オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

国ガチャ

 

先日、本棚を整理した。

 

油断しているとすぐに本が増えてしまう。

なるべく図書館を利用して新しい本を買わないようにしている。

しかし、どうもうまく行かない。

 

書店で本を見ていると立ち読みしてしまうし、読むと欲しくなる。

気づいたらレジに並んでいる。

 

私は、誕生日に図書カードをもらうことが多い。

図書カードを財布にしのばせて書店へ行ったら、もう最後だ。

手ぶらで帰宅することはない。

こんな感じで着実に本が増えている。

 

先日は私の誕生日だった。

誕生日プレゼントとして、また図書カードをもらった。

すると、翌週には本棚にちゃんと新しい本が増えていた。

 

どうやらフラフラと書店へ行き、意識がもうろうとしたまま、新しく本を何冊も購入したらしい。

書店へ足を踏み入れたとたん、記憶喪失に陥るようだ。

 

以前、書店へ行ったら、やはり立ち読みしているうちに欲しくなった本があった。

もう、前後不覚になっているのでレジにフラフラと進む。

レジには普段は4,5人の店員がいるのに、その時は2人しかいなかった。

当然、お客さんの行列になる。

私はその行列の最後尾についた。

 

なかなか列が進まないが、欲しい本を手にしているので幸せな気分だ。

並んでいる間、カバンから財布を取り出して開けた。

思わず目を疑った。

 

財布に13円しか入っていない!!

 

(お金を入れてこなかったのか?)(汗)

ヤバいヤバいヤバい…と思いながら、慌ててレジ前の列から脱出しようとした。

 

(ん?)

 

財布の中で、運転免許証とかカード類が入っているところに目が止まった。

これはもしや?

引き抜くと図書カードだった!

よっしゃ!(←生き返る)

 

こんなことを年中繰り返している。

 

本が増殖するので、定期的に本棚を整理している。

先日は、かなり前に買った本や文庫本、旅行本などを整理した。

そして、それらの本を部屋の隅に積んでおいた。

 

不要な本がたくさんあるときは、古書店を呼んで持って行ってもらう。

でも、今回は量が少ない。

不要な本がもっと増えるまでは、とりあえず部屋の隅っこに置いておけばいいや。

(ためこんじゃいけないとは思うが、量が少ないと自分で店舗へ持参しなきゃいけないですしね)。

 

ある日。

DMが私宛に来ていた。

国際協力系のNPOからだった。

 

以前、古切手を大量にため込んで寄付したことがある。

それで、何かのご案内がそのNPOから送られてきたようだった。

 

「お金を寄付したいのはやまやまだけどさあ~。私だってお金ないんだよ」

 

私はいつものように自分の住所と名前を消して、そのDMをゴミ箱へ捨てようとした。

ふと、そこに書かれていた文字に目が吸い寄せられた。

 

「本、CD、ゲームソフトでワクチンを送ろうキャンペーン」

 

む?

 

私はそのチラシをよく読んだ。

そこにはこんなことが書いてあった。

 

「ご自宅、会社や学校に眠っている不用品が子どもたちの笑顔に!」

 

読み進めて分かった。

古本や視聴しなくなったCDをこのNPOへ送ると、ブックオフが買い取ってくれるのだという。

そしてその買取金額+10%がこの団体へ寄付されるらしい。

この10%は、なんとブックオフからの協力金のようだ。

(やるのう、ブックオフ…)。

 

さらにこのキャンペーン期間中、この団体の専用サイトから申し込むと、古本やCDを自宅からこのNPOへ送る料金が無料になるんだとか。

それはありがたい。

私から送る古本の送料が無料になり、さらに寄付金額に10%、ブックオフが上乗せしてくれるわけだ。

 

私はそのチラシの裏を読んだ。

なんでも、古本10冊で約200円になるらしい。

200円あれば、ポリオワクチン10人分になるという。

 

「古本10冊ねえ…」

 

ちょうど、本棚を整理したばかりだ。

不要になった古本もある。

タイミングよいこと、この上ない。

 

でも、不要な本は10冊もないのよね。

ごめんね、今回は縁がないや。

私はニヤニヤしながら、チラシを捨てた。

 

念のため、部屋の片隅に山積みになっていた本を数えた。

なんと、11冊あった。

 

私はもう一度数えた。

やっぱり11冊だ。

うーむ。

出来過ぎている。

 

どうもタイミングよく、神様がこのチラシを送ってきてくれたらしい(いや、送ったのはNPOだが…)。

私は感心して本を二度見した。

 

ポリオワクチンは、経口ワクチンである。

投与は簡単で、口の中にポイっと入れれば終了だ。

看護師や医者でなくても投与できるし、子どもの頃にポリオワクチンを投与しておけば、一生ポリオにならなくて済む。

 

医療従事者が接種しなければならない他のワクチンと違い、比較的投与しやすいワクチンと言える。

十分な医療従事者がいない途上国でも、ワクチンさえあれば予防できるのだ、ポリオって。

 

だから、国連や国際機関は必死に「ポリオ撲滅キャンペーン」を実施しているのだ。

しかし、ポリオはいまだに絶滅していない。

 

一時、ポリオは絶滅しかかった。

「ポリオが残っているのは、もうアフガニスタンパキスタンしかない」

とか言われていたこともあったが、残念ながら盛り返したようだ。

 

私はこの団体のHPにアクセスしてみた。

どうやら、ラオスとかミャンマーでもポリオワクチンを投与する活動をしているらしい。

ってことは、「アフガニスタンパキスタン」だけではなく、アジアの貧しい国で再びポリオが見られるようになったわけだ。

 

でもさ、考えてもみたら当然かも。

アジアの国は陸続きなんだから、人間の移動があれば病気だって移動するでしょ。

コロナだってそうやって拡大したんだからさ。

 

私はNPOへ送るために、本を入れる箱を探し始めた。

ちょうどいい箱がなかったら、残念だけど送付出来ないんだよねえ~。

 

あ、あるじゃん。

ふだんは箱なんて家に見当たらないのだが、その時はたまたまちょうどいい箱があった!

 

これは、友人が私の誕生日祝いにお菓子を送ってきてくれた時、お菓子が入っていた段ボール箱だ。

小さい段ボール箱は使いやすいので、取っておいたのだ。

本が入りそうな小さい箱が我が家にあること自体、一年に一度しか発生しない。

 

しかも。

不要な本11冊を入れて見たら、ちょうどぴったりその箱に入った!

すごすぎる。

 

古本を送ろうキャンペーンで送料無料。

古本もちょうど11冊ある。

それがぴったり入る箱も、タイミングよく家にあるのだ。

 

もう、神。(キラキラ)

アジアの子どもへワクチン供与をするべく、私はひたすら背中を押されているとしか思えん。

 

こうなったら、11冊の古本を「送料無料」で寄付するでしょ、誰だって。

200円で10人の子どもが助かるなら、私の古本だって本冥利に尽きるだろう(ホントか?)。

 

本を箱に詰め直しながら気づいた。

よく考えてみると私は好き放題、本を買っている。

コロナワクチンだって、日本政府から無料で接種してもらった。

 

こう考えると、世の中の不条理を感じる。

生きていてもそんなに役に立たない?私がワクチンを無料で接種することができ、未来ある子どもが接種してもらえないとは。

これが「国ガチャ」ってやつですかね。

 

まあ、四の五の文句を言わず、さっさとワクチンキャンペーンにエントリーして本を梱包することだ。

考えるより行動しなくては。

考えたり悩んだりするのは、そのあとでいい。

 

毎月、一つは社会に何か役立つことをやろう!

と思っているのだが、なかなかそうもうまく行かない。

高額なお金を寄付することは難しいし、出来たとしても長続きしない。

なので、結局「不要な古切手を集めて送る」とか、「不用品を寄付する」とか、ささやかなことになってしまうのだ。

 

もちろん、「どうせ自己満足でしょ」という批判はあるだろう。

でも、それでいいと思っている。

 

送料無料で古本が処分出来て。

それで誰かの命が助かる?

部屋もスッキリする?

上等でしょ。

 

早く送付しなければ…と梱包を終えて気づいた。

偉そうなことを書いたが、よく考えるとなんか違う。

 

だって、送る本だって誰かからのプレゼントの図書カードで買った本だし、箱も友達からのプレゼントが入っていた箱だ。

送料だって、NPO持ちじゃねえか!

 

するってえと(←なぜかべらんめえ調)、私個人が自腹を切って出した費用は?

…ゼロだ。

 

もう、笑うしかない。

誰かの幸せのために、右から左へとリソースを移動させるだけの要員なんだ、自分。

と思えば、悪くない。

無償で労働力を提供しただけだが、それでさわやかな「自己満足」がいただけるなら、もう言うことないや。

ホント、10人の子どもたちよ、幸せになってくれよ。