オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

タツ

 

また猫の話題で恐縮である。

(この記事は4月の記事「猫好き」の続編です。動物に興味の無い方は読み飛ばしていただいても問題ありません)

 

1年ぶりに我が家に帰ってきた野良猫「チビ」を手なずけようとして、てこずっている。

理由は、チビがなかなか我が家に姿を見せないからだ。

 

「帰ってきた」といっても、チビがずっと我が家にいるわけではない。

野良なので、ちらっと顔を出すだけである。

何日も姿を見せないのだから、慣らしようがない。

 

実はチビを飼おうと決意する前に、もう一匹気になる野良猫がいた。

全身真っ白の毛におおわれ、水色の目をしたガタイのいいおっちゃん猫だった。

梅宮辰夫のごとく貫禄があったので、我が家では「タツ」と呼ばれていた。

 

タツはおとなしく、賢い猫だった。

オスだが、どうやらこの地域のボスではないようだった。

(前回の記事にも書いたが、なぜか我が家周辺はメス猫が仕切っていたのだ)

 

そのボス猫(おばちゃんだ)とも、タツはうまくやっていた。

タツが他人と争っていたのを見たことが無い。

我が家に来ると「にゃお」、帰るときは「にゃご」(ほぼ同じだが…)とあいさつを忘れなかった。

私が話しかけると両手をそろえて座り、人間の言葉が分かるのか静かに聞いていた。

 

最初は「礼儀正しい?猫だなあ」と感心していた。

しかし、タツの様子を見て気づいた。

彼は元飼い猫だったのだろう。

 

これはタツの境遇に関する、私の勝手な推測。

お年寄りが自宅でタツを飼っていたが、施設に入ることになった。

ホームではペットを飼うことが出来ず、親は泣く泣く息子夫婦にタツを預けた。

息子夫婦は猫に興味がなく、親の家財道具と一緒にタツを捨てた。

 

「猫好きの誰か優しい人が猫を拾ってくれるかもしれないからねえ」

 

タツは(そのうち)(もしかすると)(うまく行けば)(ひょっとすると)誰かに拾ってもらえるかもよ?

なんて、タツの努力では100%叶いそうにもない、人間側の勝手な願いをタツに押し付けて。

 

タツが自力で新しい飼い主を見つけられるわけもない。

ま、想像力の無い人が動物を捨てるのでしょうけど。

 

こんなストーリーが成り立ちそうなくらい、うちの周辺はペットを捨てる輩が多いんですよ。

チビもその被害者の一人なんだが。

 

「飼えなくなったので、猫を欲しい方に差し上げます」

って、張り紙とかネット広告とか出してくれればいいのにさ。(怒)

 

我が家に姿を見せるようになった時には、すでに中年~熟年猫だったタツ

チビが縁側で日向ぼっこしていても邪魔することはなく、静かに遠くで座っていたタツ

野良猫なので白い毛もうす汚れていたが、私はタツなら飼いたいな、と思った。

 

タツを飼いたいなあ」と家族に言うと、家族の反応はいま一つだった。

理由は「年寄りだから」「汚いから」ということだった。

 

汚いのは洗えばいいんだし、生きてれば誰だって年を取るんだよ!

見ばえが良くてもアホだったらどうしようもないじゃないか!(心の中の反論)

 

ルッキズムって、ペットの選択には露骨に現れるもんなんですね。

私は、譲渡会なんかで隅っこで売れ残っているブサイク猫でも、喜んで連れて帰りたい。

いや、売れ残る子ほど飼ってあげたい。

面白い性格とか、賢い子ならいいじゃないの。

と思うんだが、皆さんはどうでしょう。

 

我が家のご近所さんのKさん(猫好き)宅にも、よくタツが来ていたらしい。

タツはいい猫ですよねえ」

と言ったのだが、Kさんから帰ってきた一言。

タツは落ち着きすぎていて、可愛げがないからねえ…。」

 

中年なら「落ち着いている」のは当然。

なのに、おじさんにまで「かわいさ」を求めるんかい!(←心の叫び)

 

人間に置き換えればわかる。

人間の50代のおじさんに「かわいさ」を求めるだろうか?

猫となると、なぜか何歳になっても「かわいさ」が求められるわけだ…。

 

私は人間の中年オヤジには異常に手厳しい?が、猫には甘々だ。(すいません)

タツは十分しつけられた猫なんだから、それだけで良いと思うんですよ。

タツには人生を重ねた猫ならではの人間味がある(猫なのか人間なのか、もはや何を言っているのか分からん)。

 

あーあ、自分が一人暮らしだったら速攻、タツを飼ってたんだが。

家族と住んでいるため、了解を得ておかないと後で協力してもらえなくなる。

 

タツは、そう頻繁に姿を見せない猫だった。

そして、手なずける前に姿を消した。

年齢も年齢なので、もう二度と彼に会うことはないのではないかと思っている。

私はタツの、たぶん生涯最後の安住の地を提供してあげたかっただけなんだが。

 

20代の頃。

とある宿泊業務研修を受講した。

親しくなった同僚たちと、ある週末に飲み会をすることになった。

 

すると、A君の姿が見えない。

「あれ、A君は来ないの?」

尋ねる私に、B子が答えた。

「今日は可愛がっていた飼い犬の命日だから、一人で過ごしたいんだって。」

 

犬の命日?

私はB子の顔を見た。

周囲の人たちは驚いた様子はない。

 

私は二重の意味で衝撃を受けた。

 

衝撃の一つは、「飼い犬の命日だから(飲み会に行かず)一人で過ごす」という選択をするA君。

そんな優しいハートの持ち主だったとは!(見抜けよ)

 

二つめは、そういうA君を見ても驚かない同僚たち。

「犬の命日くらい、別にいいじゃないの」とか、

「付き合い悪いな」

なんていうヤツがどこにもいなかった。

危うく、自分がそんな失礼なことを言っちゃうヤツになりかねなかった。

 

犬猫を飼ったことのなかった当時は理解できなかった。

でも、今はA君の気持ちが分かる。

 

私は以前、ぽん太(オス)という猫を飼っていた。

その業務研修が終了したあとのことだ。

 

ぽん太が亡くなったのは十年くらい前だ。

「ご長寿猫は18年生きる場合もある」

とネットで読んだので楽しみにしていたが、短命だった。

 

亡くなった時は悲しく、目が壊れたと思ったくらい泣いた。

「こんなに悲しいなら、もう二度とペットを飼わないぞ!」と心に誓った。

 

ぽん太の写真はいまだにブロマイドのように何枚も持っている。

遺影?には、毎朝新鮮なお水を上げ、お灯明とお線香も毎朝上げている。

海外勤務の際もぽん太の写真を持参し、朝晩「行ってくるよ」「ただいま」と声をかけている。

私のやってることは、まるっきりA君じゃねえか!!

 

そんなぽん太が、まだ私の心の中にはいるわけだ。

だからこそ、

「もう猫は飼わない」

と深く深く誓ったわけです。

 

そんな天国のぽん太から「あの家に行ってこい」という指令を受けたのか、チビがやってきた。

と言っても、毎日来るわけではない。

毎日来てくれたらエサを餌に?手なずけるんだが…。(あれ?あの誓いは?)

 

最近ネットで知ったのだが、鳥の言葉を研究している「動物言語学」の鈴木教授という方がいる。

シジュウカラの親鳥も、鳴き声でヒナとコミュニケーションしているのだという。

巣箱をモニタリングすると、親鳥はこんなことをヒナに伝えているらしい。

 

「ヘビが来た!全員、巣から脱出!」(ヘビは巣の中に入り込むので、ヒナは巣から逃げるのがベスト)

「猫だ、(猫の手の届かない)巣のすみっこへ行け!」(猫の手は巣穴の真ん中までしか入らない)

「お母さんですよ(安心して出てきなさい)」

などなど。

実に豊かなコミュニケーションを取っているのだ。

 

まあ、ちょっと考えれば理解できなくもない。

「そりゃそうだよね、親鳥が危険をヒナに知らせなければ、どうやってヒナは身を守れるの?」

 

しかし、この方のすごいところはそれ、つまり親鳥がヒナに指示している言葉を解明し、語順のルールまで理解したところだ。

もはや、人間の世界と鳥の世界を行き来しているようなものだ。

たとえは違うが、日本人が英語を習得したようなもんだ。

鳥に限らず、どの種の動物も多かれ少なかれ、ある種の”言語“を使ってコミュニケーションしているんだろう。

 

猫もにゃあにゃあ言っているように聞こえるが、よく聞いていると状況によってトーンが違う。

ってことは、猫同士なら通じる言語があるはず。

 

多くの猫飼いさんは同意してくださると思うが、注意深く猫を観察していると分かることもある。

私も最近は「トイレ行きたい」くらいなら、猫の言いたいこと?が分かるようになった(それだけかよ)。

たぶんベテランの「猫飼い」「ネコズキー」氏たちは、私以上に猫語が分かるんだろう。

 

脱線に脱線を繰り返して申し訳ない。

しかし、いまだにチビは我が家の猫になっていない。

 

野良猫を家猫にするのは、長い道のりだということがよく分かった。

野良を保護して飼い猫にしている方々には頭が下がる。

そういう方々は猫の外見とか年齢問わず、可愛がってくださっているんだと思う。

そういう方に飼われた猫は、幸せである。