オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

安眠する方法

 

夜、考え事をすると寝付けなくなる。

なんて経験がある人はいるだろうか。

 

子どもの頃は悩みも少ない。

布団に入ったらたちまち眠りに落ちる。

しかし、大人になるにつれ悩みも深くなり、あれこれ考えることも多くなる。

 

社会人になってから、布団に入って考え事をすることが増えた。

しかし、考え始めるとどんどん連想が広がり、別のことを考え始め、その結果、眠りにつくのが遅くなる。

というパターンに陥るようになってきた。

これって、私だけなんだろうか?

 

布団に入って、何かを考え始めたらアウトだ。

考え始め、ぐるぐる考えがめぐり、気づくと布団に入ってから3時間…なんてこともある。

起き出して、気になることを探したり読んだりすることもある。

 

そして、「う~何となく寝不足気味だ」と思いながら、翌朝、後ろ髪を引かれるように起床するのだ。

どうすれば、布団に入ってから考えごとをしないで済むだろうか?

 

「布団に入ったら、即、眠らなくては!」

と勢い込んで布団に入る。

「眠らなくちゃ、眠らなくちゃ」と呪文のように唱えながら目をつぶる。

 

でもこれも逆効果だ。

「眠らなくちゃ」と考えれば考えるほど、眠れなくなる!

うお~!!また眠れなくなったよ~!

という日々もあった。

 

どうやったら何も考えず安らかに眠れるのか、私は試行錯誤を続けている。

「快眠」は私のライフワークの一つとなっている(それも言い過ぎだが)。

 

そんな感じで、私は睡眠に関する記事を結構読みあさってきた。

「安眠するためのヒント」も実践してきたし、このブログでも安眠に関する記事を書いたことがある。

安眠に関する記事が世にたくさんあるってことは、悩める方々も多いんだろう。

 

安眠するヒントにはこんなものがある。

 

寝る前にスマホを見ない。寝る90分前に入浴を済ませる。

脳に「寝るよ」と認識させるためにパジャマに着替える。

横向きで寝る。耳をマッサージする。枕、布団…。

 

分かってますよ。実践してますよ。

それでも、ついつい布団の中で考え事をしてしまう自分がいる。

 

じゃあ、どうしたら考え事をやめられるか。

「頭の中でSTOPサインを出す」。

やってみましたよ。たまに効果あります。(でもいつもじゃない)

 

「夜は仕事のこと(あるいはほかのこと)を考えないようにする」。

というのが、どうやら安眠の鉄則らしい。

しかし、私が知りたいのは「どうやって考えないようにするか」なんだよ~!!

 

どうも、「考えないようにすること」を考えすぎているような感じがしないでもない。

この方面で、決定打が無いことは自分の体験で分かった。

 

ま、一番安眠できるのは肉体労働だ、ってことは知っているぞ。(←実体験)

引っ越しで重い荷物を運んだとか、出張で朝から移動し晩までみっちり仕事したとか。

肉体がめちゃくちゃ疲れていると、何も考えず眠りに就ける。

しかし、毎日引っ越し荷物を運ぶわけにもいかんしねえ。

 

先日、こんなことがあった。

例によって、夜に布団に入ってから私はまた悩み始めた。

 

「Aの達成のために頑張ったが、まったく結果が付いてこない。あ~どうしよう」

 

こんなことを話すと、友人たちからは呆れられる。

「終わったことは後悔しなくてもいいんじゃない?」

「思った通りに進む人生なんて無いんだからさあ」

なんて言われる。

 

分かっちゃいるけど、なんとなく考えてしまう性格なんだろうなあ。

安眠の敵はどうも性格とか考え方の癖なんだろう、ということも分かってきた。

終わったことをあれこれ思い出して反省する?タイプなので、就寝してからも脳が活性化してなかなか眠れないのだろう。

 

しかし、その晩は違った。

どういうわけか、こんな考えが浮かんだ。

 

「Aの達成のために頑張った。

そういやあ、Aを達成するためにBもやったし、Cもやった。Dもやったなあ。

なんだ、自分では忘れていたけど、BもCもDもやったんだ。

そんなにたくさんやったのか。すごいな自分。そりゃ疲れるよね。

よくやった、お疲れ様。

それにしても、BとCとDまでやったのか~忘れてたなあ」

 

こんな風に考えた。

すると、間をおかずコテンと眠ってしまった。

もともと疲れているのだから、考えをめぐらさなければすぐ眠れるはずだったのだ。

 

翌朝、スッキリ目が覚めた。

やはり十分眠ると体も元気だ。

 

しかし、どうして昨夜はすぐに眠れたんだろう…。

と昨夜を振り返って考えた。

 

どうしてその晩、「あれこれ反省して考えをめぐらせる」のが止められたのかは分からない。

ほかの日と何が違うかというと、その日は「達成していないA」を考えるのではなく、「B、C、Dをやった自分」に気づいたのだ。

自分を許す、というわけではないが、努力した自分をねぎらった?といえば適切なんだろうか。

 

私は常に「達成していないA」しか見ていない。

そこに至るまで努力したB、C、Dのことはいつも忘れている。

 

その晩は、達成した3つのことを思い出し、自分をねぎらった。(意図せず、たまたまですが)

そしたら、何も考えずに眠りに落ちたわけだ。

あれこれ考えなかった理由は分からないが、「自分が成し遂げたことに気づいた」というのは良かったのかもしれない。

 

というわけで。

私のように、布団であれこれ考えをめぐらせて眠れない人がいたら、やってみてほしい。

今日一日、頑張った自分をほめる。自分をねぎらう。自分を許す。(自分を甘やかす?)

出来なかったことではなく、やり遂げたことを見る。

B、C、Dをやった自分は疲れているはずだ。

て感じで。

 

ポイントは「達成したBCD」にではなく、「BCDをやった自分」に意識を向けることだ。(と思います)

 

まあ、これが本当に安眠に効果があるのかはお約束できません。

たまたまうまく行ったまぐれかもしれないし。

それに、あまりに自分を甘やかしすぎると、努力が足りなくても「よくやった」と満足する自分になっちゃいそうだ(笑)。

 

でも、ある程度は自分の努力を認めてあげた方がいいのかも。

自分の努力を一番知っているのは自分ですから。

 

それに、布団に入ってから自分を責めても何の進展も起きない。

やはり布団から出て起きている間に頑張らないと。

寝るときは、一日頑張った自分、BCDを頑張って成し遂げた自分に気づいてあげよう。

 

今になって考えると(←また考えてるよ)、それは肉体に対する手当みたいなものかもしれない。

例えば、うっかりテーブルに足をぶつけちゃったとき。

「痛い!」と思ったら、ぶつけたところに手を当てて、さすったりしますよね。

痛いところを、こん棒でさらに殴打する人はいないですよね。(怖すぎる)

 

たぶん、精神も同じなのかもしれない、と思ってます。

「Aが出来てない」からと、ああすれば良かったこうすれば良かったと悩むのは、こん棒でケガを殴るのと同じ。

BCDの3つもやったじゃん、お疲れ様!」と思うのは、手当てするのと同じ。

…なんじゃないかな?と自分で解釈してます。

 

文章でうまく伝えられないのですが、安眠を追求する皆さまも、この方法で安眠に至ることを祈ります!

ホント、ぐっすり十分睡眠を取ると疲れも取れるし、さわやかに?朝を迎えられます。

また良い安眠方法を見つけたら、記事でお知らせしますね。