オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

文章修行

 

最近、報道の見過ぎでメンタルがやられている。

正気に戻るため?読書をするようになった。(今までサボってただけだ…)。

 

もともと、ブログを始めた理由の一つが「文章を書くことを上達させたい」。

サボるから上達しない→上達の兆しが見えないのでサボりがち。

という悪循環を長らく続けている。

 

なぜ執筆が止まるのか。

記事を書き始めて「うわ~、上手にまとまらないよ!」と思うことが多く、そこでペンが折れる(心も)。

そして、記事の投稿がぱったり止み、あっという間に数日経つ。

 

恐ろしい。

やっぱり、書き続けなくちゃね。

何年もブログをやっている人は尊敬に値する。

文章を書くことを仕事にしている作家さんたちは、修行僧のように見える。

 

ところで、文章修行と言っても、私には師匠らしき人物がいない。

数年前のことだが、元新聞記者の友人に記事を添削してもらっていたことがある。

彼の教えは、「読者目線で分かりやすく簡潔に要点を押さえて」というもの。

それはそれで勉強になった。

 

最近、「どうしたら短歌制作が上達するか」という記事を読んだ。

(短歌を作ったことはありません。作ってみたいなとは常々思うのですが)

 

そこでもやっぱり書いてあった。

「たくさん短歌を読むこと。気に入った言葉をメモっておくと、表現力が豊かになる」のだそうだ。

(注:『他人の作った短歌を読む』のであって、『自分が短歌を詠む』のではありません)

 

ですよね。

やはりアウトプットするには、インプットが必要だ。

 

と、前ふりが非常に長くなった。

実は、昨今の怖すぎる報道写真を見るのが苦痛で、本に逃げた、というのもある。

(日本の報道も欧米化してきましたよね。以前は生々しい写真は報道しなかったものですが)

 

今までなかなか読めなかった本を図書館で借り、ゆったり本の世界につかろう。

そう思って、「ベストセラーになったが、今まで借りられず、読みたかった本」を借りてみた。

新聞の書評なんかも参考にしつつ。

最近読んだ本を、ちょっとご紹介。

 

高橋治「風の盆恋歌」。

奥付を見たら1984年発表ですって。

うわ、すごい古い…と思ったが、読んでみると素晴らしい小説でした。

どうしてこの本を読んだのかというと、「ご当地小説」を読んでみたかったからなのです。

どなたかこの小説を読んだ方はいますでしょうか?

 

この小説の「ご当地」は、岐阜県

小説の題材は、おわら風の盆、というお祭りです。

主人公2人はそれぞれ都会に住んでいて、住民ではないのです。

そういう設定にすれば、お祭りを描く必然性が出ますよね。

さすが、プロの小説家はそもそもの設定が上手だ。

 

設定に感心するだけではなく、肝心の文章も無駄が無くてスッキリでした。

小説全体から漂う悲しい雰囲気が、祭りの哀愁と上手にマッチしている。

さすがベストセラーだ(って、プロの作家さんに対して素人が何を言う…笑)。

風の盆を見たことは無いのですが、この小説を読んだらそりゃ、行きたくなるよね。

 

リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。

これもベストセラーだったので、読んだ方は多いのでは。

私は恥ずかしながら、2022年にようやく読みました。

 

前述の「風の盆」とは全く異なる猥雑な感じですが、読んでいる途中で「良い小説だ」と分かる。

作者はオカンのキャラクター造型のために、自分のクズっぷりを強調しているんだろうか?

と思ってしまうのですが、それがこの小説に上手にはまっていて、笑えて泣ける。

これもまた、構成や設定がうまいなあ…と感心してしまった。

 

たぶん、作者のような昭和的経験をしている人は日本に何億人もいる。(あっ、日本の人口はそんなにいない)

それぞれが自分の体験をこんなふうに小説に書いていたら、ヒット作もあるはず。

しかし、多くの人は文章を書かずに終わっているんだろうなあ。(私もその一人)

 

エミリー・ブロンテ嵐が丘」。

確かこの本は小学校か中学校の図書館にあって、読んだ記憶がある。

しかし内容をほぼ忘れたので、再読しました。

 

これは、物語が非常に狭い範囲で、しかも少ない登場人物だけで進んでいく。

狂言回し的人物の立場が入れ替わり、物語が進んでいく手法。

これが、この小説が単調にならない理由かな、と推測。

やっぱり、何十年も経っても残る作品は名作だ。

この手法は面白いので、一度自分でもやってみたいなあ(って、いつ小説を書くんだよ…)。

 

そのほか、読みやすい作家さんの作品(東野圭吾さんとか、宮部みゆきさんとか)の単行本もたくさん借りた。

「ゾウの時間ネズミの時間」「世界の不思議な木の実図鑑」なんかも面白かった。

やはり読書の時間は至福だ(…と梅こんぶをかみながら思う)。

 

小学校の時の担任が乱読を勧めていたので、私はいまだにジャンル問わず乱読です。

じゃあ、どの作家さんが好きか?と聞かれると、決めきれない。

 

あえて言えば、以前も書きましたが、井上靖さんが好きだ。

この人の西域ものはほぼすべて読んだ。

日本を題材にしたものも、かなり読んだ。

しかし、先日図書館の本棚を眺めていて、まだ読んでない井上本が結構あることに気づいた。

というわけで、「風林火山」を借りてみた。

 

井上靖の何が好きかというと、やはり文体だ。

彼の文章には無駄がない(←ホントに私はこういう作家さんが好きみたいです)。

 

何が悲しいかというと、好きな作家さんが亡くなると、新作が出ない。

全作品制覇に向けて励むしかない。

 

余談ですが、ステファン・トゥンベリ「熊と踊れ」を読んだとき、新しいことを学んだ。

それは、スウェーデンでは、『家族が犯罪を計画していることを知っても、警察に通報する義務が無い』ということだ!

 

「熊と踊れ」は、スウェーデンで実際に起きた銀行強盗について、事実を交えたフィクションとして書かれた小説。

銀行強盗の犯人家族に取材をして書かれた小説だ。

 

家族が銀行強盗を計画していることを知ったら、警察に通報すべきか迷いますよね。

小説でも事実でも、犯人たちは複数回の銀行を襲撃した後、逮捕され、服役。

銀行強盗の家族も、たとえ警察へ通報する義務が無くても、「やはり犯罪を止めるべきだったかも」と苦しむわけです。

 

どうして「家族が犯罪を計画していることを知っても、警察へ通報する義務が無い」という法律を制定したのか、そこが気になるところですね。

法律順守より家族の結びつきを重要視しているのかな。

(じゃあ一体法律とは何なんだ)

スウェーデンの法整備の考え方に興味がわいた小説でした。(って小説の中身に関係ないじゃん)

 

こんな感じで、最近は報道疲れで読書に没頭しております。(あれ?文章修行は?)

本来の目的を忘れないよう、「気に入った文章や単語はメモっておく」ことは、一応やっております。

 

その成果が、いつかブログ執筆に現れるといいんですけどね。

インプットをたくさんして、たくさんアウトプットをする。

道のりは長いが、頑張るぞ。