オレンジの花と水

ブログ初心者の日記風よみもの

元気です

 

読者の皆様

 

秋が深まってきましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

なかなか記事がアップできずにすみませぬ。

私は生きていますよ!

 

最近は仕事から帰宅したら、食事→風呂→速攻布団、という状況になってしまっています。

駅から自転車を向かい風でこぐのも一苦労で、玄関につくと息切れしてます。

という言い訳ばかりですみませぬ…。

 

敗因は、一日中職場でパソコンに向かっているので腰が痛いのです(笑)。

好きな本も読めていませんし、簿記の勉強も半分くらい。

翌朝の弁当制作で手一杯になってしまっております。

あ、こりゃ生きているだけで精いっぱいな感じ?

 

捨て猫のチビが気になっている方にご報告。

その後、チビは我が家に何か月も寄り付いておりません。

Nさん宅のシロが、(やらなくてもいいのに)我が家の庭を表も裏も念入りにパトロールしてくれるせいか、オス猫の入る余地がないみたいです。

 

早くチビを見つけて我が家の猫にしたいのですが、どこへ行ったのやら…。

子どもをアメリカ留学に出した親のような気分です(ちょっと違うか)。

 

最近、書店でお弁当の本を何冊か立ち読みしました。

昔と違い、昨今のお弁当はおかずが3つくらいでいいのですね。

しかも、おかずの調理も電子レンジでチンだ。

たとえば。

 

1. 卵をゆでる

2. 切った小松菜をレンジでチン

3. 鮭をフライパンで焼く

 

とまあ、こんな感じ。

チンだけなら、鍋とか洗い物が少なくていいですよね。

 

すごいのになると、

 

1. 肉を焼く

2. 切ったアスパラとウインナーをチン

3. もやしをチン(その後に味付け)

 

などという、2も3もチンじゃねえか!という弁当も普通にある。

こういう料理?本でも売れるわけだ…(で、それを読む私のようなヤツもいる)。

 

私なんぞ「レンジを使う=電気を使用する=原子力発電所に頼る」ってのがいいのかどうか…。

なんてくだらないことで悩むので、チンを多用することにかなり抵抗があります。

 

まあ、ガスを使って料理したとしても、ガスという資源を使う。

原発だってウラン=人間が作れない資源、を使うわけだが)。

石油もガスもウランも、人間が新たに作れるわけじゃない。

私の弁当制作ごときに貴重な資源を浪費してもよいものか…と、マジどうでもいいことを考えてしまう(じゃあ弁当作るなよ)。

 

たきぎを使って火を起こすしかないじゃん!

それならSDGsですしね。

 

なので、家を買うなら庭のある家にしようと思っている。

そしたら枯れ木を拾ってきて、庭でピザ焼いたり出来るからね。

 

と、こんな風に、次々にどうでもいいことを妄想したり考えたりしております。

欲を言えば井戸付き(もしくは裏の山から湧き水が出るとか)の家なら、たきぎと湧き水でSDGsなんですけどね。

妄想している時だけ楽しいですね。

 

皆さま、今年もあと少し。

12月28日まではお互いに頑張りましょう!

私もまた、元気を取り戻して記事が書けるように精進いたします!