんがいたらしい。

「なんでウクライナに来たのよ?!」

と激しく問い詰め、しまいには捨て台詞。

 

「ポケットにひまわりの種を入れておきなさい。

あんたが死んだら、種から芽が出て、ひまわりの花が咲くでしょう。」

 

こんなことを見知らぬ中年おばさんにきつい口調で言われたら、私なら泣いちゃうよ。

そのロシアの若者だって、好き好んで戦争へ来たのではないだろう。

 

ウクライナ侵攻が始まって、はや1週間が経つ。

すでにロシア軍の死者数は7,000人に上るという。

当然、ウクライナ側の死者はそれを上回る。

 

どの兵士にもお父さん、お母さんはいるし、恋人や友達、妻や子がいるだろう。

戦争はウクライナだけでなく、ロシアにだって悲しみをもたらすはずなのだ。

 

ウクライナへは行ったことが無いのだが、私はスペインでひまわり畑を見た。

見たのが夏の終わり(大学の学期開始に合わせて渡航したからですね)。

だから、ひまわり畑のひまわりはすでに枯れていた。

 

枯れたひまわりの花が、うつむくように地面をむく。

秋の静かな光に照らされた広大な畑に、たくさんの枯れたひまわりが立ち尽くす。

寂しい以外の何物でもない。

多くの人の命が散ったウクライナに、イメージが重ならないでもない。

 

イタリア映画ではあるが、「ひまわり」。

私も久々に見返してみたいなと思っている。

 

ひまわりは最も好きな花というわけではないんだが、ちょっと思い入れがある。

昔、職場である部署から別の部署へ異動するとき、同僚たちから送別の花束をもらった。

その中に小さなひまわりの花があった。

私のイメージが、明るく元気なひまわりだから、というのが理由だった。

 

私は、ブログの読者の皆さんならすでにお気づきかと思うが、明るく元気な人間ではない。

むしろ逆だ(笑)。

しかし、職場の人には親切に?対応することを心掛けていたので、そういうイメージを持ってくださったのだと思う。

 

というわけで、ひまわり。

しかしなあ。

ひまわりの花はもっと明るい話題につながってほしかったな。