オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

筋トレ(小)

 

またまた筋トレ礼賛の記事で申し訳ない。

 

2020年から(つまりコロナで自宅にいる時間が長くなってから)、健康増進のためにいろいろやっている。

ものぐさな自分が、よく続いていると思う。

楽なストレッチとか、初心者レベルの筋トレしかやっていないから、続いているんだろうなあ。

 

そりゃあ、ハードに鍛えるつもりは毛頭ない。

プロテイン飲んでボディビル大会に出るとか、そこまで気合は入っていないのでご安心を(?)。

家にいると体がなまるので、ちょっと筋肉を動かそう。

その程度だ。

 

だから筋トレといっても、超初心者レベルの筋トレを4つだけ。

(よって記事の件名も「筋トレ(小)」だ)。

「筋肉の修復期間」が必要らしいので、毎日はやらない。(毎日やったらサボり始めるだろう)

今、私がやっているのは2種類の筋トレを週2回のみ。

 

そんなに少ないと忘れそうじゃない?

はい、忘れそうになります。

筋トレは「1週間に2回×2日」なので、やらない日がある。

かえって心理的に「筋トレ、がんばらなくちゃ」というプレッシャーから解放されているんだと思う。

 

筋トレをお勧めしたい理由。

私も今まで、ジムへ行ったりジョギングしたりしてきた。

しかし、筋トレは自宅室内でも簡単にできる。

お手軽な割に効果もある(と思っている)。

 

どんな筋トレをやっているか、ちょこっとご紹介。

1.フロントランジ

2.クランチ

3.ヒップリフト

4.プッシュアップ(腕立て伏せですね)

これだけだ。

初心者だし、ムキムキになる必要はないので、これで十分だ。

 

4つのうち、2つをやったら別の日に残り2つをやる。

3,4日後にまたやる。(体を回復させる期間をもうけるわけです)

同じ日に、頑張って4つやらない。

少しの筋トレを継続して行う。

それだけ。

 

通勤ラッシュや都内の駅の階段を駆け上がる、なんて機会が激減した(いいことだが)。

家にいると太りそうだ、とテレワークをやっている友人たちが皆言う。

一日中机の前に座っていると、どうしても体が疲れるんですよ。

 

体を動かさないとな~と思っていた矢先。

大村崑さんの記事を読んだ。

 

大村さんとは、桃屋のノリのつくだ煮のラベルにイラストが描かれている、眼鏡をかけたおじさんです。

なんと御年90歳だという。

彼は確か私が子どもの頃に、つくだ煮のCMに出ていたはず…。

ご存命とは、ご長寿ですな。

 

大村氏は年齢を重ねて、腰が痛いとか足が痛いとか、あっちこっちが不具合だったらしい。

ま、年を取ればだれでもそうですよ。

しかし、筋トレを始めたら健康になったらしい。

 

猫背が治って背中がすっきり伸びた。

ご飯がおいしく食べられるようになった。

飛蚊症が治った。

10時間ぶっ続けで眠った。

 

などなど、筋トレで生活がぐんと改善されたそうで。

90歳の超超超高齢者でも、筋トレ開始は遅くないのか!と小さい衝撃を受けた。(←影響されやすい)

 

整形外科の先生も、ストレッチが腰痛緩和に良いとか言っていたなあ。

とにかく、体を動かして損はない。

そう思ったのです。

 

そういうわけで、大村崑氏の記事と、整形外科の先生の助言との折衷案を考えた。

そして自分なりの柔軟&ストレッチ&筋トレメニューを作ってみた。(筋トレメニューは前述の4つだけです)

 

体を動かすメニューをどうやって作るか、ですが。

私はプロじゃないので、最初から効果の上がるメニューを作れなかった。

ストレッチは以前からやっているのだが、続けていると「効果ないな」とか「こういう部分をどうにかしたい」という希望が出てくる。

それによって、少しずつメニューを変えている。

 

人によって体質や目標が違うので、ネットや本の情報を色々試行錯誤してみた。

あれこれ考えているより、とにかく始めてみるのがいいと思います。

 

例えば私の場合。

下半身に大きな筋肉が集中しているので、下半身を鍛えるのも大事だな、とか。

パソコンに向かう時間が長いので、目を休ませる運動も必要だな、とか。

腰痛予防に何かやりたいな、とか。

柔軟性を高めたいな、とか。

(って、目的を盛り過ぎですかね?)

 

で、盛りだくさんメニューを開始して8週が過ぎた。(つまり2か月)

メニューは、少しずつ追加&削除したりしている。

ノートに線を引き、毎日メニューをこなしたらそこに可愛いハンコをついている。

 

記録しないと、いつ筋トレをやったか忘れる。

しかも、ノートをめくると自分の努力の跡?が一目瞭然だ。

過去にやってさほど効果の無かったストレッチや、効果があった筋トレなんかも分かる。

なので、毎日筋トレやストレッチをやる習慣のない人には、最初はノートに記録することをお勧めしたい。

 

で、肝心の効果。

やっぱり、運動をやってみるものである。

 

目の疲れ解消:以前は仕事中に「目が痛いなあ」と思っていたが、今は無い!

腰・足:以前は長距離を歩くと足が痛くなっていた。今はだいぶ緩和された。

柔軟性:まだまだ先は長い…けど、体を動かすと気分スッキリ!

体重:減った!!(少しだが…)

 

もともと、パンツスタイルに自信がない。

おまけに良く歩くので、最近はハイヒールをはかなくなった。

つまり、ローヒールでパンツをかっこよく着こなさなければならない。

そりゃ無理でしょ…と思っていた。

 

しかし。

先日、同僚に「パンツスタイルのシルエットが若いよね!」とほめられた。

(←若い、と褒められること自体若くないのだ 笑)。

ちょっとうれしい。

体重も減ったし、引き続き頑張るぞ!

 

何らかの理由で2,3日休んだら、体がなまってくる感じだった。

やっぱり体を動かすと気持ちもすっきりするものだ。

筋トレやストレッチをしている間は、頭が空っぽになるのも良いですわ。

 

夜に悩まないようにしたのも大きい。

以前は夜になると、仕事のことをああでもないこうでもないと悩んでいた。

最近は「夜は寝るための時間。仕事のことは明日悩もう!」と思うようにしている。

体が疲れているし、あれこれ悩まないので、夜も良く寝られるようになった。

 

そんなわけで、筋トレ。

私は筋トレ超初心者であり、ものぐさでもある。

あまりハードな運動を日頃やっていないから、運動の効果が出るのが早いのかもしれない。

 

筋トレは日本国民全員がやるべきだと思う。

心も体も健康になる。

ぐっすり眠れるしご飯もおいしい。

言うことないじゃないですか!

 

希望を言わせていただければ、役場には市民向けの無料筋トレ講座なんかをやってほしい。

「柔軟性を高める」とか、「肩こり改善」「よく眠れるための筋トレ」「下半身を鍛える」なんて感じで、テーマ別にやってくれてもいい。

 

医療費が増えるより、インストラクターを雇って市民の健康増進をした方がよっぽどいいと思うんだが。

皆さんいかがでしょうか。

 

軽い筋トレでも毎日やれば、相当効果があると思う。

筋トレをやっていない人がいたら、ぜひおすすめしたい。

90歳でも元気になるんですよ!