オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

返品不可

 

最近、通販でトイレカバーを買った。

 

トイレカバー、つまりトイレのふたのカバーだ。

それと一緒に、便座カバーとトイレスリッパも購入した。

長年使用している今のものが、ゴムが伸びてきてだいぶくたびれてきたからだ。

 

「ネットで申し込んだら早く届くから、ネットで注文しといてね。」

 

親は長年、ファックスで通販の注文を出していた。

ある時、私がネットで注文してあげたら、思いのほか早く商品が届いた(らしい)。

それに味をしめ?早く品物が欲しい時は「ネット注文してくれ」と私に頼むようになった。

 

親の指示通りに、私はトイレカバー、便座カバー、そしてトイレスリッパをネット注文した。

トイレカバーも便座カバーも、安い割に厚手でもこもこ。

見た目も豪華だ。

いいんじゃないの。

 

この通販会社はたまに私も買う。

なので、私の名前で注文を出した。

 

商品が届いた。

商品の梱包を開け、カバー類を装着すべくトイレにこもった親。

しばらくすると、文句を言いながらトイレから出てきた。

トイレカバー、便座カバーがうまく装着できないのだという。

 

仕方ないので、私がやるはめになった。

便座カバーは四苦八苦しながらもなんとか装着。

便座カバーは確かに取り付けづらいよね。

 

トイレカバーの方が楽勝だ。

だって、トイレのふたにすぽっとかぶせたらいいんでしょ。

と思っていたら、こっちが難敵だった。

 

いくらやっても既存のふたにカバーが入らない。

十分ほど頑張ってみたが、どうにもこうにもならない。

商品が小さすぎるのだ。

 

「サイズ、間違えたんじゃない?」

 

と尋ねると、親は口をとがらせて言う。

「いや、これでいいはずなんだけど。だってサイズも計ったもん」

 

とうとう親もボケ始めたか…。

内心そう思いながら、親の持ってきた通販カタログの該当ページを見る。

 

見ると、そのページに掲載されているトイレカバーには2種類ある。

一つは「スタンダードサイズ」、もう一つは「特殊サイズ」。

我が家のトイレのふたを計ってみると、確かに「スタンダードサイズ」だ。

なので、親は「スタンダードサイズ」のトイレカバーを選んだのだ。

 

ふうむ。

寸法は間違いなし、と。

なら、このカバーで問題なく装着できるはずなのだが?

 

不思議に思いつつ再度、トイレのふたに買ったカバーを装着しようと試みる。

なんてったって寸法は間違いないわけなんだし、入らない方がおかしい。

 

しかし。

これが、どう頑張っても入らなかったのである。

伸縮性に欠ける厚手の生地のせいなのか、それとも我が家のトイレのふたの形状に問題があるのか。

長時間頑張ったが、あきらめるしかなかった。

 

じゃあどうするか。

返品しよう、と親が言う。

まあ、それしかないよね。

 

親に指示されて、「返品理由」を返品票に記入し始めた私。

すると、親があることに気づいた。

「返品不可、って書いてあるよ!」

 

返品票を見ると、そのトイレカバーは「返品不可」商品になっていたのである。

親曰く、「自分の名前で発注していたら返品が無料だったのに、云々」

いや、無料以前に「返品不可」なんだよ!!

 

返品不可なので、その「スタンダードサイズ」のトイレカバーを我が家で引き取るしかない。

たぶん、トイレ用品は不衛生という理由で返品を受け付けないんだろう。

 

そして、「特殊サイズ」の大きめのトイレカバーを新たに発注することとなった。

 

「スタンダードサイズ」のトイレカバーが返品できず、ふてくされる親。

そもそもふたの寸法に合った商品を注文しているのに、それが装着できないのも納得いかないらしい。

仕方なく、私が再びネットで「特殊サイズ」を注文することになった。

納得いかない親が「今度は自分の名前で」と主張し、親の名前で発注することになった。

 

そして数日後。

「特殊サイズ」が届いた。

「スタンダードサイズ」より大きめ。

今度はちゃんとトイレのふたに装着が出来た。

 

そこで「返品不可」となった「スタンダードサイズ」のトイレカバーがどうなったのかというと。

 

隣宅(Nさん)の猫がたまに我が家に遊びに来る。

猫がくつろぐために、古いタオルなどを入れた段ボールが我が家に置いてある。

その箱の中に、装着できなかった「スタンダードサイズ」のトイレカバーが敷いてあった。

 

まあ、汚くはない…と思う。

だって未使用なんだし(装着は試みたので、未使用とも言い切れないが)。

 

そして、再び事件は起こった。

親とのすったもんだから、さらに数日経ったある日。

私は通販会社から妙なメールを受け取った。

 

「商品を発送しました」

 

ん?

まだ何か発注していたっけ?

記憶にない。

 

もしかして、発注したトイレカバーの確認メールが誤送信されてきたのかもね。

などと思って、特に注意を払わなかった。

 

すると、届いたのである。

3つ目のトイレカバーが。

 

一体これは何に使うんだろう?

帰宅した親に聞いたが、自分はファックスで発注していないという。

宛名を見ると、確かに私宛になっている。

 

1つ目のトイレカバーが装着できなかった際、親ともめた。

「特殊サイズ」のトイレカバーを発注するのかどうか決める時だ。

 

自分の名前で発注すれば返品が無料になる、と信じ込む親。

私の名前でネット注文すれば早く商品が届く、と思う私。

 

最終的に親の名前を私のアカウントに追加し、注文した。

あれがまずかったのだろうか?

親と私の両方からトイレカバーを注文した形になってしまったのだろうか?

よく分からん…。

 

3枚もトイレカバーは必要ない。

仕方なく、返品することにした。

そして、返品票を見て気づいたのである、これも「返品不可」であることに。

同じ製品だから当たり前なんだが。

 

一度も商品の包装を開けていない。

それでも「返品不可」なのだ。

 

発注ミスなので客(つまり私)のせいである、と言われればそうだ。

しかしねえ。

間違いに決まってるじゃん。

同じトイレカバーを3つも注文する人なんていませんよ(←ここに一人いるけどね)

 

一度もトイレカバーの梱包を開けていないので、3つ目を返品できないのは納得できない。

しかし、「未使用だ」とかウソをついて返品する客もいるんだろう。

そういう不届き者対策として、トイレ製品は全て返品不可にしているのかもしれない。

 

そういうわけで、不本意ながら3つ目のトイレカバーの代金も支払うことになった。

自分でも何に腹が立つのか分からないが、いろいろ腹立たしい。

 

なので、自分を納得させるために「自分が家を購入したら、そこのトイレにこのカバーを装着しよう」と思うことにした。

一体いつになったらそんな夢がかなうのやら…。

 

というわけで、この失敗から学びたい。

どこでこのミスは防げたのか(二度と繰り返さないためにね)。

通販会社から「商品を発送しました」というメールが来た時点で対応しても、もう遅い。

2つ目の「特殊サイズ」発注時の親とのゴタゴタで、どういうわけか2つ目、3つ目を発注してしまったのかもしれん。

 

振り返って考えると、「あの時どうしたっけ?」という不明点が多々出てくる。

2つ目を注文したときに、支払う価格も確認したような記憶があるんだが、そこもあやふやだ。

自分が不注意だったのかもしれないが、同じ色のトイレカバーが3つもある状態には笑ってしまう。

 

というわけで、読者の皆さんには本当に注意していただきたい。

「返品不可」商品を発注する際は、本当に気を付けてほしい。

そして、どの商品が「返品不可」なのかも注意して見てほしい。

 

とはいえ、我が家だってトイレのふたの寸法を測って「スタンダードサイズ」サイズを注文したんだけどね。

もう、「スタンダードサイズ」のトイレカバーは猫のベッドになっているから、そこは深追いしない。

今では、Nさん宅のシロがゴージャスなトイレカバーの上ですやすや眠っている。